悪天候の聖岳でつがいの雷鳥に出会った


雨の中の登山において、雷鳥に出会えるならば幸せだと思える。

昨年(2014)のお盆の南アルプスの聖岳〜赤石岳〜悪沢岳の登山はTOP30制覇のための最後。そして登山の殆どが雨だった。。

2日目午前の聖岳山頂から兎岳に向う方向へ降って30分ぐらいでつがいの雷鳥にであった。昨年も雨の中、雷鳥を見たが、今回はつがいだったから非常に嬉しかった。3日目の赤石岳も雨。4日目朝は好天を求めて千枚小屋から再び千枚岳に行ったけど、その時は晴れ間が見えてきて、虹も見えた。そんな意味では、満足すべきかもね。

2日目午後の15時に雨が止んだので百間洞でのテントから足を伸ばしたら、赤石岳の向こうに富士山も見えた。北アルプスも見えたし、塩見岳も見えた。そんな意味では感謝すべきだね。



今回のベストショットは赤石岳頂上手前のこちらの写真かな。同行者とたまたま登山道にいた人の2名が写ってます。

椹島(さわらじま)近くの水場も綺麗で、そういう意味では行ったかいがありました。

他のリンクを貼ってない写真はこちらで。
 



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM