座禅ノススメ


 今日、コンビニに行ったら、手相占いとかの本に混じって「はじめての禅」という本があってびっくりした。中身をぱらぱらめくってたら、禅宗の紹介から始まっておうちで座禅のコーナーもあった。女の子がふっと手に取ってしまうカバーといい、時代はそこまで来ているのね。昔は座禅なんて変わり者の最たるものみたいな扱いされたけど、座禅自体にネガティブな印象が無くなりつつあるのは非常に良いと思う。もっと前からそんな雰囲気になってれば、飲み会とかで普通に「家でたまには座禅してるよ」と言えたのになぁ、、とさえ思ってしまった(笑 以前にも座禅をテーマに書いた身としては、ここで時代に乗り遅れない?ために、改めてちゃんと書いてみたいと思います。

ちなみに横の画像は若き日のジョブスです。ジョブスが禅:Zenに入れ込んでいたのは有名だけど、このTIMEの表紙はかなりいい。結跏趺坐の上にmacを抱えているポーズが堅苦しくない禅への距離感を見せていて、本論のイメージ画像として最適と判断したので、チョイス。

〆汰気箸蓮意識を保ちながら寝てる状態と同じ脳波を達成するのが目的。リラックス&発想力
完全に目を閉じないのも寝ないため
独特の手の形:印は寝てるかどうかをチェックするため。指が崩れたらそこで気づける

サイトなのか本なのかも忘れたけど、以前に上記のような文章を見た。非常にシンプルにまとまっていて素晴らしいと思う。今まで意味も分からず印を結んでいたけど、そんな意味があったとはね。。普通、印は臍の前で両手で組む形なんだけど、個人的にはいつも両膝の上にそれぞれ手を置く形にしてます。なんか、こちらの方がしっくりくるから。印の形とそこから導ける発想の違いについては、もうちょっと調べたいと思っているけど、密教みたいな複雑な印までするのはビビってます。

12歳前後の頃、漫画?で、「夢の中で、今自分は夢を見てると気づいたら、普通はその瞬間に目が覚める。けど、そこで目が覚めなければ、夢の内容を自由に変えれる」という話を読んで、非常に興味を持った。それ以来、何度かトライしたけど、一回だけ目が覚めずに夢の中にいつづける事が出来たときがある。その時は「じゃあ、空でも飛んでみるか」って飛んでたんだけどね。

そんな意味でも、瞑想状態というのは「意識がある&寝てる時と同じ脳波」と定義すればいいでしょう。ただ、個人的には座禅中に寝るのは全然構わないと思う。自分自身も座禅中に眠くなったらそのまま布団に入って寝るしさ。座禅なんて、必要性があって初めてすればいいのであって、寝ちゃうぐらいの問題意識の時はすぐに寝ればいい。個人的に座禅というのは「何も手がつかない」「寝付けない」時にするものだから。もっと根本的に考えれば、

そもそも何故、人が座禅をする必要があるのか?
座禅とは「複数の感情がぶつかった時」や「感情と意志がぶつかった時」の解法だからだと思う。意志の強さで抑えれる位の出来た人には座禅は必要ない。寝付けない夜、ムシャクシャした気持ち、そんな時ほど座禅。もちろんそこでお酒を飲む人もいる。気分転換にゲームとかする人もいるし、オヤツとか食べ物に流れる人もいる。

けど、あれこれ考えて寝付けない夜の一番の最短ルートはとことん正面から考え抜くことで、
そのための戦闘モードこそが座禅。もちろん戦う相手は自分自身の弱さと愚かさ。それこそが座禅だ。


これまでの個人的な結論として、座禅をしないと結論が出るまでに3ヶ月ぐらいはかかる。そして、その間は迷ってて効果的な行動がとれない。結局、結果は運任せになる。座禅をすると悩む期間が3日程度になって、その後は的確な行動がとれる。もちろん、いつも座禅をするわけじゃないです。2ヶ月に一回ぐらいかな。


先日、大学時代の友達が遊びにきて色々と話し込んでた。
部署が変わって、上司と仕事に悩んで寝れない日もあるらしい。「俺はチャレンジ精神が無くて・・・」と言ってた。そこまで冷静に自己分析してるなら、あと一歩なんだよね。その一歩こそが座禅で得られると思う。
「え、大学時代におまえそんなことしてたの?」
「あれ、言わなかったけ?別に隠してたわけでもないんだけどなぁ。けど、いまの君の状況なら座禅でもしてもうちょっとその先を考えてみたら?」
ということで、ここに書いたようなことを喋ってました。そんななんなでここに書いてます。


座禅のフォームとは?
座禅の足の組み方は、股関節の柔らかさと関係あるから、無理して結跏趺坐は必要ないと思ってる。椅子の上に座るのも個人的にはアリだと思う。そのコンビニの本も椅子での座禅を紹介してたしね。個人的には半跏不座をもっと崩してます。ただ30分以上してると、段々足を引っ張りあげて半跏不座に近くしていきます。時間が長くなるほどちゃんと体重を分散できるフォームが必要になるから。座禅用の布団はミニバランスボールを使ってます。そこら辺はこちらに書いたとおり。

一回の座禅の長さは?
考えるテーマによって違うので10~45分ぐらいの幅があります。流石に一時間以上は出来ないです。もちろん一回で決心できない時もある。けど、大体3回ぐらいすれば、次の手までの決心は出来るから。その迷いの無い行動こそが、一番必要。

座禅中に集中できない人は?
正式回答は「呼吸を意識しましょう」なんだろうけど、個人的にはもうちょと楽にしていいと思ってる。だから、以前に書いたように、その時の気分にぴったりくる音楽を聴いてます。やったことはないけど、台所の蛇口から水をポタ・ポタ・ポタって流すもいいかもね。そうそう部屋の電気も消して真っ暗にしてます。「寝れるなら、寝ればいい」というスタンスなので。


ちょっと締めが悪いけど、今思いつくことは全部書きました。何か質問・疑問があったらコメントください。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM