頂上にそびえる巨石:地蔵ヶ岳のオリベスクと金峰山の五丈岩の関係


 

地蔵ヶ岳のオリベスク

 

金峰山の五丈岩

 

両方に行って分かった。この二つの巨石は陰と陽で対になっている。もちろんオリベスクが陰で五丈岩が陽。wikipediaには両者の関係について少しだけ記述がある。ここはちゃんと調べた方がいいと思う。両石を結ぶ中間地点に神社とか無いか地図で調べてみたけど、ないんだよなぁ。ハイジ村がちょうど真ん中ぐらいなのだけど。

 

---

新コーナー「Stone」を作ったけど、色んなジャンルが多い本サイトは同じジャンルの記事を固めた方が見やすいので連続投稿。時間ができたら追加していきます。巨石サイトを独自に作ったのは、あの神サイトが今回取り上げた巨石に言及してないから。全体的に平野にある巨石が多い。唯一は宮島の弥山ぐらいじゃないかな。世界遺産にも登録されている日本を代表する風景でもある厳島神社だけど、本当に大事なのは神道以前の祭祀跡があるという弥山の方でしょう。今年、せっかく宮島に行ったのに大雨でケーブルカーが止まっていて断念。時期が来ないと行かせてもらえないのが山頂の巨石というものなのかもね・・・・。

 

ちなみに巨石が多い山でいえば仙台の太白山や飛騨の位山もある。そこまでこのコーナーで取り上げるかは、まだ決めてないけど、行く価値はあるよ。アメリカではWoodやStoneを含む苗字も多い。日本も岩や林とかを含む苗字がある。川で海でもいいけど、どんな人も自分と縁のある自然のジャンルがあるのだと思う。巨木に惹かれる人もいれば、海岸の砂浜に惹かれる人もいる。私自身は間違いなく「山にある巨石」。皆さんも自分のジャンルが見つかると、己のカルマに近づけると思うよ。

 




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM