美と快感

『快感回路』リンデン著は名著の誉れ高いから、3ヶ月ぐらい前に買って一通り読んだ。この数週間は芸術理論を分析しているので、改めて読み始めたら、169ページ「ギャンブル依存症」

 

そうだ、今日は日本にとって大事な日じゃないですか。「横浜市長選挙」 

残念ながら神奈川在住でも横浜市の隣の市に住んでいるので選挙権が無い。けど、この選挙はそこらの国政選挙よりも日本の将来に大きな影響を与えると思っている。それが「カジノ解禁」。お台場の案もあったけど、菅幹事長のお膝元が横浜なのでこちらがメイン候補地となっている。カジノ利権については菅幹事長と横浜港湾の藤木会長の蜜月が有名だし、今の日本を実質的に仕切ってるのは菅幹事長だから。

 

先日、金曜日のクソ暑い午後、桜木町駅前で長島候補が演説してた。隣にいたのがパンチコ依存症の本の著者の人。かなり興味深かったけど、出張帰りで演説聞く時間なくて残念。今回はカジノ推進派の林市長と反対派の長島候補、伊藤候補。この時点でダメだろ。反対派が2名って共倒れじゃん。反対派の票が分散する。陰謀論的に言えば、どちらかの候補はカジノ推進のための刺客だよ。本気でカジノSTOPしたいなら一本化の話し合いぐらいしてくれ。それぐらいに日本の未来に大きな影響を及ぼす選挙。

 

2012年にアメリカ旅行で、ラスベガスに行った(メインはグランドキャニオンとヨセミテ)。確かにギャンブルは大きな観光資源になる。そもそも中国が2000年以降に国力が伸びたとき、マカオの果たした役割が大きかったと。以前に「マカオがラスベガスを抜いた」という記事も見た記憶がある。今後の日本が観光立国を戦略とするのは同意だし、そこにカジノがあった方が良いと言う意見も分からないことはない。

 

昨日、久々にラウンド1にボーリング&ダーツに行った。メダルコーナーではそこそこの人が遊んでいた。こういう人たちもカジノ解禁になったら、カジノに行くんだろうなぁ。そしたら、やっぱりギャンブル依存症から眼をそむけるわけにはいかない。カジノ解禁するなら、東南アジアの某国(うろ覚えだから国名忘れた)のように、自国民には高い入場料(10万円とか)をとって、外国からの観光客は入場無料にするようなルールにするしかない、と思っています。


 

ギャンブル欲=一発逆転夢想+勝利欲(承認欲求レベル)+金銭欲

ギャンブル欲については、以前にこう分析した。これはこれで達成感もあるけれど、実際の最新理論は興味がある。

 

しかし、行動上の依存症は、物質(薬物、アルコール、食べ物)依存症と必ずしも同じ経緯をたどるわけではない。実際、最近の社会ベースの研究(治療中の患者をベースとしない研究。患者は社会の代表例ではない)からは、ギャンブル依存症やゲーム依存症者の三分の一ほどは、他人の助けを借りずに独力で一年以内に依存から脱却できることがわかっている。薬物依存症では、まずありえないことだ。

 現在では、薬物もセックスも食べ物もギャンブルもゲームその他の強迫的行動も、すべてを含む幅広い依存症の定義に妥当性があると考えるに足る生物学的根拠が存在する。ここで考えられているのは、内側前脳快感回路の活性化と変化がすべての依存症の核心にあるということである。(P171)

 

中学校の同級生はパチプロになっていた。パチンコ発祥の名古屋だと当たり前の風景なのか、それは謎だけど。3年ぐらいで足を洗ったらしい。ずっと椅子に座ってるから痔になりやすいとか。プロの間は月20万は稼いでいたみたい。もちろん僕はギャンブル依存症になったことはない。けど、ゲーム依存症は耳が痛い。「独り桃鉄依存症」なんてアホの丸出しだが、かれこれ合計100時間はやっている気がする。。一番ダメダメなのはAOC。合計で1500時間ぐらい遊んだ。。唯一の救いは、2004年の時点でゲームが改悪されてつまらなくなったこと。もしAOCの改善点が治った版が発表されたら、また1000時間ぐらい遊んでしまうかもしれない。確かに独力で1年以内に依存脱却できるかもしれないけど、ギャンブル依存って、こういう思い出し欲求あるからなぁ。

 

病的なギャンブルは遺伝し、女性より男性にはるかに多い。ほぼ確実に言えることだが、ギャンブル依存症の人と近い関係にある人ほどギャンブルに病的にのめり込むリスクが高くなることには、生まれと育ちの両方が関係していりる。《略》男性の病的ギャンブルのうち35%〜55%が遺伝的要因で説明がつくと言える。女性ではそれほどはっきりしたことは言えない。《略》カジノを覗いたことがある人なら、ニコチン依存とアルコールと病的ギャンブルは並存する事が多いという現実を目にしているはずだ。そこにはドーパミン作動性の快感回路の障害という共通の原因が反映している。実際、病的なギャンブラーの場合、アルコール依存症の比率は米国の同年齢層全体に比べて10倍高く、喫煙率は6倍高い(P175)

 

学生時代の友達で、凄境遇の家に生まれた人がいた。

父親が真のギャンブラー。韓国で5億ぐらい当てて、駅前の一等地のマンションに住んでいた。確かに彼の家に行くと日中でも父親がいた。その彼は当時はギャンブルにはまっていなかったけど、今はどうかな?最近は年賀状ぐらいなのであまり分からない。今の日本ではギャンブル=パチンコ・パチスロ、競馬、競輪、競艇ぐらいなのかな。リアルなお金が稼げるという面では(オンラインゲームのRMTは知らない世界)。あまり周囲に該当者がいないのですが、遺伝性について特に否定したい何かがあるわけでもない。

 

不確実性の快感

「働いていて得た99ドルより道ばたで拾った1ドルの方が嬉しい。それと同じで、トランプや株で勝ったお金は気持ちをくすぐる マーク・トウエイン」

《略》

最近、サルやラットの実験から別のモデルが提案されている。それによると脳はもともとある種の不確実性に快感を見出すようにできているという。《略》サルの実験結果から導き出せる解釈の一つは、人間の脳はもともとリスクのある出来事から快感を得るように出来ているということだ。このモデルでは、ギャンブル好きになるのに初期の報酬は必要ないということになる。むしろ、見返りの不確実性そのものが快感を導く。

 進んでリスクをとろうとする神経系は、進化上も適応的だったというシナリオが提案されている。《略》人間の祖先では、狩猟をするオスのほうが、採取をするメスよりもリスクを取ることに適していた可能性があり、そのことが、現在の人類で男性の方がギャンブル依存や衝動のコントロール障害のリスクが高いことの由来となっているとも考えられる。

 

非常に良い本。素晴らしい。働いた99ドルと拾った1ドルの嬉しさは個人差大きいと思うけど。そういう意味ではギャンブル中毒の可能性は付き合っている時に分かるかもね。女性としてはかなり要チェックポイントかも。けど、こういう理論を知っておいた方が絶対に良い。このレベルはネット上のコンテンツでも、TV番組でも有りえない。来年の新入社員への推薦図書リストには入れなかん。

 

この本は他にも興味深い記述が多い、ある有名な痩せ薬は自殺を誘発するという副作用から禁止になったと。結局、プリミティブな欲求を下手に薬でコントロールすると、生きる意欲→ストレス耐性も減るんだね。。それは凄く納得。

 

---

いかん、ギャンブル欲に引っ張られすぎた。

本題に行こう。

 

美です。

いま、写真芸術論が気になっている。とりえあえず、ネットで見つかるのは以下の三つ。どれも興味深い。そもそも写真は芸術なのか? 

http://park7.wakwak.com/~ueno/archive/92/sv9206shashin.html
http://www.ac.cyberhome.ne.jp/~k-serizawa/sub1-2.html
http://book.asahi.com/reviews/column/2012030900005.html

 

もっともっとプリミティブな地点から考える。芸術は何かしらのインプットが必要であり、何かの感覚器が必要。その中で味覚と触覚と嗅覚について、ここに訴える美ってあるのかな? 味覚については料理は芸術といってもいいのかもしれない。普通は料理の味だけでなく、皿も含んだ見た目もあるね。確か味覚は5チャンネル。嗅覚は香水。これって芸術のジャンルになりうるんだっけ? ラリックの香水瓶とかはガラス工芸だからなぁ。そして触覚。マッサージも最近は英国式、タイ式とかあるけど、やっぱり芸術のジャンルでは無いような・・・。嗅覚と触覚には癒しはあっても美は無い様に思える。

 

すると「癒し」と「美」の違いを考えなくては。。

そもそも美人って、癒しの意味しか無いのでは??

 

うーん、面白い結論になってきた。ここら辺を掘り下げて、コンパで美人の横に座った時に「美人って大変でしょ〜」から始まって、美と癒しの関係。「結局、美人は美じゃなくて癒しの意味しかないんだよ」と言ってみる。う〜ん、成功の時と失敗の時の差が激しいな。ただ、こうやって知識の幅を広げ自分なりに掘り下げいてく楽しさこそが大切。ここら辺の話を中学生ぐらいで聞けると将来が伸びるのは間違いない。遺伝が大事なのでなく、こういう環境が大事。それが家の無形文化財。今でも覚えているのは、名著の誉れ高い岩井克人の貨幣論。当時、親がハマっていて夕食時に話題にしていた。あのエッセンスを高校生で知れたことは今でも感謝している。二世論でも書いたけど、こういう環境ってあまり無いから、少しでも次代に繋げようとしているのかもね。これも、ある意味では、人の欲望か。

けど、何の欲望なんだろう。

 

 

 




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM