暖炉の光に憧れて・・・

暖炉に一番近い石油ストーブ


東北大震災&計画停電の時、電気がなくて石油ファンヒーターが使えなく、昔ながらの石油ストーブが見直された事は知っていたが今まで縁がなかった。10年使ったファンヒーターが壊れた今、買い直すなら当然石油ストーブ。災害対策としても大切だし、調べたら「癒しの照明」「旨みを引き出す料理」「対流式で穏やかに暖かくなる」まで3拍子揃っていることが分かったから。やっと今日届いたので動作確認も含めて早速使いました。今後、数回に分けてストーブ生活を紹介して行きたいと思うので新ジャンル「Stove」も作成。それぐらいに感動した。

山でバーナーするのは至福の時間
夜間に氷点下になるような山岳テントの中ではバーナーで加熱料理することが至福の時間。暖かい食事だけでなく照明にもなるし、燃焼に伴ってテントの中も温まる。だから積極的にお湯を沸かす。個人的には珈琲もいいけど、インスタントのシジミの味噌汁もオススメ。普通は二日酔い対策で飲むしじみ汁だが、山歩きで疲れた体にも良く合う。 こんな三拍子を家でも味わえるとは・・・。部屋の電気を全て消して、この暖炉の火のような炎を見ていると仕事の悩み事なんてどっちでもよくなる。本当に必要なのはこういう時間で、仕事でどう失敗してもこの時間は侵されないと思えてくる。それ以上の願望なんて極論すれば全て体面かエゴ。キャンプファイヤーの火もそうだけど、暖かいオレンジの炎は究極の癒し。それを一番味わえるのは暖炉だけど、暖炉&煙突があるセレブな家は大学時代のバイト(家庭教師)先だけだったし、山小屋で見かける薪ストーブに憧れていたけど、流石に都会でやるには色々と面倒。諦めていた分だけ、余計に感動してる。

このストーブのおかげで冬が待ち遠しくなった
なぜ仙台で過ごした学生時代にこのストーブがなかったのだろう。感動の分だけ、すごく残念。あの頃、石油ストーブといえばこんな感じで癒しに程遠く、石油ファンヒーターの方がマシだと思ってた。今回ネットでいろいろと調べて、遠赤外線機能、値段、サイズ、デザインからこのトヨトミのCL-25Eに決めた。アラジンの青い光よりも温かみのある暖色系の方がいいし、ランタンデザインが特徴的なRL-25Fも気になるけど、どのみち登山には持っていけない。ならばシックなデザインの方がいい。対流式としては安価なRB-25Fもあるけど、円筒部分も暖かくなる遠赤外線機能は外せない。


今日はさっそく色々なストーブ料理を試していたけど、世間一般ではアルミホイルを薦める事が多い。だから新規提案。ホットサンド機が一番良いと思います!!山ご飯としてホットサンドをするのはメジャーだけど、密閉&裏返し&こげつかないので、ストーブ用調理器としても有能。まずはこれでお餅を焼いてみたら有りえないウマさ。この味を一度でも食べたら、二度と電子レンジで暖めたお餅は食べれなくなる。まるで衝き立てのような甘みと食感。

 

ちなみにホットサンド機で一番有名なのはイタリア商事のこちらだし、パンの耳までしっかり焼ける優れものだけど、ストーブ用器具としては平坦で安価なこちらの方がいいね。登山では荷物に余裕があるなら重いイタリア商事だし、そうじゃないと軽いこちらを使い分けているけど、今回は比べるまでも無い。



更にに感激したのが「焼きみかん」。父親が和歌山出身で地元の親戚がみかん畑を持っていたから、幼い頃から飽きるほどに食べてた。結果、中学生の頃にはみかんを食べる習慣が零になった。一生分のみかんを食べたせいだと思っていたけど、この焼きみかんは有りえない旨さ。20年以上、出されて食べる事はあっても、自ら買うことはなかったみかんだけど・・・まさかみかんを食べる冬がやってくるとはね。それぐらいに旨さが違う。

 

太く輪切りにした大根をホットサンド機でじっくり加熱した「水を使わないふろふき大根」の旨さ。甘みが凝縮するし、栄養分も溶け出さない。単に焼いた大根でなく、密閉されているのでもともと大根がもつ水分によって、ほどよく茹でられた状態。幼い頃「きつね森の山男」に楽しんだ身として、究極のふろふき大根を作ることは人生の一つの目標。とまでいったら言いすぎだが、言葉を覚える前にこの絵本を読んで、今でも深層意識にふろふき大根がある人ならば納得するだろう。

 

最終的な理想像はこのストーブを使った珈琲焙煎かな。成功したらトヨトミのオプションで販売されないかな。新潟のストーブメーカーが珈琲焙煎機を作ってヒットになっているけど、焙煎のために7万円で買うよりも、ストーブのオプションとして夏はガスコンロでも使える簡易的な製品を1万円ぐらいで作ったら確実にヒットする。 何の縁か実家は昭和区なので、どう、トヨトミさん、瑞穂区行くよ(笑 僕は自作焙煎機で間に合っているけど、ストーブでじっくり焙煎したらどんな味になるのか試してみたいし、このストーブとオプションの焙煎機が日本の山小屋に常備されたら登山はもっと楽しくなる。日本の家庭に広まったら、皆のストレスも半減するかもね。焼きみかんの匂いも良かったけど、珈琲焙煎時の匂いは格別だから。

 

★追記(2018.01) こちら




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM