大人の体内見学としての内視鏡検査

 

人生初の内視鏡検査終わった。何も問題なし。心臓→肺→腸と三年連続追加検査に引っかかっても全て問題なし。さすがに昨日は会社の上司に「今年も何も問題なかったら来年は追加検査うけないですから。健康管理室は就業制限で出張できないようになると脅してきますが、こっちも出張なんて願い下げっていいますよ(笑」と啖呵切ったし、「そもそも自分の体のどこが悪いかなんて3,000メートルの山に登って稜線歩いてたら分かりますよ」とも言ったけど、いまは不思議と感謝してる。

 

 

 

内視鏡検査って、大人の社会見学もとい体内見学。

まさか体の中にあれだけのジェットコースターがあるとは、、、そりゃ知識としては腸の長さは中学で習うレベルだが、それを体感するとは。あんだけ薄いんだね。黒い影と思ったら「これは壁の向うの肝臓です」とか教えてくれる。特に最初の衝撃。尻の穴にグリス塗るために指をつっこまれる。アナルセックスを垣間見た気分。最初の腸洗浄もやってる時はきつかったけど、綺麗になったあとは妙にすがすがしい。ウオッシュレットの逆噴射レベルだけど・・・。1日絶食するならここまでやるべきと思えるほど。

 

18夏の心臓手術では検査入院と本番で二回も毛を剃られるし、看護婦さんが「あらら大きくなっちゃって」とか言うならともかく、専門のおっちゃんで、いやそうな顔してティッシュで摘ままれて剃られるというレイプを垣間見るような体験。あれって、今気づいたけど、本人がやればいいじゃんか。心臓手術自体は全身麻酔だからさっぱり内容分からないし、麻酔覚めたら人工呼吸器に繋がれて半日激痛。

 

心臓手術は二度とごめんだが、内視鏡検査は10年に一回ならありかもね。ディスプレイで腸の中を見せてもらうと、40過ぎたら大事にしなくちゃと決心できるレベル。だから今回の追加検査は感謝してます。ストレスから暴飲暴食になって虐げられている消化部門。ほんとこの記事のように自分の体をケアしていくべき。

 

 

 

ーーーー

[手術前に記載]

まさかこんな羽目になるとはなぁ。これが40過ぎた世界か。

18夏の心臓手術で晩秋の顔面神経麻痺で散々入院したから、もう一生分入院したと思ったのに。検査よりも腸管洗浄液飲むのが大変と聞いてたが、ほんとその通り。バリウムも不味いけど、あの量だから。こちらの液はバリウムよりはマシだが2リットルをちびちび二時間かけてずっと飲むから味覚が変になりそう・・・。




『貨幣論』 岩井克人

圧倒的な名著ながら、いままではるか手前。やっと「お金」を知識としてインプリメントする状況に来たから読んだ。今日は喘息で通院して会社を休む。14時から20時まで途中で休みつつ読む。そりゃ一気読めるほどの楽な本じゃない。

 

この本だけは発売当時に夕食で親が興奮しながら喋っていた。珍しかったから、なんか今でも覚えている。これが家がもつ無形文化財であり、プロ野球の選手が息子の前で素振りするのと同じ。「この世には物質不滅の法則があるから、モノが無くなったと言ってはいけません」も同じだが、あれを小学生で聞かされると人生イヤになるぞ・・・この本は確か高校生ぐらいだった。そういう時期にこのレベルの名著を読ませればガツンと伸びる。居間に転がってて何十個と付箋がついてた。それにビビッて当時に読まなかったのは後悔してるけど、あのときアウトラインは教えてもらったような。課題意識が無ければ内容はすぐ忘れる。いつか読まなくちゃフラグが立っただけだが、それが一番大事なんだろうね。

 

ビットコインなどが出現して、いまはフェイスブックのLibraまで出現しそうな時代だからこそ、あらためて貨幣の本質を真正面から考える必要がある。こちらに特集あるから、まずはこの記事から読むのをオススメこのインタビューも

 

古代ギリシャにおいて、世界で初めて人々が日常的にお金を使うようになりました。ひとつの抽象的な価値で多様なモノを表現している貨幣を毎日使うことによって、まさに「雑多な世界の背後に統一的な法則があること」を日常的に理解できるようになったと。それによって、近代の科学や哲学にそのまま通じる考え方が古代ギリシャで生まれたと、シーフォードさんは言うわけです。

抽象のベースは、ものを遠くからみたら点になること。けど、それは人間以外の動物でも見えている世界のはず。まだここには謎があると感じているが、お金がないと統一的な法則性を感じないという事実はオモロイ。

 

専門家と非専門家の間の契約や、経営者と会社の間の契約は自己契約になるという指摘は滅茶苦茶オモロイ。

自己契約とは、元旦の禁酒の誓いと同じで、法的に強制することはできませんから、経営者や医者が自己利益を追求することを許されると、契約の名の下に、会社や患者を一方的に搾取できてします。例えば、自分の報酬を超高額にしたり、患者を人体実験に使ったりできてしまう。それを防ぐためには、経営者や医者に、自己利益は抑えて、法人としての会社や無力な患者の利益にのみ忠実に仕事をするという「倫理的な義務」を負わせなければならないのです。

倫理といっても最終的には罰則のデザインだと思う。正義感とか、もっと掘り下げるとミラーニューロンとかをあてにしない方がいい。サイコパスっているから。この人の考察は素晴らしいから

 

でも、もしわたしが哲学や倫理学をやっていたら、一生をかけてヴィトゲンシュタインやアリストテレスの解説者で終わっていたかもしれません。なぜならば、言語と世界の関係、法と社会との関係は大変に複雑で、主として西欧において思考されてきたからです。だから、西欧言語を母語としない人間にとって、哲学や倫理学をすることには、本質的なハンディキャップがあります。

そう?今までの哲学の用語の上で哲学をやろうとするからでは? 零ベースで作り直せばいい。言葉で言葉を語るのは出口の無い世界。出口の無い世界は腐る。人工知能はプログラムとして表現して動かす。これこそが出口。プログラムで表現できる哲学をやっている。そして、やっとやっと貨幣まで来た。そりゃそうだ。貨幣の前に所有権とかあるから。

 

言葉と貨幣を同じ地平に載せるのはこの本のあとがきで見た。面白い。この対談では法律までのせてる。ほんと? 法律ものせちゃうのは、自国で生まれたからといって勝手に国民とみなして勝手に法律が縛ってくるからでしょ。生まれたらすぐに勝手に洗礼するのと一緒。どう考えても再洗礼派の方が誠実。

 

とまあ、すべてに同意してるわけじゃないのですが。

逆に、この本の価値は下記。

 

■貨幣になれるのは皆が欲しがるもの:87P

家畜や金銀。保存するにも餌もいらないし腐らない金銀の方が使い勝手が良い

 

■取引ごとに金銀の重さを測るのでなく、計測結果を表面に刻む

  ⇒ 使うたびに金属は磨耗して重さが減る それでも刻んである重さだと見なす これが商品の価値と貨幣の最初の分離:P117

 

■兌換紙幣において、実際に変えてくれと言ってくる人は僅か。だから地下金庫に保管分以上に発行できてしまう:P139

 

■交換用の道具のはずの紙幣は、タンス預金みたいに保存されることで自らが商品化してしまう:P169

 

■商品の価値は自分の欲望がベース。けど、貨幣は他人の欲望の存在が必須。他人の欲望は他人の他人に依存。これが循環性。それ自体に価値が無いお金は、最後の審判の日には無意味。するとその前日でも無意味。それを皆が想定すると前日の前日も無意味。こうやって考えていくと、未来が無限であることをやめたら貨幣は崩壊:P196

 

ここら辺は滅茶苦茶面白かった。そして、これぐらい簡易な表現にすれば中学生だって理解できる。この本も最初はマルクスの説から始まって哲学分野寄りの難解な記述。こういう書き方をしていると専門家しか読まないと思う。恩送りを心がけている身として、今回は正確な引用を無視して書いてみました。

 

---

もともと価値はないのに、他人も価値を感じることを前提として価値の流通の連鎖が起こる。

 

これってバブルと一緒では? バブルは、土地でもチューリップでもベースとなる価値はある。紙幣には無い。バブルにおいて膨れ上がった価値に上限はない。土地の値段はどんどんあかる。けど紙幣は1万円なら、1万円の価値以上にはならない。そこら辺がミソ。ものさしの目盛りが勝手に長くなったら困るからなぁ。それと同じだと言っていいのか? 色々と考えるべき点は多いな。

 

 




あたごのまつ、瞑想水、ねぶた

みずのようなお酒は座禅の時間を半分にする



ふるさと納税で「あたごのまつ」が届いたから飲んでいる。やっぱり日本酒で一番旨いのはこれだね。獺祭、久保田、十四代、飛露喜、田酒と有名どころは大体のんだけど、一番旨いのはあたごのまつだと思っている。同じ系統として瞑想水とねぶたがある。あたごのまつと瞑想水は家・職場の近くではどこにも売ってない。ねぶたは近所のスーパーにある。最近は人気が出てきて一升瓶まで置いてあって嬉しい限り。同じ系統だけど、やっぱりあたごのまつが一番上品だね。何かが違う。ほんと水のようなお酒。だから辛口だったり甘口だったりが好きな人が不満に思うのは分かる。けど、この透明感MAXの味。

 

飲むと思考が研ぎ澄まされて、そして緩んでくる

この不思議さが最高で。おなじ酒造の伯楽星は高級な日本料理屋だと置いていることも多い。けどこのあたごのまつは見たこと無い。唯一は川崎で一番旨いトンカツ屋。名前を書くとこれ以上混むから書かないけど。そこにたまたま行った時に「ANA/JALのファーストクラスで提供している」(どっちの航空会社か忘れた)と書いてあった。だから頼んでみたら滅茶苦茶旨かった。それが5年ぐらい前かな。それ以来ずっと探してる。この川崎町のふるさと納税は1万円で一升瓶。このコストパフォーマンスもありえない。毎年注文してる。最高。


いまもちょうどよい感じで酔いながら書いてる。ワインもビノスやまざきのワインコースを色々と試したし、ウイスキーも余市以外は全部行った。昨年秋は駒ヶ根のマルスウイスキーにもいった。それでもやっぱりトータルとして日本酒で、そしてあたごのまつを推す。

 

飲み放題のくそ不味い日本酒しか知らなかった学生時代。古武道道場の先輩がバーでバイトしてて、秋の芋煮会で旨い日本酒を持ってきてくれた。それが日高見。あれは純粋なカルチャーショック。だから自分も後輩とのみに行く時は最低限、純米酒がある店を選ぶようにしている。毎年いってる復興支援では女川の店があたごのまつを置いててくれるから、新入社員に海鮮BBQで飲ませてる。やっぱりこういう恩送りはホント大事。人生の価値なんてこれだけなんだよね。突き詰めると。

 

 

---

マルスウイスキーではツインアルプスを買ったけど、まだ飲んでないなぁ。普段、家でウイスキーを飲む習慣がないせいだね。。最近はずっとアールグレイ漬けにハマッテイルのもあるかも。昨年の1月にニッカの本社でワークショップがあって道順調べるためにサイトにアクセスしたらこのページ。自家焙煎派として、珈琲豆漬けとアールグレイ漬けを作って、新任幹部社員研修の懇親会で提供。そりゃ事務局としてはこれぐらいのサービスはしないと(笑 そしたら断然アールグレイ漬けの方が人気。いまの感覚としてはハイボールは論外。白州とか山崎とか宮城峡とかの蒸留所名義じゃないブラックニッカやトリスのレベルはみんなアールグレイ漬け。

 

ちなみにアールグレイは色々と拘ったけど、漬け専用ならばアーマッドで良いと思ってる。平日朝はヨーグルト、土日の朝はホットケーキを焼いているけど、ホットケーキにもアールグレイを混ぜてるから。昔は焼く前の生地に均等に混ぜたけど、最近はフライパンに流し込んだあとに上から一面敷き詰めてる。この方が裏返したときにほどよく焼けて匂いが引き立つ。チーズケーキにおけるクッキー台座ほどじゃないけど、海苔一枚ぐらいの層になるから。

 

---

[2020.02.04]

気になって調べてみたら、

「伯楽星」を醸す新澤醸造店で大抜擢!全国最年少の22歳女性杜氏が抱く酒造り

とはね。素晴らしい。任せた会社も結果をだした彼女も素晴らしい。

 

一升瓶で買ったら、酸化を防ぐために4合瓶の二本に分ける。余った分はその場で飲む。いま4合瓶の半分ぐらい残ってる状態から飲みながら書いてます。1/26に開けてから10日ほど。これだけ繊細だと味の変化に気づいた。今後はワインみたいに酸化防止のために空気抜こうかな。

 

 

 




仕事化する婚活

〃い、△笋辰討睫蟻漫↓L滅鬚ない、ぅ好ルが無い、セ間が無い


2018.03に「やりたくない」という感情を分類したら上記の 銑イ砲覆辰拭「時間が無い」はやりたけどヒマがない人もいるけど。そして昨年末に仕事について掘り下げた。中身は同じでも人によって受け取り方が全く違う。生活のために嫌々やっている人から、やりがいを持って楽しんでる人まで、マズローの階層の全ての可能性がある。そして、婚活もこういう状況だと。

 

昨年、8年間一緒に登山してた大学時代の友達が長年の婚活が実って結婚した。登山の往復の車の中で色々と話は聞いてた。「男で40歳を越すとびっくりするぐらい会うチャンスがなくなる」→女性が40歳未満で最初のフィルタリングをすることが多いから。「女性だったらこのラインが35なんだと思う」とも。年末には別の友達(会社の同期)と2人で飲んだ。彼は随分前に幹部社員になってるから年収一千万は越してるし、その点も加味すれば45歳までなら可能性は残ってるだろうし、今から婚活始めたら?と率直に言った。地元が近いので同期の中では珍しくお互いの家にいったことがある仲だから。

 

ちょうど仕事についての分析が終わったタイミングだったので、仕事の定義、最古の仕事、婚活が仕事化する理由についてウチのモデリングを言ってみたら大方同意してもらった。向うはアルゴリズムで院卒なんで、その視点でも違和感ないのは収穫。仕事の定義はデジタル大辞典だと


1 何かを作り出す、または、成し遂げるための行動。「やりかけの仕事」「仕事が手につかない」
2 生計を立てる手段として従事する事柄。職業。「将来性のある仕事を探す」「金融関係の仕事に就く」「週の半分は自宅で仕事する」
3 したこと。行動の結果。業績。「いい仕事を残す」
4 悪事をしたり、たくらんだりすること。しわざ。所業。「掏摸(すり)が集団で仕事をする」
5 《「針仕事」の略》縫い物。裁縫。

となっている。このなかで4と5は無視。大事なのは1〜3。特に2。

 

問題は婚活。しょうがなくやる人もいれば楽しんでやる人もいる。けど、楽しんでやれる人はそもそも結婚紹介所に行く前に結婚してるともいえる。その分、楽しんでやれない人が残っているのも事実。平日に会社で仕事で疲れて、土日は仕事のような婚活をするって、普通はイヤだよね。。その気持ちは良く分かる。

 

そりゃ相手が20代前半の魅力的な異性だったら、アイドルのおっかけ以上に楽しんで婚活できる。けど普通は対象範囲が年齢差10歳未満。いや、このアンケート結果ではもっと厳しいね。その時点で、生物学的組込感情じゃできないのが婚活。だから、したい・したくないの軸で判断してはいけない。知り合いが結婚紹介所で働いてたから、結婚アドバイザーの職場環境含めて知ってるほうだと思う。ほんとは最初にこういうことを伝えるべきなのに誰もしない。そりゃ相手はお金を払ってくれるお客様だから。

 

したい・したくないでなく、すべきかどうかで判断する世界。この時点で限りなく仕事。

もちろん絶対に結婚すべきとは思ってない。そのくせ年末に友達に薦めていたけど、それは彼に可能性があるとおもうから。今年の年賀状で仲がよかった別の友達(いまはお互いの仕事もあってなかなか会えない)が、「昨年、父が死んで、母は認知症になって、自分は社長直轄プロジェクトのリーダで、仕事もプライベートも大変すぎる」と書いてあった。40歳越すとこういう世界がくる。ぶっちゃけ、結婚してそれなりに年数がたってやっと配偶者の両親も家族と思える状況になる。結婚してすぐだと、やっぱり心底家族と思うのは大変。その時点で向うに色々あっても、どこまで心が入るのかな。普通は早く結婚するのを出産絡みで薦めるけど、介護側の理由もでかいなぁ、と気づいた。

 

そんなことを考えつつ婚活と 銑イ砲弔い胴佑┐討いたい。

 

〃い

婚活を真面目にやるとは1ヵ月に二人以上と会って話すこと。最初は休日の昼飯が多いけど、それでも1時間超。これを月に2人以上は精神的に疲れる。そもそもそういう事自体が価値観に合わない人もいる。結局、好き嫌いは価値観依存だから。なかなか価値観は変わらない。周囲に子供がいれば影響うけるけど、友達や兄弟等じゃないとね。街やキャンプで見知らぬ子連れ家族とあってもそこまで羨ましいとは思わないかもね。そして、なぜだか知らないけど、女性の方が甥っ子姪っ子を可愛がる。そしてそこで欲求充足する場合も多い。生物学的には、高等生物ほど数より質だから、遺伝子的にそうなっているのも納得だが、ここは男女差あるね。

 

△笋辰討睫蟻

たしかに婚活は片方向でなく両方向だから、自分が気に入った相手からNOの場合はある。努力と成功の関連が曖昧。こんなの人間世界では当たり前だけど、理系の特に研究者ほど生理的に耐えれない人はいる。そもそも理系の研究者の時点で特殊な価値観になると思う。「なれなかったおまえがいうな」といわれそうだけど(笑 そうでもあっても、スキルが上がれば成功確率が高くなるのも確か。

 

L滅鬚ない

最近はなんでもゲーミフィケーション。どうやってハマってもらうかのデザイン。ゲームの世界もパッケージ提供からサーバーサイドになって大きく変わった。ユーザーの行動を調べてリリース後であっても改善できる。開始直後に難易度が高いハードルがあると、殆どの人が諦めるのは太古の昔からの当然。ビギナーズラックみたいに最初に運が良いぐらいに勝たせて、先に成功体験。いわゆるイノベーションの分野におけるクイックWINというやつですな。スマフォゲームならカンタンでも、婚活でこれをやるのは難しい。サクラいれておけば可能だけど、それは倫理的にアカンでしょ。本人が意識的に最初におねーちゃんの店に行って練習するぐらいの気概があればいいんだけどね。結局、成功のステップ化と進捗の見える化しかないとも思ってる。結婚までは長すぎるから。登山だって、百名山ぐらい整備されてれば1合目から10合目まで看板ある。2合目クリアとか言って貰えると、まだ8つあるのか、、、とも思うけど、とりあえず2合目までは上がってきたとも思える。もちろん周囲の山よりも高くなって景色が変わるとがぜんやる気でる。だから周囲の景色が見えない天候の登山は苦行でしかないけどね。。そういう意味では、ステップ化するのはデキるアドバイザーの当然だけど、景色の変化は伝えれているのかな。ぜひうちのBlog1を使ってください。「ほら、この曲の良さが分かるようになったよね」って。え、これは普通の人は喜ばない?? 確かに登山でも道端の高山植物を愛でる人も多い。山ガールは高山植物派が多いかな。婚活登山における高山植物ってなんだろうね。

 

ぅ好ルが無い

突き詰めると△皚もこのい傍着する。そして婚活スキルを高めるのは非常に大変。昔と違って最近は「面白い話し方」の本も増えてきた。僕もほんとコミュ力なかったから、スゲー苦労した。けどコミュ力って恋愛スキルの最初だけ。

だからこの本の帯にも「ウケた後どうするかは自己責任で」みたいな事が書いてある。ウケだけでは恋愛は始まらないからなぁ。おせっかいで言うと、沈黙を作れるか?なんだよね。その友達は会話が上手いからこそついつい喋っちゃうだろうなぁ、と思ってた。まるでラブホテルの部屋に入ってとりあえずテレビをつけちゃうような、そんな雰囲気があったんだけど。だから、この本だけだと足らないかもね。

と以前に書いた通り。コミュ力の先のスキルってなんだろうね。ぶっちゃけ最近流行りのオナ禁かもよ。この本はスゲー良かったから。単に禁止するだけでなく断捨離を最初に薦めるのも納得だし、断射離という用語も面白い。

 

セ間が無い

仕事の波は確かにある。仕事量の増減だけでなく、スキル向上によってこれまでの仕事が楽になるときも。それでも1,2年でスキルに見合った新しい仕事がふってくる。だから、仕事の波が低い時に婚活できるか、だよね。だれだって30歳までに一度は低いときがある。そういう時に仕事内容に文句つけてる後輩をみると、まずプライベートがんばれ、とはいつも言ってた。40までにも波はある。けど、女性は35がリミットスタートなので、仕事の波が低くなるのを待っていると遅くなるときもあるかも。そんな意味では婚活を始めるハードルをあげないことだよね。とりえず「1ヵ月に二人以上と会って話す」のを早めに体験しておいた方がいい。ある程度数をこなせば一喜一憂せずにできるようになるから。残業100時間越えでもない限り「時間がない」の本質は物理的な時間ではない。婚活と仕事の気持ちの切り替え時間。それは慣れだよね。慣れすぎても上手く行かないけど、慣れないときつい。仕事は慣れすぎダメになることはない。だから婚活の方がハード。ハードなやつほど後回ししちゃだめ。もちろん合コンなり街コンもあるけど、合コンと結婚紹介所は会話の流れが違うから。最初から1対1だしね。

 

----

根源的な価値は仕事の方が突き詰めると謎。婚活の方が突き詰めても価値に辿りつく。ただ、その価値は外見的に魅力的な異性じゃない。どうせ10年もすればお互い歳をとるから。根源的な必要性は婚活の方が謎。仕事はしないと食べていけないけど、結婚しないと食べていけない時代じゃないから。必要性と価値の分離。これが一番の現代の病なのかもね。

 

https://wotopi.jp/archives/34038

 

https://am-our.com/love/218/14389/

 

https://www.elle.com/jp/wedding/wedding-love-konkatsu/a22945131/lovecolumn-2018-0905/

 

 




コミュニティデザイン、その前に。

佐渡島庸平『We Are Lonely, But Not Alone』


今日は20年ぶりに本の断捨離をしてた。50冊近く捨てるから今後は電子書籍にしないと。未だにお金をだすなら紙だが、読み放題は活用してる。2018年の本が読み放題になる良さ。時代の先端で考察している本は5年後とかに読み放題になっても価値が下がっている。いや、この本は本質的なことを掘り下げてるから、価値は下がらないと思う。それぐらいに感動した。

 

パレートの法則で説明される、2割の主要な顧客が8割の売上を支えるというものがある。ほとんどの産業がこの仕組みで動いている。レストラン、飲料、アパレル、アミューズメント施設などなど。しかし、世の中の広告のほとんどは、この仕組みを無視している。たまにしか買ってくれない顧客、もしくは全く買ってくれない顧客のために広告宣伝はされている。《略》同じことを出版でやろうとすると、どうすればいいのか?『ドラゴン桜』を好きな人が何冊も買うことは無い。『ドラゴン桜』のコミック売上の8割を、熱心なファン2割が占める、といことは絶対に起きない。では、CDでそれを起すためにどうすればいいかと考えて、握手券をつけるというアイディアで大成功したのが、AKB48だ。CDの売り方としては珍しかったが、ビジネスの手法としては、実は王道中の王道だった。

 

おそらく本全体では、本好きの2割が8割の売上を支えている。しかし、作家においては、ファンの2割が、8割の収入を支える仕組みになっていない。それを実現するのが、僕のやりたいことだ。

 


■ファンコミュニティをデザインする
ファンクラブだと運用者はメディア型で、出す情報をコントロールしていく。ファンコミュニティーだと、ほぼすべての情報をオープンにして、ファンの人たちが自発的に動けるようにファシリテーションをしていく。

コミュニティは、無数にある。僕らは、無意識にそのコミュニティに参加している。だから、そのコミュニティをコミュニティたらしめている要素を言語化できていない。

 

人が亡くなったとき、初七日、四十九日といった法要を行う。これは、コミュニティを維持する上では、非常に重要な行為だ。初めの7日間に、やらないといけないことがたくさんあり、悲しみに浸る余裕が無い。悲しみに浸りすぎることなく時間を過ごすことで、少しは癒える。その後、49日経って、日常に戻れているかどうかを確認するために、親しい人が集まる。

法要は、死者のためではなく、生き残った人が鬱にならずに社会復帰できるように繊細な設計がなされた行事だ。だが法要を、生き残った人のために行うと行ったら、「私は大丈夫」といって行わずに、周りから気づかれずに体調を崩す人がいる。それを避けるため、また心理的な抵抗感をへらすために、死者の魂がこの世に彷徨っているのを鎮めるために法要が必要である、という優しい嘘がストーリーとして作られる。


■熱狂を生み出してもいいのか?
一枚目のドミノはたった一人の熱狂だと書いた。《略》僕の熱狂に伝染してくれた人は手伝いにきてくれる。しかし僕のそばにいればいるほど、その熱狂は長続きしない。自分が、僕ほどの熱狂を持って関われていないことに、無力感を覚えてしまうのだ。かといって僕が自分の熱狂を押し殺すのは、本末転倒だ。熱狂とは、太陽みたいなもの。遠くまでその熱を伝えることができる熱狂は、身近な人を焼き殺してしまう。それも仕方がないことだと割り切っていた。元来のマスコミを使ってヒットを出そうと思えば、必ず熱狂している人が中心にいなければいけなかった。

 

《略》しかし、コミュニティの中で熱狂している人が脱落する様子を見て、何か仕組みが違う、熱狂は善だけではないかもしれないと感じ始めた。

《略》
熱狂→拡大→熱狂を繰り返すと、どこかで破綻する。そうではなくて、安心安全の確保→熱狂→拡大→安心・安全の確保を繰り返すのが重要だ。大事なのが内容よりも順番だと気づいたとき、コミュニティマネージャーの仕事は、かぎりなく編集の仕事に似ていて、編集者ができることだと思った。
編集とはどんな仕事か? 究極的にシンプルにいうと「集めて・削って・並べ替えて・補足する」この4つの作業を延々と繰り返して、情報を伝えやすくする行為だ。

 

■あとがき
コミュニティについて考えると、外と中という概念にたどり着く。すると、免疫学がまるでコミュニティについての話に聞こえてくる。「唾は口の中にあるときは、汚いと思わないからいくらでも飲み込める。でも、一度口の外に出ると、飲み込む事が急に汚く感じる。コップにだした唾をもう一度飲み込むことはなかなかできない」人のこの生理的な反応は非常に不思議だ。唾を、人に置き換えてもおそらく成立する。同コミュニティ内での振る舞いであれば許容できたものが、外のコミュニティになった途端、許せなくなったりする。

 

 

個人的には「体外に出る」ことだと思う。唾が汚くなると感じるのは。空気に触れるのもあるね。粘り気があるものは躊躇するのが基本的反応だしね。けど、ぶっちゃけ、今日はコミュニティの遥か手前の「助ける」の定義で一日が終わった。。

 

「助ける」って具体的な動詞じゃない。黙って見守る事が助けることになる場合もあるから。うちらが動詞だと思っているし、そう習う単語(=英語でも動詞扱いの単語)の中で、現状の整理と理解では30%前後が具体的な動作を示してない。「探す」もそう。見て回ることもあれば、聞いて回ることもあるから。「助ける」の定義を具体的な動詞でやろうとして、これまでのAIは失敗していたと思ってる。それを論理型でやろうとしてもっとドツボにはまっていたと。

 

相手から「ありがとう」といわれたら助けたことになるし、「ありがとう」といいたくなったら助けられたことになる。これが一番正しい定義。人間はこうやって生きている。だからAIが難しいのだ。僕が学生のころはこういう説明を誰もしてなかった。今はミラーニューロンが広まったおかげで、それと絡めてAIの困難性を説明する。けど、助けるとありがとうの関係はミラーニューロンだけじゃ説明できない。

 

とりあえず、助けるの定義については、暫定解は作った。これがどこまで使用強度があるのか、それは分からん。最終的にはありがとうに落とし込めないから、どこかでズレは残ってる。今の時点で完全なものは作れない。そう諦めて、夕方からこの本を読んでた。

 

「コミュニティーの基本は助け合い」だよね。

それがこの本の一番最初の議論である自由と安心の両立の難しさなんだよね。

なんか無理やり関連づけてますが、、、コミュニティーを真面目に取り扱う地点まで到達する日は、かなり先だと痛感したなぁ。




仕事の根源とは

職業がら「仕事とは何か」は考えている。そりゃ毎年4月に新入社員向けの講座をするから。いつも紹介してるのは.檗璽襯哀譽▲爐 「他人には仕事に見えて、自分にはそう見えないものが、自分にとって最適な仕事だ」 と為末大の「努力は夢中に勝てない」けど、甘かったね。

 

,六纏の存在を前提にした議論

△鰐潅罎砲覆辰燭海箸膿べていける保証はない

 

以前に改マズローを考えた。あれでOKだと思っていたのに、理論化が進むと穴が見つかる。「仕事」はマズローのどこにマッチングされるのか? 答えは一意に決まらない。だから仕事はマズローのモデルでは扱えない。現代人のほとんどは仕事で時間を費やすのに。

 

「対価」を貰えるのが仕事だ

この定義も良く聞く。もちろん対価はお金じゃなくてもいい。お金が無いぐらい古代の仕事の対価は食事だったり、もしかしたら逆向きに仕事を提供したのかもしれない。それは十分に想定できる。

 

最古の職業は売春婦

なぜか知らないけどこの内容は流布している。「聖職者・占い師」という説もあるみたいだが。

じゃあ、最古の仕事はなんだろう??

これも「売春」だと説明するサイトがあるけど、違うでしょ。仕事と職業を混同してる。

 

「その仕事だけをして生活できたら職業」

という定義に反対する人はいないだろう。だから職業よりも仕事が古い。ここまで考えた上で、最古の仕事に戻る。これって滅茶苦茶困難。けど、答えは一つに収束すると思う。仕事の定義は違う。皆が合意する定義はない。けど、最古の仕事は一つなのだ。なぜってミトコンドリアは仕事してない。人間は仕事してる。サルは? だからやっぱりどこかの時点で発生してる。

 

ここが明確にわかれば、婚活が仕事化する理由も説明可能になる。

 

続きは3月末で。

 

 

 

 




本音には本音で返す大事さ

以前にこちらにも書いた引きこもりの長男を父親が殺害した件、裁判で新たな事実が色々でてるね。長女が自殺というのもびっくりしたが、今日のニュースのリビングで号泣には驚いた。

 

44歳の長男を刺殺したとして、殺人罪に問われた元農林水産事務次官の熊沢英昭被告(76)の裁判員裁判の判決公判で16日(2019年12月)、東京地裁は熊沢被告に懲役6年を言い渡した。

   裁判では、殺害された英一郎さんが中学生のころから壮絶な家庭内暴力を繰り返していたこと、被告の妻が息子の暴力が原因で29年前からうつ病を患っていたこと、被告の長女が5年前に自殺していたことなど、崩壊した家族の状況が明らかになった。

 

「長男は3歳児に戻って泣いていた」と専門家

   英一郎さんは事件の1週間前、一人暮らしの自宅から実家に帰ってきた。その翌日、リビングで母親を前に「お父さんはいいよね。東大を出てなんでも自由になって。(僕の)44年はなんだったんだ」と言い、床に突っ伏して号泣した。その直後、リビングに入ってきた被告が「(一人暮らしの家の)ゴミを片付けないとな」と話しかけた。

   すると、英一郎さんは「お前らエリートは俺をばかにしている!」と激高、熊沢被告の髪をわしづかみにしてサイドテーブルにたたきつけた。熊沢被告はこの時の気持ちについて、「体に震えがくるほどの恐怖心を覚えた。殺されると思った」と話した。

   引きこもりの実態に詳しい、東洋大学の小島貴子准教授はこのエピソードに着目。「私は被告の状況よりも、英一郎さんがリビングで号泣したことに心を痛めました。引きこもりには色々な形がありますが、彼がリビングにいたということは、自分の存在を家族の前に出していたということ。『44歳にもなって親の期待に何一つ応えていない自分ってなんだったのか』と泣く姿を、両親に見せたというところを感情的に拾ってあげたい」と話す。

   「英一郎さんがこの時に欲しかったのは、『本当につらいよな』という共感の言葉と、泣いている息子に心の底から寄り添うこと。3歳の子どもは『見て、見て、聞いて、聞いて』という自我の発露があり、それを親がすくっていると安心して色んなことに挑戦する。この状態は、3歳児に戻って、自分のつらさを家のリビングで出せたということ。

 

妹自殺の時点で息子側がダメだと思ってたけど、この内容をみて考えを改める。これは父親側がクソ。きっとこれまでに1,2回は号泣に近いような本音を出した時があったんだと思う。せっかく息子が本音でしゃべっているのに父親側は本音でしゃべってない。そのくせ正しいことを言う。

 

本音じゃないのに正しい発言が一番酷い。

この元高級官僚はここがまったく分からないのだろう。学校じゃ教えないレベルの話。

 

『お前が本音でしゃべっているのに俺は本音でしゃべれない』

せめてこれだけは言えばいいのにね。その勇気すらない。だから「ゴミを片付けないと」という。逃げてるし、ごまかしてる。けどその発言内容自体は正しい。だから酷い。

 

本音でしゃべれば

「お前がこんなんだから俺まで不幸だ」とか、「妹の自殺もお母さんの鬱も全部おまえのせいだ」とかになるだろうね。そこまでいえばどうなるか想像できるから言えない。そこは同意。どっちが悪いか言い合っても水掛け論。お互いが悪い。親子ってそういうもの。それは心の奥底ではお互い分かってるからこそギリギリの最低ラインで家族として形になってた。相手を非難するのはその最低ラインを壊すこと。

 

息子側が己の人生に号泣したのは、相手への非難ではない。

『おれだって泣きたい。お母さんだって泣きたい。死んだ○○だって泣きたい。みんな泣きたい。それが家族だ』

も返答の一つだとは思う。けど、こういうのは頭で問答集として覚えるもんじゃない。そんなことやったら余計に高学歴アホ。大事なのは本音には本音で返すこと。それが出来ないなら、出来ないと素直にいう事。学校では「嘘つくな」とは教えてても、「本音じゃないのに正しい発言が一番酷い」までは教えない。

 

もちろん本音の正しさを教えてくれる先生は零ではない。少なくとも僕の中学三年のときの岩田勝人先生は教えてくれた。勝人先生が僕の恩師。あの時の先生の態度をやっと僕は言葉にできた、と思う。

 




五本指靴:Five Fingers

指先は脳、足裏は内臓

 

「え、なんですかそれ??五本指の靴下で会社きちゃったんですか?」

目立たないように全部黒色の商品にしたのに、、、、あわててヒモだけ黄色に変えて比較のために写真を撮った。

 

----
以前からずっと気になっていた五本指靴。会社が夏にドレスコードフリーになって、かつお盆に駅で試着してた。だからついに決断。さすがに会社に履いてくにはちょっと勇気いるね。

 

2005年にイタリアの靴底メーカ:ビブラム(Vibram)社が発売、未だ他社の追随のないオンリーワンの商品。室内トレーニング用からランニング、登山、普段履きなど様々な種類がある。 もともとはアフリカの裸足で走っている人たちを分析し、今の靴が「かかと」にクッションをつけることで、動物本来の走り方(つま先着地)でないことによる問題点の認識から生まれたらしい。

 

5本指にして、つま先着地で歩くことで、足裏の刺激が良くなり、足裏にツボが密集している内臓への効果もあるとか。5本指靴下を愛用する人にはお勧め。今ではAmazonでも買えますが日本ではこちらのお店が詳しい。 今回、登山用(V trek)と普段用(V Alpha)を買って二つを履き比べましたが、靴底の厚さやクッションの違いが大きく、普段履きならば普段用の方が良いです。 最初の一週間ぐらいは短い時間だけ履くか、もしくは靴の中敷を入れた方が良いと思うが、慣れてきたら健康になるには薄いほうがいいですね。

 

ちなみにビブラムはもともと登山用の靴底を発明した有名メーカー、2万円以上の登山靴は全てビブラムと言えるほど。PCにおけるインテル、自転車におけるシマノのようなブランド。この靴は創業者の孫が作ったらしく、継続的なイノベーションはブランド維持にも大切だと痛感。 なお、もっとマニアな人は極限まではだしに近づけるので、ワラーチというサンダルを自作してるらしい。

 

---------------------

毎日履くならば数個かってローテーションした方が良いが、さすがにこの値段の靴を何個も買えないので、サブとして中国製もかった。5本指は特許があるのか同じものは無いが、この靴はつま先が広いデザインで、足指をMAXに広げれることが可能。(もちろん靴下は五本指にする必要) 値段は1/5で、効果は1/2ぐらいだと思うなので、検討しても良いと思う。いまや類似メーカーが沢山ありますが、私が買ったのはこちら

 

 




戦略とは何か、どうやって鍛えるか

「捨てる勝負を見極めること」


やっと前よりも理解が進んだと思える。そしたら長沼さんはこの本で戦略について「重心を見つけること」と対談してた。これって同じ意味だね。当然ながらトータルとしては勝たなくちゃいけない。全ての試合に必勝ならば戦略もクソも無い。けどその発想はメンタル直行だし、そもそも対戦相手に全勝できるレベルの能力差なんて現実では在りえない。それだけでなく、捨てる勝負でも最初から態度に出したら相手も手を抜く。こちらが捨てる勝負に相手は全力を出して、その上で勝って喜んで調子に乗る状況にもってく。油断こそがスキを生むから。そうやって相手の感情までコントロールしてこそ、トータルとして勝てる。

 

戦略を学ぶ上では囲碁が一番。それは20年前にも書いたけど、時代は変わった。以前の囲碁ソフトは弱すぎたから。2007年からのDeep Learningでやっと消費者向けの囲碁ソフトもちょうど良い強さになってる。以前にオススメ勉強法を書いたけど、やっと自分の中で一番オススメのステップが見つかった。

 

 屮泪襯撻院廚良勝法を探してマスターすること

小学校のいつだったかなぁ、自力で必勝法を見つけたんだよね。もちろん相手も知っていれば引き分け。このGoogleのゲームは素晴らしい。難易度を中にすると必勝法を知っていれば絶対に勝てる。難易度高だと引き分け。これが入口として一番良い。

 

◆嵌入り娘」をクリアすること

これもそう。小学校のころ学童にあった。夏休みに延々とやって1回だけ解けた。けど、二度目ができず20歳を越した。いまはスマフォのアプリである。特にこのソフトは簡単な問題からステップアップ式になっているのが素晴らしい。下手なスマフォのパズルゲームするぐらいならこれが一番。小さい子へのプレゼントとしても木製の本作品が一番だと思ってます。

 

0聾襪鬟泪好拭爾垢襪海

昔は9路盤がスタートだった。けど、今は6や7路盤もあるんだね。素晴らしい。まるで動物将棋のような入口の幅広さ。

このサイトはルールの説明といい絶賛もの。ここでルールを覚えて5路盤から始めればいい。最初からガチンコ勝負。戦略要素はゼロだけど、囲碁の基本的な動きのマスターとしては一番です。次が7路盤。そしてやっと9路盤だけど、ちょっと重いので、9路盤からソフトを変えた方が良い。色々と試してこの「みんなの囲碁Deep Learning」が一番オススメ。このソフトで9路盤をマスターしたら、次は13路盤。9路盤でも若干の戦略要素はあるけど、戦略の醍醐味は13路盤から。

 

いま私はそれで遊んでます。本当の囲碁は19路盤ですが、勝負が長くなるのとAIの弱さが出やすいので、スマフォのソフトで遊ぶなら13路盤が一番だと思ってます。もちろん将棋でも良いのだけど、戦略要素は囲碁の方が多いし、将棋は20年前でもソフトを最強にしたら一般人は勝てない。唯一勝ってたのは中学生の頃に県の代表として天童市の全国大会にいった同級生だけだったから。やっぱりコンピューター最強に勝ってこそストレス発散になる。1万円ぐらいだしてソフトを買って家のPCにインストールするほどのモチベーションは無い。スマフォで空き時間にチマチマやるぐらいで良い。ならば今が一番良い難易度になっている気がする。

 

そうそう詰碁も適度にやった方が良いです。オススメは「詰碁プロ」ってandroidのソフトかな。

----

こういう分野にまったく縁が無かった人でも、今からでも遅くない。そしてぜひ子供には薦めて欲しい。遺伝も育った環境も同じレベルで作用。遺伝は変更できなくても、育つ環境は変えれる。下手に塾とか中学受験とかさせるよりも、この 銑のステップの方がオススメです。俺は色々と重なってこういうジャンルでは非常に良い環境で育ったと思っているので、ぜひそれは皆さんと共有したいと思ってます。殆ど無料になったこと。これも素晴らしいことなんだろうね。

 




ゲームにはまる休日、、それもレトロゲーム。。

前回はあんな偉そうなこと書いてたのに、この三連休はとことんゲームで遊んでしまた。。まるまる一日半。日曜の15時から月曜の23時まで。さすがに日曜夜はチャーハン作った。今日の夜はファミレス。週末は珈琲焙煎とか必須作業あるのに全部無視。それぐらいに光栄の『水滸伝 天明の誓い』は傑作。隠れ名作になっているのも同意。中学一年以来ほぼ30年ぶり。もうちょっとでクリアの瞬間にいきなりマップ外から金が攻めてきて、画面の左上の国からドンドン黄色で塗りつぶされる。ダダダダダという効果音とともに。闘うこともできなく強制的にゲームオーバー。あれは一つのトラウマ。そんなことになるなんて全然知らなかったからショックでかかったなぁ。

 

 

 

二十歳以降も一度はあそびたかったけど、なかなか手に入らない。デスクトップであそぶほどの複雑なゲームじゃない。通勤中とかの隙間時間にチマチマやりたい。やっとAndroidでファミコンエミュレータを動かして遊べるようになった。なのに一気に遊ぶ。この一日半、嫁の視線が厳しいのなんのって。確かに逆の立場なら同じ冷ややかな視線で眺めるよね。。

 

子供のときは親に禁止され、大人になると配偶者から冷たい視線

これがゲームというのも。

 

♀ゲームやるぐらいなら、仕事しっかりやってよ

♂やってるよ。休日は自由だろ。最低限の家事もしてる。

♀それはそうだけど、やり過ぎじゃない?大丈夫?

♀そもそも仕事も家事も最低限であとはゲームって、人生的にどうなのよ。そんなんより仕事で独自アレンジに挑戦するとかの方がよっぽど楽しいんじゃなくて。

♂仕事で独自アレンジなんてそんな楽じゃないから。やろうとしても上に止められること多いし、、

♀そこを乗り越えるのか男でしょ

 

こんなリアルな会話はない。なくてもお互いの言いたいことはほぼ分かる。結婚して10年以上したらそんなもんだよね。せっかく台風一過で日曜日はこんな感じに富士山も白峰三山もみえたのに、ベランダにハンモックだしても景色みずに延々ゲームしてたら蚊にかまれた。。 

 

水滸伝の良さはリンク先の記事と被るから書かない。だだ、今の歴史シュミレーションゲームの複雑さとは対極のゲームデザインだけはうちのHHAIの参考になると思う。時間はとりもどせない以上、この先は糧にしないと。。

 

 

 




<< | 3/22PAGES | >>

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM