乾電池6個をACアダプター化

乾電池の長さの「棒」がポイント


家で使っているテプラが動かなくなった。くまのプーさんモデルらしいが、乾電池6個必須というふざけた仕様。電気使用量から充電式にしていたが、テプラの使用頻度は波がある。結果的にたまに電池を6個入れて、使い終わったら外すという運用。これはメンドイ。今回はエネループ以外の安価な充電式を買ったら液漏れが原因と判明。

 

キレてACアダプター化することにした。こういうときのために家電が壊れてもACアダプターだけは捨てない。お風呂用のCDラジカセのACアダプターがちょうど9V。テスターで測ると10Vあったがまあこんなものでしょう。

 

ケーブルを途中で切って乾電池をセットする場所に半田付け。ところがなかなか半田が乗らない。10分ぐらいあれこれしているうちに棒を思いついた。接点を増やすために片方はアルミ。これを乾電池の代わりにセットするだけ。写真はマイナス側をはめて、プラス側の棒をテプラのカートリッジの上においてる状態の写真です。

 

これなら後からでも乾電池使用に戻せる!

なので、同じ悩みの方のために紹介しておきますー




コメント
コメントする








   

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM