本音には本音で返す大事さ

以前にこちらにも書いた引きこもりの長男を父親が殺害した件、裁判で新たな事実が色々でてるね。長女が自殺というのもびっくりしたが、今日のニュースのリビングで号泣には驚いた。

 

44歳の長男を刺殺したとして、殺人罪に問われた元農林水産事務次官の熊沢英昭被告(76)の裁判員裁判の判決公判で16日(2019年12月)、東京地裁は熊沢被告に懲役6年を言い渡した。

   裁判では、殺害された英一郎さんが中学生のころから壮絶な家庭内暴力を繰り返していたこと、被告の妻が息子の暴力が原因で29年前からうつ病を患っていたこと、被告の長女が5年前に自殺していたことなど、崩壊した家族の状況が明らかになった。

 

「長男は3歳児に戻って泣いていた」と専門家

   英一郎さんは事件の1週間前、一人暮らしの自宅から実家に帰ってきた。その翌日、リビングで母親を前に「お父さんはいいよね。東大を出てなんでも自由になって。(僕の)44年はなんだったんだ」と言い、床に突っ伏して号泣した。その直後、リビングに入ってきた被告が「(一人暮らしの家の)ゴミを片付けないとな」と話しかけた。

   すると、英一郎さんは「お前らエリートは俺をばかにしている!」と激高、熊沢被告の髪をわしづかみにしてサイドテーブルにたたきつけた。熊沢被告はこの時の気持ちについて、「体に震えがくるほどの恐怖心を覚えた。殺されると思った」と話した。

   引きこもりの実態に詳しい、東洋大学の小島貴子准教授はこのエピソードに着目。「私は被告の状況よりも、英一郎さんがリビングで号泣したことに心を痛めました。引きこもりには色々な形がありますが、彼がリビングにいたということは、自分の存在を家族の前に出していたということ。『44歳にもなって親の期待に何一つ応えていない自分ってなんだったのか』と泣く姿を、両親に見せたというところを感情的に拾ってあげたい」と話す。

   「英一郎さんがこの時に欲しかったのは、『本当につらいよな』という共感の言葉と、泣いている息子に心の底から寄り添うこと。3歳の子どもは『見て、見て、聞いて、聞いて』という自我の発露があり、それを親がすくっていると安心して色んなことに挑戦する。この状態は、3歳児に戻って、自分のつらさを家のリビングで出せたということ。

 

妹自殺の時点で息子側がダメだと思ってたけど、この内容をみて考えを改める。これは父親側がクソ。きっとこれまでに1,2回は号泣に近いような本音を出した時があったんだと思う。せっかく息子が本音でしゃべっているのに父親側は本音でしゃべってない。そのくせ正しいことを言う。

 

本音じゃないのに正しい発言が一番酷い。

この元高級官僚はここがまったく分からないのだろう。学校じゃ教えないレベルの話。

 

『お前が本音でしゃべっているのに俺は本音でしゃべれない』

せめてこれだけは言えばいいのにね。その勇気すらない。だから「ゴミを片付けないと」という。逃げてるし、ごまかしてる。けどその発言内容自体は正しい。だから酷い。

 

本音でしゃべれば

「お前がこんなんだから俺まで不幸だ」とか、「妹の自殺もお母さんの鬱も全部おまえのせいだ」とかになるだろうね。そこまでいえばどうなるか想像できるから言えない。そこは同意。どっちが悪いか言い合っても水掛け論。お互いが悪い。親子ってそういうもの。それは心の奥底ではお互い分かってるからこそギリギリの最低ラインで家族として形になってた。相手を非難するのはその最低ラインを壊すこと。

 

息子側が己の人生に号泣したのは、相手への非難ではない。

『おれだって泣きたい。お母さんだって泣きたい。死んだ○○だって泣きたい。みんな泣きたい。それが家族だ』

も返答の一つだとは思う。けど、こういうのは頭で問答集として覚えるもんじゃない。そんなことやったら余計に高学歴アホ。大事なのは本音には本音で返すこと。それが出来ないなら、出来ないと素直にいう事。学校では「嘘つくな」とは教えてても、「本音じゃないのに正しい発言が一番酷い」までは教えない。

 

もちろん本音の正しさを教えてくれる先生は零ではない。少なくとも僕の中学三年のときの岩田勝人先生は教えてくれた。勝人先生が僕の恩師。あの時の先生の態度をやっと僕は言葉にできた、と思う。

 




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM