minimum arcade-controller:ミニマム・アケコン

無印のような最小型アーケード・コントローラー


前回キーボードをとりあげたので続きで今回はアケコン。八年前に作ったので装飾のコルクがかけていますが、想定どおりの作品になったと思ってる。

 

当時、常駐先で働いていて良い職場だったが、やっぱり客先にずっといる緊張感とかはある。

「ああぁ昇竜拳だしてー」

「鳳凰脚でスカっと勝ちたい!」

と心の叫びを言語化できたけど、平日10時過ぎてからもパスだし、休日にわざわざそのために出かけるのも。。家で好きなときにやりたいけど、普通のコントローラーじゃストレス発散にならない。家庭用のちゃんとしたアケコンは2万円前後。そしてでかい。必要パーツを並べるだけなのに、あれだけでかいのも納得いかなかった。

 

自作アケコンを画像検索しても派手だし小さいのはない。しょうがなくゼロから設計。 といっても単にネットにある図面をちょっとかえるだけ。くり抜き加工は渋谷のハンズ。全部MDF版。PS2のコントローラーにつなぎました。 もちろんアケコンの部品は三和電子。

 

もちろんこのサイズなので、このままつかうと動きます。最初はあぐらの足で抑えればよいと思っていたが、地味にきつい座り方。なのでステンレスの板をつけることに。無くてもすむかと思っていたけど、さすがにそれはなかった。一本100円のダイソーなのでそんなに追加投資でもない。

 

使うときはこんな感じで伸ばすとお尻の下までくるので、体重で動かないようになる。想定通りの固定度。

お勧めです。

 

ーーー

餓狼のコレクションを2つと、ストリートファイターズと鉄拳をそれぞれ買って散々遊んでた。最近はホコリかぶってることも多いけど、収納が楽ってのは凄い利点です。

 

 

 

 

 




コメント
コメントする








   

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM