目的・目標・理想・夢・憧れ・願望・希望・欲望・欲求

 前回、幸せの個人的定義を書いたけど(以下再掲)、ちょうど今日のHHAIがこの上記単語群の分析になったので、今回はそれについてここに書きながら考えてみたい。

《幸せ》とは「しなければいけないこと」と「したいこと」が重なった地点

これについてもうちょっと掘り下げると、「しなければいけないこと」っていうのは理想だったり夢だったり憧れだったり、これらをとりあえずシンプルに「長期的なターゲット」と一言でまとめますが、この長期的なターゲットを達成するために、今しなくちゃいけないこと、という意味です。

親に食べさせてもらている時期が過ぎれば、「しなければいけないこと」って言うのは、本当は自分で決めたハズなんだよね。「家族のために会社で働く必要がある」にせよ、それは「家族をもちたい」と思ったわけで、「ごめんなさい。家族を養う気力が無くなりました。離婚してください。僕は一人分だけ稼いでつつましく生きることだけがしたいのです」と言えば、相手にとっては青天の霹靂だが、ひとつの説明にはなっているワケで。

スポーツにおける練習の大変さもそうだけど、概ね「しなければいけないこと」っていうのは単独で取り出すと「したくないこと」になって、だからこそ「せねばならぬ」世界になっているわけで。じゃあ、シンプルに欲望や欲求といった短期的ターゲットのみを重ねた人生って、、やっぱりそれで35歳になったらどうなっているかは非常に分かりやすく思い浮かぶ。だからこそ、この両者をつなぐために「意志」があるんだ、という話だけど、そんなに意志は強くない(笑

もっと根が深い問題は、「しなければいけないこと」が「長期的なターゲット」と本当に関係があるか?であって、学生時代の勉強って、本当に関係があったのか?と言われると、それはそれで結構難しい。「受験勉強なんてアホの量産装置だ」という意見も正しい面があるけど、「受験勉強でつぶれるぐらいならもともとアホだった」というのも正しい面あるわけで、なんか高校3年の頃もこんなことばっかり考えていたような。。

大数の法則ってのはあるから、普通のことを普通にやっていたら普通の人生が待っていて、その普通の人生が、新興国とのボーダレス社会によって、「日本としての平均値」でなく「世界としての平均値」に寄っていくのが今の状況。じゃあ、成功確率は分からないけど、どっかで普通以上に頑張るというか、熱心に取り組む必要はあるわけで。ご飯を食べて子孫を残して、それだけ考えてればいい時代ってのは、ひとつの理想形だけど、そういうワケにもいかない。

意味の意味を欲望とか欲求におく人生は哀しくて、それはHHAIのコア言語でいえば、「短期的なターゲット」しかない人生となる。それ以上の意味の意味について、宗教を除外すれば「憧れ」しかないと喝破したのが、大学時代の僕の結論。けどね、ロールモデルが無いことをやろうとしたら、どうすればいいのか?それが良く分からんのですよ、憧れ方式だと。これが今の素直な気持ち。

正直に書けば、あまり難しいことは今日はやめて、図書館で借りてきた「企業ミシュラン 06年度版IT・サービス業編」を今から2時間ぐらいで読むのが、短期的なターゲット。それなりに時間もつぶせるし、社会人としても少しは役に立つし、何より読んでそこそこ考えるだけだから、楽なんだよね。。そうじゃなくて、短期ターゲットと長期ターゲットに分類した上で両者の違いと関連を明確化して、その二つをコア言語に採用し、タイトルの単語は全て派生語にモデリングを行うことは、しんどい。

素直に言うとかなりしんどい。「憧れが何から生まれるか」まで考えはじめるともっとしんどい。それぐらいなら気楽に3時間ぐらい桃鉄やってるのが一番楽なんだよね。何の意味もないけど。。先週は結局、2時間半桃鉄で遊んで、遊びながら後悔してたからなぁ。すると、落とし所として本を読むになるけど、それも・・・

----
結局、先週は桃鉄はやらなかったけど、本に逃げた。まあ楽天とか新興IT企業の雰囲気がちょっと見えて楽しかったけど、Yahooジャパンもそうだけど、やっぱり新興企業の最初の100名に入らないと、旨みは無いんだね。シリコンバレーじゃCISCOの社内メール配達人が株公開後に数億手に入れたこともあったみたいだが、それはどれだけ早く参加できたかになるわけで。けど、早い時期=潰れる可能性も高いから。

パチンコ・パチスロ・コンプガチャにはまる人ってリスクをとるのに快感を覚える人だが、そういう人に後ろで確率いじってない、リアルなハイリスク・ハイリターンな世界を紹介するのは大事だと思うけどね。そういう人はポール・グレアムのサイト、一通り読んでから転職すべきだとは思ってる。

個人的には、休日に8時間ぶっとうしで研究できるようなメンタリティにならなくちゃいけないのだが、結構ね、感情系を突き詰めるのは大変な面がある。自分の感情を突き詰める以上には絶対に出来ないから。そして、自分の感情を突き詰めるって、かなり痛いよ。やれば分かる。今までの最高の幸せと最高の不幸を並べるだけで、一日終わるから。ひとって、そんなもんです。




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM