富士山頂 2012/08

富士山登ってきました。
静岡在住の間はほぼ毎年登っていたので、これで9回目の登頂。今年は今までで一番天気が良かった。まさか富士山頂から北アルプスまでが見えるとは。感激です。

[登ったコースと簡単なメモ]
仕事帰りに新宿に行って、そこから山梨県側の吉田口まで高速バス。この高速バスのおかげで非常に安価に東京から富士山にいけるのは嬉しい限り。その分だけ込み合っているのだけど。木曜日の夜なのにバス2台が殆ど埋まっていて、かつ半分は外国人。それもびっくりだった。

吉田口からは延々と頂上に向けて登り始める。ご来光のための夜間登山はこれで3度目だけど、今までは登る前に3時間程度の仮眠をしてた。今回は仕事帰りで吉田口についたのが21:50。そのまま登ったので、かなりハードだった。。


8合目でご来光。空が非常に綺麗で、これだけ見晴らしがいいのは初めて。頂上では当然お鉢めぐり。剣が峰は混んでたのでパス。あまりに見晴らしがいいので全方向で写真撮ってました。

下山は須走口。個人的に吉田口の降りは道が固すぎて疲れると思う。2002年の頃は良かったけど、2008年の時点で「降りの吉田口はパス」と痛感したので。最後の登りも疲れるし馬の糞は臭いし、あまりいい思い出ない。その点、やっぱり須走ですよ。そこから御殿場までバスで行って、本当はアウトレットなり温泉なり行く予定が、疲れていたのでそのまま高速バス。

吉田口に下山するより千円弱交通費が高いけど、個人的には須走の下山を薦めます。

こちらにシンプルに写真をおいたので興味ある人はどうぞ。

----
今まで富士山に何度も登ったのは単純に近くに住んでたから。けど、小学生の時に登って以来、どうしても心残りがあったのも大きな理由。「わーい、富士山の山頂だぁ。日本で一番高い場所だ」と思った瞬間に、もっと高い地点がある事に気づいた。特に富士宮口から登ると頂上のすぐ横に剣が峰があるから。けど、あの時は剣が峰まで登る体力は無かったし、時間的な理由もあったんだと思う。連れて行ってもらっただけだからそこら辺は殆ど覚えてないけど。だからいつか剣が峰に登ろうと思ってた。そのために社会人一年目の2002年に同期を誘って2度目の登山をした。

それでやめても良かったのに毎年行っていたのは駿河湾。
小学生の頃に登った時、富士山頂から見た駿河湾が凄く綺麗だったんだよね。あの風景が幼心に焼きついていて、もう一度見たかった。けど、夏の時期に富士山頂から駿河湾が見えるタイミングって滅多に無い。これまで何度トライしてもダメだった。毎年登っているうちに、会社の新人や学生時代の友達に声かけて皆で登りに行くのが好きになって。

小学生の頃に富士山に連れて行ってもらったこと、やっぱり凄く感謝してる。保育園の同級生のお父さんが信州大学の山岳部出身の山男で、近所の子供を集めて色々と山に連れて行ってくれた。だから昔は当たり前のように色んな山に行ったりキャンプをしてた。数え切れないほど。

「自分は富士山に登った事がある」
という経験は、最後の拠り所の一つになると思う。誰だって生きていれば色々と生じるけど、やっぱり何かしらの支えの有無は大きな違いだし、富士山に登った事実はその大きな支えになったから。だからこそ、特に会社の新人を誘ったんだよね。

今回、駿河湾も凄く綺麗に見る事ができたから、そういう意味では長年の目標は達成できた。
会社内でも新人教育から配置換えになったし、声をかけたらついてきそうな友達にも大体声をかけた。そうこうしているうちに、いつのまにか登頂も9回になったから、どうせなら10回は登ろうと思ってます。来年も行くのか、60歳くらいで行くのか、そこら辺は現在未定だけど(笑







コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM