醸し人九平次 別誂

旨い日本酒は全部飲んだとおもったのになぁ。この『かもしびくへいじ べつあらえ』は半端なかった。日本酒でここまで感動するとは・・・。フランスで大人気というのも納得。

 

今日はコロナ以降初の川崎駅。前から気になってたオイルしゃぶしゃぶの隠れ房にいった。日本酒も気合い入れてた。「あたごのまつ」の「はるこい」があった。まさか川崎であたごのまつを置いてる店が他にもあるとは。それもはるこい。

 

けど、一番感動したのはこの別誂。うすにごりも飲んだけど、別誂の方がびびった。

日本酒をちゃんと揃えてる店にいくと、地元の愛知と、親の地元の和歌山と岐阜の酒は飲むようにしてる。いくら大学時代が仙台でも宮城の酒は大体飲んだと思ってるから。今日は地元海南の紀土も飲んだ。岐阜のお酒ってあんまり見かけない。

 

これまで色々と飲んできたけど別誂は別格かも。。酒造は名古屋の緑区の大高じゃん。サイトにアクセスしたら若沖か。若沖ならトコトン突き詰めたよ。いつか、あの鳳凰の瞳のような澄み切った狂気の酒を造って欲しい。




技術の進歩は善か悪か

核だろうとDNAだろうと技術の進歩自体に善悪は無くて、それを使う人間側の問題

という命題は正しいと思ってる。人間が本当に核技術をコントロールできれば石油等に依存しなくエネルギー問題が解決する。もちろん現状の原子力発電はフェイルセーフになってなく、非常用電源が無くなれば暴走するから停止だが、次世代原子炉の研究は継続だと思ってます。DNA技術もどこまでが善なのか難しいが、難病治療は正しいと思うしね。

 

.ぅ鵐拭璽優奪箸糧展

▲ープンソースの発展

SNSの発展

ぅ妊献織襯灰鵐謄鵐弔領通(特に今は音楽業界の影響)

 

これらについて考えていきたい。

,魯亜璽謄鵐戰襯阿砲茲覦刷機械発明に並ぶ。これまで教会が独占してきた聖書を市民が読めるようになって教会の欺瞞が暴かれたのは善。同じように情報の流通コストが高いと支配層に不都合な情報は流れないから。いまはそういう不都合な情報もバンバン流れる。どれだけ主要メディアが取り上げなくても真実は広まる。それは善だと。

 

△廊い砲盒瓩い隼廚辰討襦プログラムで作ったソフトウエアは複製コストが限りなくzeroに近いから。スマホのアプリは無料でそれなりに楽しめる。その分だけガチャで稼ぐゲームが増えて業界は不健全になってる。

ガチャとは「3割の確率で成功すると思ったその時点で、成功したときの快感が前払いされる」という人間の本能的な快感回路をハックし、マネタイズした装置。その快感が強烈であるがゆえに、レベルデザインやバランスなどその他の部分をどれだけ綿密に作り込んでも、すべてガチャの快感になぎ倒されてしまう。

という菊池氏の指摘は限りなく正しいと思う。これだけ無料コンテンツが増えたからこそ、雑誌の連載漫画も女性の裸とか出して手っ取り早く興味を稼ぐ作品が増えたとも聞くしね。だからどんな変化も善だけということは有り得ない。

 

それでも△鉢は善だと思う。それは成長の支援の多様化。昔は学校か塾か家だけだった。才能があるからこそ画一的な学校教育になじめない子供もいるし、塾は家の収入に影響される。家自体の教育力は無形文化財だから。これだけネットに無料の学習コンテンツが増えて、オープンソースなどで値段が下がって、今はラズパイ数千円とインターネットがあればかなりのレベルまで自習できる。Amazonのレビューも良い本を探すのにはかなり役に立ってるしね。

 

については分からん。Facebookとかやってない。僕が書くコンテンツは友人の間に広まる種類のものじゃないから。どう考えても主流情報メディアにのる内容でもない。自己の思考が明確な形になり始めて、かつまだ学生で時間があったときにWebサイトでの情報公開の道があったこと。ほんと恵まれてると思う。卒業が5年位早かったらHP作成なんて無かった。そしたらどんな社会人になってたのか、想像もつかない。

 

い倭韻犬磴覆い隼廚Α7歃兀酩覆郎遒襪里飽貭蠅了間と労力が必要で、その分だけの対価を得るべきだから。Youtuberが職業になっているけど、映像じゃなくて音楽だけだとマネタイズが大変。けど、昔の音楽業界のシステムが良いとも思わない。宣伝力の影響度が大きすぎたと思うから。

 

--------

ここまで考えてきたのは、いま自分がやろうとしていることのあるべき方向と影響を見極めるため。

いまだに説明可能AIとか言ってるDeep Learningはどっちでもいい。SiriやAlexaといった音声アシストAIが発展するとどんな世界になるか。いまは「おもちゃ」→「便利」ぐらい。けど、本当に性能が上がると「説得力」があがる。そしたら今の無料広告モデルじゃやっていけない。なにより使用者が自殺したら裁判沙汰になる。これって自動運転が未だにクリアできない交通事故時の責任問題と一緒。

 

散々考えてきて目処はついた。中学国語を解くAI。

問題はその新しい技術を誰のために何に使うか。

 

そろそろ本気で考えないと。Google越したとか喜んでる場合じゃない。EvilになったGooglに興味ない。特に情報コントロールが酷い中国と手を組むのは終わってる。僕らにとってGoogleは本当の憧れだった。いまだに一番最初にGoogleの検索engineを使ったときは覚えてる。まだ日本向けのサービスの前だった。それでも日本のサイトをクロールしてた。「クロール結果を全てローカルHDDに保存してるなんてマジ??」と友達と叫んだ。今流行りのクラウドだってGoogleがGmailで始めた世界。12V給電ラックもMapReduceも。それでもAWSとAzureに負けて3位で撤退観測

 

 

性能のあがった音声アシストAIは、ある意味で家庭教師ぐらいの影響度はもつ。

自分の周囲が家庭教師に教わってたときも、自分が大学時代に家庭教師をやってたときも、両方みてもやっぱり1対1だから塾の先生よりも影響度は持つ。家庭教師で3ヶ月以上接したのは5人。20年たつと顔はなんとなく思い出せても名前は全員覚えてない。何度も通った道は大体覚えてる。僕の趣味の音楽や本の話までしたのは3人。この3人は絶対に忘れないけど、トータルとしては良い影響とは言えない。3人ともヘビーな家庭環境だった。だからこそ縁だったのにね。二十歳から22のころ。僕自身が相手のヘビーさを抱えれる噐がなかった。それは恋愛だけじゃない。それが真実の姿か。

 




技術の進歩は善か悪か

『東亜子と洋三』を読んだ。定価1800円が絶版で6900円。さすがに買うとき迷ったけど、アマゾンのレビューを見れば奇跡レベルの貴重な本だと分かる。鬼滅の刃の魅力のひとつが「鬼になることを選んだ人たちの描写が丁寧」。吉原を舞台にした堕姫と妓夫太郎もよかった。昔はコンドームなんてないから、どれだけ堕胎しようと娼婦たちには子供が生まれる。そのときどうするか。

 ・親子の情は邪魔だから、わざと他人の戸籍にいれる

 ・女の子は田舎に送って14歳ぐらいまで育てて、そのあとまた娼婦にする

 ・男の子は汚れ仕事。どうせすぐ死ぬのだから同じ名前にしておく。死んだらスペアと入れ替える。

太古から明治そして戦後の途中まで存在したこの業の深い救いのない真実。言われたら頭では分かるけど、本人が書いた本を読むと衝撃は半端ない。これまでも大切な本は「中学の読書感想文の課題図書に」と書いてきたけど、衝撃すぎて無理。高校生でも無理だと思う。

 

以前にもエプステインのことを取り上げたけど、今日は「アドレノクロム」の情報にたまたま行き着いた。真偽は不明だしあまりに凹むからリンクは貼らないけど、個人的には信じる。中絶の胎盤からプラセンタが作られて化粧品になる。豚や牛の胎盤だとは言うけど、人間に一番合うのは人間の胎盤。これを悪というのか有効活用というのか、、、中絶禁止の宗教も分かるし、水子の霊の存在も信じる。同じようにアドレノクロムの抽出方法も効果も、、ウソとは思わない。

 

江戸時代は「無礼を働いた」という理由で武士が平民を殺せたとは習うけど、人間の歴史の中で臣民=奴隷は、権力者=王様の持ち物でしかなく権利なんてゼロ。儀式には生贄もあったわけで、昔からの慣習を現代の支配者層もこっそりやっていることを陰謀論とまでは思わない。そこを頭から否定するほどお花畑じゃない。

 

BLACK LIVES MATTERは南北戦争時の南軍の将軍の銅像だけでなく、コロンブスの銅像まで引き倒した。これってベルリンの壁崩壊→レーニン像の引き倒しと同じぐらいの出来事。コロナの衝撃も大きいからそれに隠れて正確なインパクトが見えにくくなっているけど。征服したピサロやコルテスが悪いのは当然としてコロンブスがどこまで悪いのか、、その判断は難しい。いったんzero-cancelの意味で像を倒した上で、皆で冷静になって考えるのは正しいと思う。

 

そんなことを考えつつ、善と悪から考えていきたい。根本的な悪の定義は

 /搬療苦痛を与える

 ∈把禪造諒顕重生活を奪う

 差別の固定&生まれ(血族)意識

 ぐ果応報からの逃避

 

こんな感じかな。が王族だから。生まれで身分が決まっているのは絶対に間違っている。けど、親子の縁を切って全員平等に国が育てるのも今の人間の親愛感情的に無理。それは共産主義と同じで今の時点では理想論でしかないとも思う。上記の東亜子の本でもどれだけ親子を隠しても「似てる」から親も子もお互いがなんとなく分かって、他の子供より特別扱いすると書いてあった。けれど、自分の子と妹の子は区別つかないとも。両方とも娼婦で本人自体も子供の父親は分からない。だから自身に似てるかどうかが判定材料だから、妹の子もそれなりに自身に似てると。ほんとあの本は衝撃。自身と似てる子を特別扱いする生物の性質は、現時点で人類はどれだけ乗り越えれるのだろう。

 

日本やイギリスは未だに王国。日本の王様=天皇の方が経歴が謎。かつ天皇稜の考古学調査拒否で隠してる。「中国や韓国から未だに日本が信用されてないのは天皇がいるから」という言説もある意味で納得。一般的な国民感情としては「権威と権力は分けた方が良いから。権威は天皇に一任」みたいな感覚だと思うし、それは個人的にも納得してる。あんまり自分自身が王国に住んでる気もないけど、そういう国民性が一番周囲の国には謎なんだろうね。

 

結局、この地球に人類が増えすぎて、人類全員に△痢嶌把禪造諒顕重生活」を保障できないのが今の状況なんだと理解してる。牛肉や豚肉を食べるのを諦めれば食料は全員にいきわたるという説もあるけど。

 

今話題になっているパワハラやセクハラもデートレイプ・ドラッグは純粋な,糧蛤。そうじゃない場合は「仕事を奪う」を脅しにつかっているから△剖瓩い隼廚Α今話題の[1]渡部建の多目的トイレ不倫とか[2]ワタナベエンタ大澤常務のセクハラは、ある種の精神支配だから法律で完全に防げる世界じゃない。精神支配を受けないようにするには自己防衛力をあげることも大事だと思う。[1]→妻子がいるのを分かってたのに不倫する女性の方も落ち度がある とか[2]→本人がアイドルとして成功したかったから という理由を挙げる人たちが出てくるのも、やっぱり最初の一歩は本人が受け入れた現実があるのだとは思う。[1]なら二人だけの食事とか、[2]なら個別のLINE交換とか。もちろん最初から多目的トイレ&1万円や、裸の写真送付とか言われたら拒否するのだから、相手が狡猾に話しを進めた訳で。

 

だんだん話がそれたので、仕切りなおし。




一番遠い「やれたかも」に捧ぐ

二人の間に何かはあったと思いたい。それが百歩手前でも。

 

「やれたかも委員会」にこだわりが続いてる。それは4巻目のせい。4巻目で作者の男気をみたからこそ、そこに「僕としては3巻のラストを超えられたのではないかと思うくらい結構気に入ってるのですが」と書いてあって、改めて3巻のラストを読んだ。このcase023は初見だとケーキにうずもれた顔がトラウマレベル。こんなvideoもらった女性は即効で削除するだろう。だから最初は全く良さは伝わらない。けど、ここまでしてしまう何か。この顔はトラウマなのに、それ以外の主人公(相談者)は普通にさわやかというか淡々としていて。まちがってもこんなことを仕出かさないタイプ。

 

 

改めて整理すると「やれたかも」にもレベル感は明確にある。

 

‘鷽佑能个けた・デートした

⊆蠅鬚弔覆い

キスした

ぅ戰奪箸貌った

 

たしかにい泙任い辰堂燭睫気い髪む。男にとってはトラウマレベル。4巻目の主人公がそう。後輩やツテを辿って引っ越した後の家を突き止め、夜な夜な見に行ってしまう。そのストーカーまがいのアホさ加減のページを見たときに固まった。。

 

,肪してない案件は問題外。1巻目の最後に『特別編 まるでクジラの胃袋のような長い廊下で』にある。有り得ないからこそ「やれた」の判定すらなく、「次の方どうぞ」になる。これが普通。ところがこのcase023も,微妙。パラディソ氏も「やれたとは言えない」で一票だし、満子女子も「若干迷惑」まで言い切ってる。なのに塾長は相談者の気持ちに寄り添う。

 

移りゆく季節の中で 変えれない気持ちがある

やれたものが やれたことで人生を形作るように

やれなかった者は やれたかもによって変えれない気持ちとの距離をはかる

もし少しでも やれたかもしれないなら

広大な宇宙で 一人じゃない

やれたかもの軌道上で、 大きく手を振り合えたらいい

 

これはメロディーをつけて百年歌い継がれる曲にすべき。

もちろん「やれたかも」で言葉をつむいでいるけど、やれた=花が咲いた 、やれなかった=種のまま という書き換えの方が女性にも伝わる。それであっても、男は「花が咲いた」でなく「やれたかも」として魂から言葉が出てくる。ここは女性陣が全く理解できない部分だと思うけど、『東京タワー』の「消しゴム貸して」レベルの女性ならば分かるかもね。男も女もこのcase023を読み込む価値は絶対にある。

 

これが極北。とくに下線の部分。「やれたことで人生を形作る」という思想はまちがっている。最後はこの相談者のようなさわやかな笑顔に辿りつくかどうか。それだけだよね。大学時代に経験人数三桁の友達がいたこと。社会人になったあとはお約束のように美人社長秘書と結婚しながら、今は普通に過ごしてること。やれたなんて目標でなく途中結果の一つにすぎないから。

 

 

 




童貞からの長い手紙

やれたかも第4巻

前回、好き勝手に色々書いた立場としてはいつもの短編集でなく「童貞からの長い手紙」として一冊丸ごとひとつのストーリーになったことにまず敬意を表したい。

 

また3巻までに登場する男性は比較的普通に女の子と話ができたりするタイプで、もっと全然女の子と接したこともない喋ったこともない男というのは世の中にたくさんいて、「やれたかも委員会はそういう読者を無視しているのではないか。」という意見もあり、、

 

作者の気持ちは良く分かる。そしてCakesなどの閲覧数が減って、Twitterのリツイート数も減るのも分かる。ここら辺はヒロイン以外の添島先輩とか奥様との馴れ初めがあれば良いと思うが、あまり書きすぎると「そういう読者像」から外れるとは思う。長編だから真逆な同期の安田くんの驚愕な事実&清算の後日談まで描ける。現実世界においてはこういう驚愕な事実はよくあることだし、清算なんて滅多に無い。この後日談はあくまでも「そういう読者像」への心の安らぎだと思うけど、安田くんみたいなタイプは結婚した後も浮気をやめれず、いつか家庭崩壊、、うーんちょっとあるかな?


「同じような話を繰り返している」と思ってしまう作者の自問自答に対する答えになっているのだから、この第4巻は正しいと思う。前回までで少し飽きつつあった塾長のコメントは、今回の主人公が取り乱した場面で非常良い態度。長い話に滅多打ちする満子女子も納得だし、そんな滅多打ちに取り乱す主人公、やさしく手を差し伸べる塾長。この部分の醍醐味はすばらしい。もっと良いのは満子女子のそこからの追い込み。40過ぎてまで忘れられない男に「付き合ってても3ヶ月ぐらいで自分から振っていた」「ふることもできずメアドを変えて逃げ回っていた」までの可能性を見せて甘美&どん底のダブルパンチ。アッパーと顎を上から叩きつける打ち降ろしを一気に決めるような。

 

「試験の時間を知らない人がどうやって合格するんですか?」

という言葉は重い。

 

-----

その上で、改めて考える。前回も「答えは言語化できないし、言語化しても余計に酷くなる」とは書いた。

 

恋愛を言語で考え、言語を使って妄想するのが失敗の根本

まずこれを声を大にしていいたい。自分自身もそうだけど考えるときに頭の中で喋るタイプ。「このあとこうなって、そしてああなって」とシーンの変化にいちいちナレーションをつけたくなる人。そんな男性が失敗する。じゃあどうすればいいか。言語の世界から出ること。けど、そんなに簡単に感性の世界にはいけない。だから、うーん、うーん。。

 

今回の長編がどこまで投稿者のリアルで、どこまでが作者の挿話か分からないけど、ヒントはある。この本のそういう優しさが好き。この本だけで悶々とする中学生に優しい。今回は「もうすぐ筧くんが来るかもしれないよ」そこで黙ってしまう主人公。ちゃんとヒロインを好きならちゃんと彼氏を乗り越えないと。その覇気を問うている。両場面で黙る主人公は、それが決定的なミスなことに全然気づいてない。

 

結局、筧さんはあこがれの先輩なんだね。お似合いカップルとしてのヒロインのことが好きであって、ヒロイン自身を見てなかった。もちろん初めて知ったときから二人は付き合っていたけど、二人の距離感は常に変動している訳で。ひとつのベットで同衾して初めて「きちんと日野先輩をみるんだ」と気づいた時点で遅いし、そこでみたら「疲れてる」と感じるのは正しい。ベットの100歩手前で「きちんとみる」ことに気づかないとね。

 

もっと一般的にいえば、この漫画が繰り返しになっているのは作者のせいでなく、単にみんな同じ地点で悩んで失敗している訳で・・・。そろそろ答えは欲しい。まさかボードゲームまで発売されているのにはびっくりだが(笑、このゲームで遊べばスキルはあがるのか?

 

現時点でいえるのは、

「男子校・女子校には行くな 特に兄弟姉妹で異性がいないなら」

「この漫画を中1(中3より手前)で読んでおけ」

ぐらいしかアドバイスできない現実もある。日本の少子化を止めたかったら、この漫画を中学生の読書感想文にすべき。一点突破のN党も党是を変えてもいいぐらい。

 

その上で考える。女性側の話をどれだけ集めれるか。けど、五年以上もまえのやれたかもなんて普通の女性は考えない。根本的な性差。第三巻では二人の女性が登場。チンポジはどっちでもいいけど、もう片方の結果にはびっくりした。塾長もコケテルしね。あれが本当の怖さなことに男性陣は気づくべき。確かに当時の自分は全くくきづいてなかった。ここまで書くと語弊あるけど、人に依存してない。よく男性の性欲は対象を拘らないというけれど、男性だけじゃない。女性にも対象を拘らない性欲はある。多分、90%の男性はそんな世界を知らずに死ぬ。知らなくていい。けど、根本的な男性のやれたかもは女性のそこを全く見えてないからかもね。あの第三巻のあの話をヤリマンと切って捨てる男性にだけはならないでね。今回の安田くんとヒロインはお互い凄い好きじゃないけど、たまたまそんなタイミングだから。生きて るとそういう時もある。

 

 




お勧め漫画全リスト

サンクチュアリ・傷追い人赤龍王、龍-ロン-
勇午ジョジョカイジデスノート、蒼天航路、火の鳥

個人的には「月の子」「アイ・ラブ・ユー」も。

 

 

ここまで色々と漫画を取り上げてきたので、ここら辺でまとめておこうと思います。この週末に10年振りにサンクチュアリを読んだから。サンクチュアリの良さは日本の常識レベルだと思っている。ジャンプ連載漫画じゃないからドラゴンボールやワンピース、スラムダンクのレベルになってないだけで、2005年頃に「出来る中学生のバイブルになってる」と書いてあったしね。

 

池上遼一については、I・餓男、舞、信長、OFFERED、王立院雲丸の生涯、今日子、オデッセイ、strain、HEAT -灼熱-、覇-LORDも読んでいるし、原画集というか池上遼一近代日本文学名作選や池上遼一自選集も読んでいるから。ほぼ全ての作品を読んだといえるのは、魔少年ビーティー、バオー来訪者、ゴージャス☆アイリンに加えて新書の「荒木飛呂彦の漫画術」まで読んでいる荒木氏と池上氏だけかな。

 

前回、基本設定の大切さについて書いたが、サンクチュアリは「カンボジア内戦を生き延びて帰国した二人が日本を変えるために表と裏の世界でTOPを目指す」だからほんと素晴らしい。高校時代にクラス内で≪自分たちが好きな漫画が持ってきてお互いに貸しあう≫非公式な漫画同好会?があった。その中でダントツの評価がサンクチュアリ。クラス文集でも「サンクチュアリが一番面白かった」と書いてる人もちらほらいたから。こちらこちらで取り上げているのも納得。小学生にまで勧めるのは心配だが、、中学生の必須課題漫画なのは間違いない。まさか今年になってコラボでTシャツとか発売とは。サンクチュアリは当然とした上での傷追い人の推薦だが、この漫画はさすがに全員には合わない。クライング・フリーマンの方がみんな楽しめる。それでもうちはDeepな傷追い人を推す。

 

龍−ロンーを薦める理由はこれまでも書いてないね。基本はドラマにもなったJIN -仁-だし、キムタクも好きという「武蔵の剣」もある。なのにロンを推す理由は、、、第2次世界大戦がリアルに分かるから。いまだに中国や韓国と歴史問題を抱える日本だからこそ、このロンは中学生の必読漫画にしたい。

 

蒼天航路を推すのはキングダムが流行っている今だからこそ。中国の歴史モノとして三国志は外せないし、基本は横山光輝の三国志だけど、やっぱり蒼天航路を推します。横山光輝は漫画日本の歴史レベルだから。本宮ひろ志の作品で一番有名なのはサラリーマン金太郎や俺の空だと思うし、個人的にも「大と大」「猛き黄金の国」は買った。けど、歴史物の価値は高いと思っているから赤龍王。

 

手塚治虫は「三つ目が通る」や「ブラックジャック」も好きだけど火の鳥を推す。輪廻転生を正面から描いたから。マニアックな「MW(ムウ)」は個人的にはお勧めだけど。

 

 

取り上げてない漫画でいえば、20代前半の社会人の風景として「ツルモク独身寮」は好き。高卒・高専卒で地方から上京して都会で働く状況が絶妙なタッチで描かれている。「LOVE GOD」「殺し屋1」「軍鶏」はぶっ飛んでいるから好き。どれも主要登場人物がいじめられた過去だが、&整形のLOVE GODが一番好きかも。頭良い主人公の混乱度合いで「東京大学物語」も好き。

 

漫画家で言えば浦沢直樹は上記漫画同好会で友達が「パイナップルARMY」を持ってきて知った。「YAWARA!」「MASTERキートン」「MONSTER」「20世紀少年」は読んだけど、この中からどれかひとつを選ぶのは難しいね。国友やすゆきもそこそこ読んだ。「100億の男」「幸せの時間」とか。青木雄二でいけば「カバチタレ!」が一番好き。男女の恋愛の切なさが「ナニワ金融道」よりも多いと思う。


 

個人的に好きな作品として「アイ・ラブ・ユー」についてはこちらに少し書いたけど、名作とみなす理由までは書いてない。ある種の切なさだけど今でも上手くいえない。全三巻で作者:盛田賢司のリアルな青春の1ページを作品したとも思えるぐらいの迫真さがある。「月の子」もこちらに少し書いたぐらい。改めて昨日読み返したけど、今みても不思議な手触りの漫画。3割ぐらいBL描写というか、なんというか。諸星大二郎と「国民クイズ」も個人的に好きだが理由は上手くいえない。

 

 

基本10冊と個人的好み2冊。

これが価値観と内面を分かりやすく伝える、まるで名刺代わりになるレベル。

 




基本設定の大切さ(ストーリーの前に)

前回のカイジに続き鬼滅の刃やデスノートをアニメで見た。改めて考えると大ヒットする作品は基本設定の時点で優位点があると感じる。学生時代にずっとレンタルビデオ屋でアルバイトしていた同期は3分間スピーチでアカデミー脚本賞に注目しろ」と言っていた。有名俳優や有名監督、広告宣伝費で一時的なブームは作れるけど、本当に良い映画は脚本がしっかりしていると。この脚本に一番近いのがストーリーだと思ってる。

 

「キャラ立ち」という言葉を作った著名漫画原作者の小池一夫は
主人公のキャラクターにはオーラと弱点が必要
ライバルのキャラクターにはカリスマと欠点が必要
引き立て役には○○が必要
その上で訴えたいテーマに向かってキャラクターを動かす。

と非常に面白いことを言っている。

今回、基本設定として考えたいのはストーリーよりもサイズは小さく、キャラより大きいレベル。世界観とかキャラの関係など。

.灰淵鵑任連稘┐瞭段未別瑤脳さい体になってしまって周囲に言えない≫
鬼滅の刃では≪妹が鬼になってかつ人間を食べない異常状態≫
デスノートでは≪名前を書くだけで死ぬノート≫
ぅイジでは≪特殊なルールのジャンケン≫

 

とい郎でこそ常識だが最初は爽快感のある意外性。だからアニメだけじゃなくて実写化や舞台にまでなっている。い呂△譴世韻△蠅佞譴燭發里鳳深さがでる凄さ。「ケンケン/ケンパ」や「あやとり」を戦闘方法にするぐらいのイノベーション。逆には強すぎてつまらないはずなのに、あれだけ対抗できる。最初にテレビにリンド・L・テイラーを出して、日本の関東圏に住んでいると割り出した点とか凄かった。情報理論的な分析あるしね。伝説の剣をめぐる戦いとかありきたりの設定よりも斬新だから。

 


基本設定の中には主人公と主要キャラの関係性も大切だと思ってる。新一/コナンと蘭の恋愛模様とか、灰原がコナンに惹かれている点とか、名探偵コナンはうまく行かない恋愛部分の設定が上手い。ドラゴンボールでは王子様なのに常に勝てないベジータの屈折感は良いけど、恋愛では特に凄い設定は無いような・・・。韓流ドラマみたいにすぐに記憶喪失とか異母兄妹とか持ち出すのは嫌い。個人的にはデスノートのミサかな。主人公の女性の好みの真逆ながらも献身的で本気だから。もちろんLも真逆のタイプの天才。この真逆感の良さはデスノートの基本設定の柱の一つだと思ってる。


漫画は全てが自由だから魔法が使える世界でも鬼がいる世界でもなんでもあり。けど、最初に世界観を決めたあとは変えれない。成長して使えるようになる技はあるけど、基本設定って後からそんなに変えれないから。関係性ならば「実は親子だと判明」ぐらいなら使えるけどね。小池和夫も「キャラが立つ(起つ)といっても関係性も大切」といってる。

 

基本設定の部分で常識の壁を破る事は何よりも大切。これは研究でも同じ。何かの改良どまりじゃ、それだけのリターンしかない。

 

----

 

デスノートのアニメをちょうど見終わったのでこの話題で。社会人になってから連載が始まったので同時代で読んでない。有名になったあとだと逆に手が伸びない。2010ぐらいにたまたま歯医者の待合室で読み始めてついつい3冊よんで、そのまま満喫にいって全巻読んだ記憶。結局、全巻購入した。ここまでするのは珍しい。ライトとLが緊迫な駆け引きをしている中、第二のキラが登場しそれがミサというぶっとびさ。不思議と感動的するレベル。個人的には合わないタイプだし、主人公も「女を本気で殴りたいと思ったのは生まれて初めてだ」とか言ってる(笑)。けど描写が増えるにつれミサの良さは伝わる。躊躇いもせず2回目の死神の目を選ぶ。覚悟に満ちた人生がある。

 

 

 

「ライトがつかまったのは大体女性関係」という指摘は面白い。ミサと高田女史が食事に行って婚約発表ネタでバトっているけど、仮にニアとネルがいなくても女性問題で失脚するレベル。まあライトは二人を殺すのにも躊躇ないから大丈夫かもしれないが。。少年ジャンプだから男女の描写を抑えているけどミサとも高田女史とも寝てると思う。ここでは承認欲求といってるけど個人的には入口のほうが大事。ミサが惚れた理由は恩人&イケメン。高田女史が惚れた理由は、自分より頭良い&イケメン。こうみるとイケメンは得だね。。漫画の最後のシーンの女性はミサだと思ってた。最後にライトの魂に祈るのは高田女史よりはミサだと思う。高田女史はプライドが強いから。

 

キラ肯定派か否定派か、漫画を読んだ当初は肯定派だったけど、今回改めてアニメをみて考えを改めた。

デスノートは名前と顔だけで相手を殺せるから逃亡犯には効果的。こちらの厳罰化の議論も分かるけど、一番のポイントは本当に悪いことをしたのか判定ができないこと。名前しか分からない死神の目だから。ならば杜撰な捜査で冤罪も発生するし、それをノートで死刑したら余計に酷い。だから正義の道具とはいえないね。キラを引き継いだ魅上の思考は幼年時代を含めて納得するし、善悪の因果応報は必須だと思うけど。カルマ切りをしない限り来世で達成されると信じるしかないのかも。ヨツバの火口にせよ、TV局ディレクターにせよ、身の程知らずの権力を持つと腐敗するから。宝くじだってそう。1億円あたっても不幸になる人が多いのも同じ理由。そんな中でライトは己の欲では使わなかったから、そこは素晴らしいと思ってます。生まれた時からあまりに恵まれすぎてると淡白になるから、それが理由かもしれないが・・・

 




賭博黙示録カイジ

ジャンケン、ティッシュ箱、そしてペリカ


コロナの状況でもパチンコ店が休業せずに、改めてギャンブル依存がクローズアップされていますが、ギャンブル漫画の金字塔は間違いなくカイジ。

漫画原作の実写版は個人的に論外だが、アニメであっても微妙。JoJoだって第3部まではアニメの絵が下手。義風堂々!! 兼続と慶次は原哲夫の絵だからずっと不十分。ところがカイジだったらアニメの方がよくなる!って 福本伸行氏の絵が下手っていいたい訳じゃないです。どん底の崩れた顔を描かせたらNo1だと思ってる。

 

「中間管理職トネガワ」はTV放映を見てた。けど、やっぱりカイジ本編にはかなわない。カイジ本編はヤンマガで連載時に見てから懐かしい。社会人になる前にカイジを読めたことはすごく感謝してる。お金をめぐる生き死には社会人になる前に知っておかねば。「友人に拝み倒されて保証人になる」なんて絶対にありえない。社会人になったあとの休日の過ごし方を学ぶには『1日外出録ハンチョウ』も必読。

 

ここでは完全ネタバレで書いていきます。

連載を同時代に見ていて、それから20年経過して初めて気づく部分を。

 

■極限状態で信頼に満ちたチームを作る大切さ&難しさ

限定ジャンケンはチームを作ればそれだけで殆どクリアーできる。けど、これこそが難しい。もともとカイジ転落のきっかけになったバイト仲間の古畑は裏切らないが、その場で仲間に入れた安藤は2度も裏切る。二度目は安藤に説得されて古畑も裏切る。連載中はそこまで気にしなかった。けど、今は分かる。こういうことはよくある。メンバーは本当に大事。こちらにもあるように同じ意見は多いんだね。

 

ジャンケンというゲームをあれだけ面白くした時点でイノベーションだし、それをあれだけの二転三転のドラマにした時点で名作だが、極限でのチームを作る大切さと、リーダーのカイジがみせる公平さこそが大切だと感じる。ずっとJoJo5部の

「任務は遂行する」「部下も守る」
両方やらなくっちゃあならないってのが幹部のつらいところだな
覚悟はいいか?オレはできてる

が理想だと思っていたけど、傷つき裏切られながらもチームをゼロから作り上げてるカイジの方が参考になる。ここは学生時代には分からなかった。これを成長といっていいのか謎だけど・・・。

 

 

■ティッシュ箱くじ引き

学生時代に限定ジャンケンから発想のすごさを学んだけど、生きる姿勢を学ぶにはこの試合がNo1。あれだけ考え抜いて兵頭会長を勝負に引きずりこんでも、最後は会長が上回る。掛け金を吊り上げてカイジがイカサマをやっている点を見抜く。かつそのイカサマの内容まで見抜く。改めてこの年齢で見返すと、兵頭も喋りながらその場で考えていることが良くわかる。これまでの数多くの経験から一般的なイカサマはすぐに思いつく。それを喋りながら、もっと深堀する。

・丸めたくじは駄目と念を押しつつ、折り目をつけることに思いが至る。

・先行権は確保する

ほんと喋りながら考えるスキルがスタートラインで、それすら満足に出来ない人は半分ぐらいいる。というよりも必要性を感じてないような。この部分を学ぶにはデスノートの最初の部分が一番良い。FBIのフィアンセ(南空ナオミ)が偽名を使ったことを知ってから、本人の本当の名前を聞き出すまでの時間帯。本人のショックと心の声まで出てくるから一番分かりやすい。一般的な場面では「理由は3つあります」って先に言ってから、一つ目を喋りながら残り2つを考える。かなり疲れるからあまりやりたくないけど、これが絶対的に必要な状況はある。コツとしては2つまではギリギリ思いつくから、どうしても三っ目が思いつかなかったら一つ目を言い換えるしかないね。

 

 

■一番必要なのは未来への希望とプラン。そこがペリカの世界でなくとも。

最初に缶ビールをカイジにあげて欲望の沼に引きずりこむ班長。2度目はさすがにカイジもビールを班長の顔にぶちまける。底辺の底辺で自堕落に生き前借してギャンブルする45組もカイジが班長打倒の目標と計画を立てると三ヶ月の禁欲生活をおくることができる。

生きる力は目標と計画なんだよ。よく夢や希望の大切さは言うけど、それを日々の行動まで落とし込めるか。

連載中の学生時代に読んでたときは痛感できなかった。目標なき計画は真摯に取り組めないから駄目だし、計画なき目標は絵に書いた餅。誰だって普通の生活を送ってる限りどちらかはもってる。けど、計画という名の空想とまりの人もおおい。ほんと自分を振り返って痛感する。

 

もちろん単にイカサマをとがめるだけでなく、その上を行く発想。シゴロ賽もイノベーションだが(まさかAmazonで売っているとは。。すげーほしいけど5万ペリカは高い。)ピンゾロ賽もぶっ飛んでる。ここら辺がこの漫画の醍醐味。

 

 

ちなみに改めてアニメでみて気に入ったのは一条情報がいろいろあるけど、アニメ版では成績は良かったものの家庭の事情で大学進学できずに帝愛に就職。そこで頭角を現して裏カジノの店長になる。そりゃもちろん利根川も好きだけど、今回アニメを全部見て一条が気になりだした。トネガワでは沼に回収にきた利根川に接待下手な面をさらけ出してるけど、若いうちはあれぐらいで良い。いつかぜひ復活した一条との戦いを見てみたい。

 

 

----

≪番外編:コナンにおけるキング・オブ・クズ≫

4月中旬はコナンを見てた。いまからアニメ全回を見るのはさすがに難しいので、vs黒の組織を中心に、赤井さんや安室さん登場回。コナンはカイジほどクズ人間は出てこないが、その中でもMAXは580話「 迫る黒の刻限(タイムリミット) 」にでてくる犯人。

・会社の金を横領していたのを先輩に見つかり、先輩が真人間にするために登山に連れて行ってくれたのに遭難のフリして殺す。

・横領の罪を全てその先輩になすりつける

・爆弾犯としてまったく関係ない人も巻き込む

表面の人撫で声と裏の顔のギャップもすごいし、まさにコナンにおけるキング・オブ・クズ

 

登山の点からみると、いきなり初心者を雪山に連れて行くのはありえないし、それも薬師岳。作者が山について詳しくないことが良くわかる。せめて八ヶ岳か甲斐駒・木曽駒かな。それでもこの回は楽しめました。

 

ーーー

もうちょっと考える。

裏カジノでの沼攻略で七億ゲット。カイジと遠藤は生き残り一条は地下送り。それでも兵藤からみたらムシャクシャして寝るレベル。だから支払いしてもらえる。裏カジノで大勝しても支払ってもらえる保証はどこにもない。実際、ワンポーカー編で24億円かったけど、終われる立場になるから。せっかく和也を救出してあげたのにね。ギャンブルだけじゃない。結局、特許がないと真似されるし、特許権は国によって違いが大きいから。特許なんて気休め程度で、あくまでサービスの展開スピードをあげないと勝てない。




登山靴を玄関に飾る


こちらも以前にDIY作例記事で見た内容。ところがぐぐっても出てこない。なのでうちでも投稿しておきます。

ゞ力マグネット

▲錺ぅ筺璽優奪

L字フックの一番長いやつ

これらを組み合わせて玄関扉につけるだけ。がなかなか売ってない。一応私のくつは1つにつき3本のをつかってますが、深い意味はないです。

 

テントはもちろん冬山用の道具までそろえると結構収納スペースが必要。登山靴が普通の靴箱に入るわけもないしね。だから発想を転換して見せる収納。その基本がこの玄関を利用した登山靴のディスプレイ。本当ならばピッケルとかも飾りたいのだが、そこはまだまだ。。まずはごつい奴からで。

 

 

 




「すのこ」で傘立

平成のマストアイテム:すのこ



昭和から続くマストアイテムはカラボだが、平成からすのこを使った作例が増えてきた。100円shopでも売っているし、軽いし、強度はないけど、板代わりとして気楽につくれる。その中でも活用例として一番お勧めなのが傘立て。すのこを二つ木工ボンドで張り合わせるだけ。何かのDIY記事に載ってました。だけど、検索したら出てこない。なのでうちでもUPしておくことにした。

 

ポイントは

,垢里慨兇鬚覆すために両端の部分とる

▲好謄ぅ鵑任覆100円塗料で木材着色

L字金具で転倒防止

 

,蝋イ澆量簑蠅世韻鼻一般的なDIY記事で不満大なのはステインによる木材の着色。すのこは色が薄すぎる木調なので、塗った方が高級感も耐久性もでる。けど、すのこでつくる作品にステインまでは必要ないでしょう。茶色のアクリル塗料をかなり薄めて塗ればOK。普通に塗ると木目がなくなるので、あくまでも木目感は残したい。

 

あと個人的には必須だとおもうのが これがないと倒れるんですけど、、、参考にしたDIYの記事にはのってなかったけど。あくまでもすのこ2枚を張り合わせることで、ちょうど傘の太さにマッチする薄型傘立てになるのがポイントなので、は必須だと思ってます。

 

 




| 1/22PAGES | >>

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM