クラステクノロジー:コラムが面白い(第一弾)

仕事で検索していた時にみつけたIT企業のクラステクノロジーの社長のコラム。その時は技術論だったけど、それ以外の内容も凄く面白い。定期的にチェックしていたけど一時期更新頻度が下がって残念に思ってました。最近また復活していることを知ったので、数回取り上げたいと思います。

父原病に関する一考察
子供に対する影響度は接する時間の多い母親の方が強いが、やっぱり子供にとって怖いのは父親。この文章で一番納得したのが、
父親のタイプが圧迫上司型とかフレンドリー型とかマニュアル型とか無関心型とか分類しているがそんなのカンケーネーと思うのである。

筆者はこれらの背景は全て共通していると考えている。それは何か?
ズバリ言うと、父親が嫌な奴なのである。性格の悪い嫌なオジサンなのである。
原因はそれに尽きる。
独断と偏見に満ちた私見であるが以下に説明してみたい。父原病の真の原因である。

子供は10歳(小4)を境に親を絶対的な存在から客観的な存在へと見方や価値観を変える。それが成長である。
この時に父親および母親を人間として客観的に評価するようになるのである。もしその時に父親がとても嫌な奴、性格のネジ曲がった卑怯で陰険で臆病者だと知ったら、子供は彼の言うことを聞かなくなるし大嫌いになるのである。
この現象を昔の大人は反抗期と呼んであたかも原因が子供にあるように論じたが、実態は子供が成長して社会性を身に付けたときに親父は嫌な野郎だと判っただけの話である
ついついい太字にしてしまったです。ホントその通り。会社でも嫌われている父親は家でも嫌われる。この真理を何故今まで誰も明言しなかったのか?不思議なくらい。

家族というのは子供の方から破壊することがとても困難なコミュ二ティである。それ故、子供が破壊するときにはそれこそ血を見るような行動を伴う。

その通りやね。もっとハッキリ言うと中学生ごろになって身長が父親に近づいてくるのが悲劇のタイミング。逆に中高で親に反抗しなかった人は、結局、引きこもりなることはあっても、明確な形で親には反抗できないと思う。それは反抗する勇気が無かったのか、親の物言いが成績をネタにしたりで、子供に理不尽を感じさせない陰湿さがあったのか、そのどちらかだから。

大体、勉強が嫌いな子供に勉強を強要させること自体が暴力であるということに多くの親は気付いていないし、書斎も本棚もないような家から、学問好きの子供 が育つはずがないということを、親は全く理解していない。ただ強制的に塾に通わせても子供が学問好きになるわけはないのである。塾や家庭教師で学問好きの 子供ができるなら、いっそのこと金持ちになる塾にでも通わせて大金持ちになる方法でも教育したほうが手っ取り早いと思うのだが、残念ながら代ゼミでも河合 塾でもそういう講座は開設していない。
そうなんだよねぇ。勉強が嫌いな子供には、まずは上質な科学番組を見せるべきであって、いきなり教科書開くのは間違ってる。家族に本を読む習慣があれば、子供も本を読むようになるし、ある程度本を読めば、平均レベルの成績はでる。スポーツ一家が、適度に休日に体を動かすように、こういう家としての無形文化ってのが大事なんだよね。「獲得形質は遺伝しない」のが今の学界の常識だけど、幼年期の行動ってのが人間の成長には凄く大事で、その内容は99%親が決定権を持っている。そういう意味で、やっぱり獲得形質は次代に伝わるよ。

だけど、単純に昔の自分の行動と全く同じ行動を強制させようとする人はダメ親にしかなれないけどね。その当時の社会状況や近所づきあいや子供同士の関係、そんな中で始めて行動としての意味があるから。自分自身が「野球部だったから子供にも野球をやらせる」みたいな発想しかできない親は、プロといえば野球しかなかった時代を客観視できてないアホです。うちの父親もそうだったからよく分かる。家としての無形文化は存在するけど、まずは文化の本質について考えるべきであり、型稽古をやってきた立場からも形から入るのを一概に否定はしないけど、単純に自分の幼年時代を子供に模倣させれば良いと思ってる男性は、どれだけ社会で成功していたとしても、やっぱりアホです。

特にここまで書いても、「勉強」はどの時代でも成功への近道だと反論したがっている父親が一番救いが無い。答えが分かってる既知問題が早く解ける人をこれ以上量産したって、今後の日本の将来は悪くなる事はあっても、良くなることは絶対にない。それよりも、子供のセンスと可能性を信じ自由にさせるべきだ。何か伝えたければ、背中で語れ。それが日本という国の、父親としての無形文化だ。




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM