ガスボンベ詰め換え CB缶⇒OD缶

登山に何度も行くとガス缶のランニングコストが気になる。中途半端に残ったガス缶しかないと荷物が増える。詰め替えのために情報を探したけど、どんぴしゃの製品はもう発売されて無いみたい。色々と調べて苦労したので、こちらでメモっておきます。

■ソト(SOTO) パワーガス 3本パック ST-7601 (3000mでも使えるためには成分にブタンが必要)
■OD缶同士の詰め替えとして【ガス詰め替えアダプター】
■最後にCBとODの口の変換として『OD缶からCB缶 カセットガスアダプター 改良型』
 
これで実際に上手く行ったのだけど、コツとしては詰め替えたいOD缶は冷蔵庫で冷やす必要があるし、CB缶は電子レンジで暖めた濡れタオルを巻いて温度差を作る必要がある。あと、新品の状態まではガスは移動しなかったな。たとえばイワタニのPRIMUS POWER GAS 250Tは空で150g、新品318gだけど、詰め替えても258gでした。もうちょっと頑張っても移動させても良かったのかも知れないけど、まあこんなもんでしょう。

OD缶が一つ518円(中身は150g)⇒3.453円/gで、CB缶は3本セット798円(1本に240g)⇒0.902円/gだから3倍以上の価格差。詰め替え器具が合計3400円として、元を取るにはざっくりOD缶8個ぐらいかな。今までの経験上、ラーメンを1人分、1回作ると20gのガスを使ってます。そんな感じ。

興味がでた人は、自己責任でどうぞ。

 



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM