あたごのまつ、瞑想水、ねぶた

みずのようなお酒は座禅の時間を半分にする



ふるさと納税で「あたごのまつ」が届いたから飲んでいる。やっぱり日本酒で一番旨いのはこれだね。獺祭、久保田、十四代、飛露喜、田酒と有名どころは大体のんだけど、一番旨いのはあたごのまつだと思っている。同じ系統として瞑想水とねぶたがある。あたごのまつと瞑想水は家・職場の近くではどこにも売ってない。ねぶたは近所のスーパーにある。最近は人気が出てきて一升瓶まで置いてあって嬉しい限り。同じ系統だけど、やっぱりあたごのまつが一番上品だね。何かが違う。ほんと水のようなお酒。だから辛口だったり甘口だったりが好きな人が不満に思うのは分かる。けど、この透明感MAXの味。

 

飲むと思考が研ぎ澄まされて、そして緩んでくる

この不思議さが最高で。おなじ酒造の伯楽星は高級な日本料理屋だと置いていることも多い。けどこのあたごのまつは見たこと無い。唯一は川崎で一番旨いトンカツ屋。名前を書くとこれ以上混むから書かないけど。そこにたまたま行った時に「ANA/JALのファーストクラスで提供している」(どっちの航空会社か忘れた)と書いてあった。だから頼んでみたら滅茶苦茶旨かった。それが5年ぐらい前かな。それ以来ずっと探してる。この川崎町のふるさと納税は1万円で一升瓶。このコストパフォーマンスもありえない。毎年注文してる。最高。


いまもちょうどよい感じで酔いながら書いてる。ワインもビノスやまざきのワインコースを色々と試したし、ウイスキーも余市以外は全部行った。昨年秋は駒ヶ根のマルスウイスキーにもいった。それでもやっぱりトータルとして日本酒で、そしてあたごのまつを推す。

 

飲み放題のくそ不味い日本酒しか知らなかった学生時代。古武道道場の先輩がバーでバイトしてて、秋の芋煮会で旨い日本酒を持ってきてくれた。それが日高見。あれは純粋なカルチャーショック。だから自分も後輩とのみに行く時は最低限、純米酒がある店を選ぶようにしている。毎年いってる復興支援では女川の店があたごのまつを置いててくれるから、新入社員に海鮮BBQで飲ませてる。やっぱりこういう恩送りはホント大事。人生の価値なんてこれだけなんだよね。突き詰めると。

 

 

---

マルスウイスキーではツインアルプスを買ったけど、まだ飲んでないなぁ。普段、家でウイスキーを飲む習慣がないせいだね。。最近はずっとアールグレイ漬けにハマッテイルのもあるかも。昨年の1月にニッカの本社でワークショップがあって道順調べるためにサイトにアクセスしたらこのページ。自家焙煎派として、珈琲豆漬けとアールグレイ漬けを作って、新任幹部社員研修の懇親会で提供。そりゃ事務局としてはこれぐらいのサービスはしないと(笑 そしたら断然アールグレイ漬けの方が人気。いまの感覚としてはハイボールは論外。白州とか山崎とか宮城峡とかの蒸留所名義じゃないブラックニッカやトリスのレベルはみんなアールグレイ漬け。

 

ちなみにアールグレイは色々と拘ったけど、漬け専用ならばアーマッドで良いと思ってる。平日朝はヨーグルト、土日の朝はホットケーキを焼いているけど、ホットケーキにもアールグレイを混ぜてるから。昔は焼く前の生地に均等に混ぜたけど、最近はフライパンに流し込んだあとに上から一面敷き詰めてる。この方が裏返したときにほどよく焼けて匂いが引き立つ。チーズケーキにおけるクッキー台座ほどじゃないけど、海苔一枚ぐらいの層になるから。

 

---

[2020.02.04]

気になって調べてみたら、

「伯楽星」を醸す新澤醸造店で大抜擢!全国最年少の22歳女性杜氏が抱く酒造り

とはね。素晴らしい。任せた会社も結果をだした彼女も素晴らしい。

 

一升瓶で買ったら、酸化を防ぐために4合瓶の二本に分ける。余った分はその場で飲む。いま4合瓶の半分ぐらい残ってる状態から飲みながら書いてます。1/26に開けてから10日ほど。これだけ繊細だと味の変化に気づいた。今後はワインみたいに酸化防止のために空気抜こうかな。

 

 

 




コメント
コメントする








   

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM