メタルラックに自作の追加棚

追加棚を制するものはメタルラックを制し、
メタルラックを制するものは収納を制し、
収納を制するものは部屋を制す。



「東欧を制するものはハートランドを制し、ハートランドを制するものは世界島を制し、世界島を制するものは世界を制す。」

格好つけて地政学の言葉を真似てみましたがホントこの通り。「新型コロナの関係で在宅勤務が広がる状況なので急遽ノウハウ共有」ってほどでもないですが、テレビ会議のときに家の中のどこに行くか結構悩む。すっきり整頓されて収納されている部屋だと出来るオーラ漂うからなぁ。これまでスーツや腕時計に向いてた意識も変わるかもね。

 

メタルラック/スチールラックと呼び名は複数あるけど、記憶では2000年以降に広まった。それまでの棚はネジを使っていたのに、メタルラックはミゾとプラスチックだからほんとイノベーション。1枚の棚板の対過重が50kgぐらいあって、シルバーの輝きも映える。値段も高くない。追加の延長ポールやつっぱりポールを買えば天井まで棚にすることもできる。

 

最近は2x4を使った棚(ディアウォール)やボルトラックもあるが、ディアウォールは重さの制限もきついし、4本にしないと倒れてくる可能性がある。天井までの長さの木は分割できないので、使わなくなったときに保管するのも大変。ボルトラックで身長を越す高さは無理だから。


 

けど、メタルラックにも大きな欠点がある。それが追加棚のコストの高さ。専用品しか取り付けれない。なので私は1mのナガネジを使ってます。基本、横幅90cmのメタルラックを買うので、1mのナガネジがちょうど良い。コーナンだろうとカインズだろうと大きいホームセンターなら売ってます。1本200円もしないぐらい。それを2本つかって棚にする。メタルラックを二つ買って、延長ポールを買って、ナガネジを6本ぐらい買って、全部で3列の棚を作る。2つのメタルラック+2000円未満の予算で3つ作れるお得さ。すると壁一面がメタルラックになって収納には困らない。

 

「そんなに棚いらない」かもしれないが、メタルラックの奥行き46cmはワードローブになるし、TVを置くのも楽。安定感を出すにはさすがに真ん中の列にも通常の棚を入れるのでサイドバーも欲しいが。

 

 

これに気づくのに10年ぐらいかかった。。いままでちまちま追加の棚を買っていたので、今は上から1枚目の写真のような両側がサイドバーか、2枚目の写真のような応用例だけですが、次引っ越しするときは一気にやりたいと思ってます。

 

絵で書くとこんな感じかな。

 

----

そうそう大事なことを忘れてた。当然ながら長ネジでつくった棚は重いものはおけない。それだけでなく、こうやって活用すればするほど床にかかる荷重はあがるのでメタルラックの足には板をおいて分散させてます。じゃないと床が凹むからね。こんな感じ。もちろんこんなに大きくなくていいけど、余った板をそのまま使ってるだけです。ポールの断面積の4倍ぐらいになればいいと思ってます。


 




コメント
コメントする








   

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM