なぜこの世に意志が生まれたのか?

最近、スタンフォードの美人教授の意志力に関する本が話題になっているけど、こういう事いうと怒られると思うけど、西洋文明に属する人はダメなんだよね。この設問を本気で考えることをしないから。神の概念をベースにおく限り、「この世は神の意志でできた」という形になるから。

この設問が嫌ならこちらでもいい⇒ 「動物って意志ってあるの?」
たとえばゴキブリ。ゴキブリって意志ってあるの?ゾウリムシは?

個人的にはあいつら(とりあえずそう呼んでおく)は、単純な入力系⇒出力系の連鎖であって、意志はないと思う。そんなこというと、「本当は人間だって意志なんて影絵じゃないの?」とも言えるし、汎心論じゃないけど汎意志論を組み立てることもできる。「全ての生物に意志がある」と。

この両極端を却下すると、「意志の定義」こそが必要と誰でも気づく。
ところが、誰も意志の定義なんてちゃんとできてない。

2000年、M1の頃、この答えが分かっていたらあのままガンガンに教授と喧嘩できたのになぁ、と思う。「今のAIの理論はこういうコトを真面目に考えてないダメなんだ」と言ったら、「そんなのは有名になった研究者が考えればいい」とのたまった教授。

確かに社会に出て数年たつと、正しいのは教授であって、愚かなのは自分だったことが分かる。困難すぎる問題に人生を費やし、使えないオーバードクターになるぐらいなら、手に職就けて、人並みに就職し、人並みに家庭を築き、人並みに幸せに暮らす方が幸せと分かるから。すくなくとも学卒で就職した研究室の同期は、研究室でJavaをとことんやれた事について、教授に感謝してるから。「君は院にいかないのだからJavaでプロダクションシステム作りなさい」というのは、本人の将来を見据えたいいアドバイスだった。

そして、使えない人をドクターコースに行かせて、本人の将来もつぶし親御さんまで悲しませるのなら、「お前はセンスないからドクターに行くな」とはっきり言うことが優しさというのも、社会人5年もすれば痛感できる。

けど、さ、この世には「働きながらも忘れられないこと」ってあるよ。

ほんとは「センスないからやめろ」と言われた方が素直に諦めれたのかもね(笑 「考えなくていい」なんてアドバイスに従うような人生は100回生まれ変わってもごめんだ。確かに自分はコンピュータ系の中でも純数学系にちかいチャーチの定理とかは全くセンスは無かった。けど、AIやるのに仏典ひとつもまともに読んだ事が無い教授も論理以上のセンスはなかったよ。

結局、この「なぜこの世に意志が生まれたのか?」について答えを出せるようになったのは2008年だから卒業後6年間かかった。それが長いのか短いのかそれさえも分からない。けど、この答えには結構自信持ってます。どれくらいって、以前にも書いたようにR KellyのRぐらい(笑

けど、この答えはここには書きません(笑 ここら辺はHHAIの核になるから、特許とらなかん(笑

じゃあ、なんで、ここに書いたかって?
うーんと、そろそろ俺と志を同じくする若い仲間を見つけたいんだよね。あの頃と同じ位の情熱とセンスと持つ若い人が2名ぐらいほしい。そしたら3人でFacebookやAmazonやGoogleなんてメじゃない世界が目指せる(笑  




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM