石と意志 〜原宿にある硬派な鉱石店「コスモスペース」〜


このコーナーでは巨石を紹介するのがメインだけど、この店だけはどうしても紹介したくなった。巷ではパワーストーンが流行ってる。手作りアクセサリーの材料を売ってる店にもそういう一角はあるし、占いとセットになった店も多い。けど、個人的にはパワーストーンは曖昧な部分が多すぎる。

 〕浪鮨緇修量簑
◆|綽А染色の問題
 地獄界と巨石とパワーストーンの関係

,砲弔い討録佑砲茲辰涜崚戮違う。ここら辺が模範解答なのかな。個人的には天然派。その上で、日本で唯一の水晶がご神体の金峰山の頂上に持っていってパワーを注入することが大切だと思っている。△問題。人間では区別できないレベルまでいってるんだって? いまLinkを引っ張って来れないけど、wikipediaでなんかの石の説明に書いてあった。ここら辺は突き詰めると「すっぴんと化粧の関係」と同じなのかも。こういう意見も納得する。ヒーリング効果とか精神的なパワーとか、科学的に単純に証明できる世界じゃないからこそ、よりラディカルになるのかもしれない。については純粋に自分の中の整合性の問題。岩が地獄界とマッピングしているなら、宝石はどんな魂? 「石の世界にも地獄と天国がある」という説明も可能なのかもしれない。そんな意味では、巨石を見て、水晶ブレスレットをして、チグハグかもね。


石のもつパワーに依存しない。あくまで整流作用・清流作用だと考える。
結局、一番大事だと思っているのはこの態度。零から有を生むワケじゃない。石界(Stone Layer)でそれが可能ならば、生命界が存在する必要は無いのだから。顔色が心身状態のバロメーターだとすれば、身につける宝石の輝きも心身状態のバロメータ。もちろん、顔色は物質レイヤー・感情レイヤーだし、宝石の輝きは体を包む○○や△△レイヤー(何か用語があったはずだが忘れてしまった)。

 

石は意志をクリアにする。

 

そんな意味では、そもそも石を扱っている店のオーナーの意志こそが大事だと思っている。石と人との正しい距離感。近すぎることもなく、遠すぎる事もなく。

 

先週末に都内最古の富士塚のため鳩森神社に行ってきた。パワースポットとして近年人気上昇中だけのことはある参拝客の多さ。目の前には将棋会館もあった。夢が破れた後の人生を描いた本の中では最高傑作とも思える「将棋の子」を読んだ身としては、ついつい感慨深くなってしまった。そして、どうせなら渋谷まで散歩するかと思って、てくてく歩いていって原宿に着いた時にコスモスペースを見つけた。

ファンシーな手作りアクセサリー店はパス。オカルト満載の占いとセットな店もパス。この店はどっちのネガティブも感じなかったので入ってみたらびっくり。まさかカイヤナイトが置いてあるとは。今までは仕事場から近い横浜みなとみらいのショップに行っていたけど、全然レベルが違う。そしたら、隣にいたカップルが「みなとみらいよりいいね〜」と言っていたので、ちょっとびっくり。みなとみらいには色んなパワーストーンの店があるから何処と比較しての発言かは謎だけど。

普段から左手首に水晶とアメジストをつけているから、商品を見れば輝きと値段のバランスから店のレベルは大体分かる。良い石が並んでる。店の奥はまさに鉱石の陳列棚。レジの前にあるカップ一杯700円が凄い。これを使って貼り絵を作りたくなるレベル。店主がプロなのは佇まいで分かる。話すともっと分かる。

店の中で商品見てるだけで、心身が整流される
ここまで感じたのは初めて。これまでパワーストーンはうちの流派の中でしか買わなかったけど、この店なら買っていいと思ったので、結構、奮発してしまった。この店は広く薦めれると思ったので、もし良かったら近くまで行く機会があれば一度立ち寄ってみたらどうでしょうか。

-----
原宿から渋谷にかけてあんなにアウトドアブランドが集まっているとはね。パタゴニアとマムートならばみなとみらいにもあるけど、他にもたくさんあったのでびっくり。嵯峨谷を探して渋谷をウロウロしたら道に迷って、古代エジプト美術館の目の前に。ついつい寄ってしまった。ここも行く価値ある。最後は目黒のアサンテサーナに行ったら定休日。。こちらはネットでしか買ったこと無かったので、一度行ってみたかったのだが。。




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM