東京にある若冲の石像 〜椿山荘〜


この前、図書館でマニアックな本を借りて読んでたら、びっくりしたことが二つ。
・上野に大仏がある
・東京に若冲の石像がある


上野の大仏は顔しか残ってないから、これまで何度も上野に行っても気づかないワケだ。上野の中では訪れる人と場の清浄さのバランスが良いせいか波動が高い

もっとびっくりしたのが明治の頃に石峰寺の石仏の一部を移設したという椿山荘の庭園。ネットにほとんど情報がなく、本にはあの地域としか書いてなかったから、手前の江戸川公園を散々探してた。普通に椿山荘の中にありました。15体くらいの羅漢像。釈迦像は無かったので石峰寺と比べると見劣りしますが、さすがに若冲の石仏のためだけに京都に行くのはお金と時間が、、、と思っている関東在住の若冲ファンは行く価値があると思う。椿山荘も若冲の絵を集めてロビーとかに飾ると、もっと格があがると思うな。

----
もともとは東京都美術館のゴッホ&ゴーギャン展を見に行ったのだけど、ついでに寄った上野大仏が良かったので、急遽、椿山荘も行く気になった。目の前には東京カテドラル関口教会もあって丹下健三の建築を楽しめる。代々木競技場と並ぶ彼の典型的な建築物。さすがに椿山荘でなく、教会の目の前のカフェに行ったけど、この珈琲はかなりレベル高かったです。値段も600円だったけどね。最後は路面電車で池袋に出て、前から行きたかった十割蕎麦の嵯峨谷に寄って帰った。東京で以前から気になってた場所を全部まわった満足な一日。ちなみに展覧会でのゴーギャンの肘掛け椅子は実物を見ると気づく。椅子の上の蝋燭はゴーギャンを暗示し、奥のガス灯はゴッホ自身を示しているね、あの絵は。

 

 




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM