童貞からの長い手紙

やれたかも第4巻

前回、好き勝手に色々書いた立場としてはいつもの短編集でなく「童貞からの長い手紙」として一冊丸ごとひとつのストーリーになったことにまず敬意を表したい。

 

また3巻までに登場する男性は比較的普通に女の子と話ができたりするタイプで、もっと全然女の子と接したこともない喋ったこともない男というのは世の中にたくさんいて、「やれたかも委員会はそういう読者を無視しているのではないか。」という意見もあり、、

 

作者の気持ちは良く分かる。そしてCakesなどの閲覧数が減って、Twitterのリツイート数も減るのも分かる。ここら辺はヒロイン以外の添島先輩とか奥様との馴れ初めがあれば良いと思うが、あまり書きすぎると「そういう読者像」から外れるとは思う。長編だから真逆な同期の安田くんの驚愕な事実&清算の後日談まで描ける。現実世界においてはこういう驚愕な事実はよくあることだし、清算なんて滅多に無い。この後日談はあくまでも「そういう読者像」への心の安らぎだと思うけど、安田くんみたいなタイプは結婚した後も浮気をやめれず、いつか家庭崩壊、、うーんちょっとあるかな?


「同じような話を繰り返している」と思ってしまう作者の自問自答に対する答えになっているのだから、この第4巻は正しいと思う。前回までで少し飽きつつあった塾長のコメントは、今回の主人公が取り乱した場面で非常良い態度。長い話に滅多打ちする満子女子も納得だし、そんな滅多打ちに取り乱す主人公、やさしく手を差し伸べる塾長。この部分の醍醐味はすばらしい。もっと良いのは満子女子のそこからの追い込み。40過ぎてまで忘れられない男に「付き合ってても3ヶ月ぐらいで自分から振っていた」「ふることもできずメアドを変えて逃げ回っていた」までの可能性を見せて甘美&どん底のダブルパンチ。アッパーと顎を上から叩きつける打ち降ろしを一気に決めるような。

 

「試験の時間を知らない人がどうやって合格するんですか?」

という言葉は重い。

 

-----

その上で、改めて考える。前回も「答えは言語化できないし、言語化しても余計に酷くなる」とは書いた。

 

恋愛を言語で考え、言語を使って妄想するのが失敗の根本

まずこれを声を大にしていいたい。自分自身もそうだけど考えるときに頭の中で喋るタイプ。「このあとこうなって、そしてああなって」とシーンの変化にいちいちナレーションをつけたくなる人。そんな男性が失敗する。じゃあどうすればいいか。言語の世界から出ること。けど、そんなに簡単に感性の世界にはいけない。だから、うーん、うーん。。

 

今回の長編がどこまで投稿者のリアルで、どこまでが作者の挿話か分からないけど、ヒントはある。この本のそういう優しさが好き。この本だけで悶々とする中学生に優しい。今回は「もうすぐ筧くんが来るかもしれないよ」そこで黙ってしまう主人公。ちゃんとヒロインを好きならちゃんと彼氏を乗り越えないと。その覇気を問うている。両場面で黙る主人公は、それが決定的なミスなことに全然気づいてない。

 

結局、筧さんはあこがれの先輩なんだね。お似合いカップルとしてのヒロインのことが好きであって、ヒロイン自身を見てなかった。もちろん初めて知ったときから二人は付き合っていたけど、二人の距離感は常に変動している訳で。ひとつのベットで同衾して初めて「きちんと日野先輩をみるんだ」と気づいた時点で遅いし、そこでみたら「疲れてる」と感じるのは正しい。ベットの100歩手前で「きちんとみる」ことに気づかないとね。

 

もっと一般的にいえば、この漫画が繰り返しになっているのは作者のせいでなく、単にみんな同じ地点で悩んで失敗している訳で・・・。そろそろ答えは欲しい。まさかボードゲームまで発売されているのにはびっくりだが(笑、このゲームで遊べばスキルはあがるのか?

 

現時点でいえるのは、

「男子校・女子校には行くな 特に兄弟姉妹で異性がいないなら」

「この漫画を中1(中3より手前)で読んでおけ」

ぐらいしかアドバイスできない現実もある。日本の少子化を止めたかったら、この漫画を中学生の読書感想文にすべき。一点突破のN党も党是を変えてもいいぐらい。

 

その上で考える。女性側の話をどれだけ集めれるか。けど、五年以上もまえのやれたかもなんて普通の女性は考えない。根本的な性差。第三巻では二人の女性が登場。チンポジはどっちでもいいけど、もう片方の結果にはびっくりした。塾長もコケテルしね。あれが本当の怖さなことに男性陣は気づくべき。確かに当時の自分は全くくきづいてなかった。ここまで書くと語弊あるけど、人に依存してない。よく男性の性欲は対象を拘らないというけれど、男性だけじゃない。女性にも対象を拘らない性欲はある。多分、90%の男性はそんな世界を知らずに死ぬ。知らなくていい。けど、根本的な男性のやれたかもは女性のそこを全く見えてないからかもね。あの第三巻のあの話をヤリマンと切って捨てる男性にだけはならないでね。今回の安田くんとヒロインはお互い凄い好きじゃないけど、たまたまそんなタイミングだから。生きて るとそういう時もある。

 

 




コメント
コメントする








   

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM