脳トレ→知のアスリートを目指して

 「頭を良くするにはどうすればいいか?」

そもそも何をもって「頭を良い」とするのか大前提があって、とりあえず思いつくのは以下の3つかな。
ゝ憶力がいい
発想力がいい
O斥思考がいい

昨今、流行の「地頭がいい」とは記憶力以外の部分に焦点を当てていて、それは「一般的なテストの成績が記憶力と効率的な勉強方法で決まる部分が大きい」ことに対する反省なんだと思ってる。記憶力が良くて色々な知識があればあるほど、自由な発想は制限されることが多い。逆に全くベースが無い状態で発想しても、お好み焼きにケチャップかけるぐらいが関の山だとも思ってる。自由な発想では論理的な整合性を一旦横に置いた方がいいけど、実際の現実世界に落とし込む時は、矛盾の有無は非常に大事だしね。

そんな意味では、これらの中のひとつだけを選んで鍛えるのには危険も多いと感じてる。全て均等に伸ばせればいいけど、それはなかなか難しい。ただ、これらの能力を支える共通基盤が存在していると思ってて、その基盤を伸ばすのが指体操に代表される脳刺激や、通勤電車の中でやってる人も多い数独だったり、DSで脳トレだったり。もちろんこれらには効果があると思っているけど、もっとプリミティブなベースラインがあると思ってます。

野球選手でもサッカー選手でも一流になると左右両方を使えることが多い。スイッチヒッターだったり、左右の足でゴールを決めれたり。これは知の分野でも同じだと思う。ダビンチが両利きだったように、歴史上の有名人でも両利きの人がそこそこいるのもそう。一番影響されたのはある本。名前を忘れたから正確な引用が出来ないけど、「もともと人間は右利き・左利きという区別は無い」 生まれた時から片方の手しか使わなかったら、残った手は足の指ぐらいしか動かなくなる。だから自由にしておけば子供は素直に両手を使って遊ぶし、片手で遊べる器具も、たまに持ち替えて遊んでいるという事実。だけれども、スプーンや箸やクレヨンのタイミングで親が片方に固定しようとする。その時、たまたま右を使ってたら右利きになるし、左を使っているフェーズなら左利きになると。
この本を読んだときに、じゃあやっぱりいつかのタイミングで、両利きを目指すのが本当の自然な発達だと思ったワケです。それが25歳前後。

ということで、ここでは両利きになるための私が実践してきたステップをご紹介しようと思います。
一般的な両利きの人って、左利きが矯正された事が多いのですが、私は純粋に右利きでした。これまでに両利きの努力をしたのは、中学のバスケ部で左でドリブル練習をやったぐらいかな。そんな人が、「利き手の逆側でも普通に字が書ける」のを目指すためのステップです。もちろん逆の手で包丁が扱えるとか、バットで打てるとか色々とあるけど、まずは「字がかける」のが大きな目標だと思うので。


〆玄蠅濃磨きをする
∈玄蠅妊院璽織い鯀犧遒垢
左手でマウスを操作する
ず玄蠅妊肇薀奪ボールを操作する
ズ玄蠅波い鮖箸
左手で字を書く

これが私がやってきた経験を基にご提案するステップです。
ちまちまやってきたので全部で6年ぐらいかけてΔ泙罵茲討泙后0媼嬰にやれば1ステップ3ヶ月〜半年ぐらいでいけるかもね。最初に,鬚笋襪箸曚辰擇忙ブラシがあたりまくりで痛くなります(笑 △麓造呂笋辰討泙擦鵝あんまりケータイメールを使わないので、,亮,豊をやってました。最初の山場がかな。左手で普通にエクセルやパワポの資料が作れるようになるのにはそれなりの時間が必要です。

PCを操作してたら「あれ?左利きだったけ?」と会社で何度か言われたことあります。「PC操作は左と決めているので」といつも答えてました。「ふーん(まあこの人変わってるからなぁ)」というのが一般的な反応でした(笑 トラックボールは左手用が売ってないので、両利き用(人差し指用)を買う必要があります。あれ、昔より安くなってるなぁ。昔は7000円ぐらいしたのに。トラックボールで普通に操作ができるようになれば、イ呂修鵑覆剖賚しません。そして最後の山場がΔ任靴腓Α

今、Δ鮗茲蠢箸鵑任い泙后0媼嬰に左手に切り替えて3ヶ月ぐらいかな。仕事はPCで操作が多いですが、自分のメモとかは左手で書いてます。国語の学習帳も買って、一日一ページを練習してます。もちろん普通のノートのA掛の幅にも左手で書いてます。やっと右手の80%の速度で書けるようになってきました。字の綺麗さも70%ぐらいになってきたかな。目標達成の9合目ぐらいまで来た感覚です。あとちょっとだね。左手で包丁は迷ってるなぁ。

これだけやって何か変わったのか?具体的にお見せできる結果はありません(笑 
左手は右脳につながり、右脳はイメージ操作がメインらしいですが、うーんどうだろうね。ただ、こういう効果の確実に出る努力の積み重ねとその達成感が、次の意志を生むベースになるので非常に大事だと思ってます。逆上がりや縄跳びの二重跳びとか、子供の冬休みの目標じゃないけど、大人もこういう目標を立てて地道にやる事があってもいいと思ってます。仕事の目標は他の要因が大きすぎて、努力したのに上手く行かなくて凹むことも多いからねぇ。もっとシンプルに努力が報われる世界があってもいいし、そこでの努力が最終的に仕事等でも好影響を与える分野、といえば間違いなく両利きだと断言しておきます(笑

興味がある人はお勧めですよ♪





コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM