仏教のゼロポイント「大乗と小乗の正しい位置。悟った後の己の態度」


この本の出現によって大きく時代は変わった。新潮流というべき内容。今まで仏教学者で一般レベルでも名前が知れているのは中村元と中沢新一ぐらいだと思っていたけど、魚川祐司はその域に達するんじゃないかな。Amazonのカテゴリ:仏教入門でベストセラー1位になるだけのことはある。本自体は仏教入門というよりは、ある程度の仏教関係の本を読み込んでいる人を対象としているけれど、そういう人は全員が新世代の誕生を否応無しに痛感するレベルになっている。

魚川祐司 (仏教研究者)
1979年生まれ。東大卒の西洋哲学専攻→インド哲学・仏教学専攻の博士課程満期退学にして、ミャンマーでテーラワーダ仏教の教理と実践を学びつつ、本書が初の著作。


別に学歴信仰も無いけど、本当に頭のいい人は受験勉強ぐらいで視野が狭くならない。ミャンマーでの実践は、チベット仏教で実践した中沢氏と違う態度を身につける結果となったのだろうか。「自分自身が悟った」と明示的に書いてないのに、文章の端々からその達観が滲み出ている。その不思議な爽やかさこそが、新時代の到来を思わせるような感覚。釈迦が実際に述べた初期仏教の発掘こそが中村元が真に取り組みたかったテーマであり、大乗仏教全盛の時代から逆転して、何が正しいか迷いが生じる中で、ここまで喝破したことを素直に賞賛したい。

覚者が慈悲の利他行へと踏み出して、「物語の世界」へと再度の関与を行うかどうか、それをいかに・どの程度のレベルで行うかということは、基本的に「自由な選択」の問題である(P179)

「世界宗教」として現存する仏教は、そのようなゴータマ・ブッタの教えにしたがって彼岸(「物語の世界」の外部)に渡り、そこからゴータマ・ブッダの作った筏(教説)とは別の筏を作って人々に提供しようとした覚者たちによって、多様に豊穣に形成されてきたのである。言い換えれば、仏滅後の覚者たちの中には、ゴータマ・ブッタの選択の結果ではなく、選択を行う覚者のあり方のほうを引き継いで、そこから新しい教えを説いた者達がおり、彼らの活動と参与によって、私たちの知る現在の「仏教」という宗教運動の全体が形作られたということだ(P203)


この二箇所こそが一番正しい初期・小乗・大乗仏教の位置づけの理解なんだと。サブタイトルは「悟り」とは何かだが、悟りは言葉では表現できない状態なので、やっぱりそこは言語的に論理的な説明は無い。禅宗でも当然だが、実践あるのみでしかない。ただ、明らかに魚川氏自身は悟った後の視点から書いているのに、自分自身が悟った時の状況等を全く書いてない。そこが不思議と爽やかで。

自分の状況は書いて無いのに、悟りにいたるプロセスを懇切丁寧に書いているのが面白くて。
ゴータマ・ブッタは三明が生じる前に、まず初弾から第四弾までの、いわゆる色界禅定に入っている。要するに、禅定は「悟り」の内容そのものではないかもしれないが、その強烈な集中力がもたらすある種の変性意識は、確実に「悟り」の前提になっているということである。(P137)

また実際面から考えても、定の集中力がもたらす認知の変容なくして、現象の無常・苦・無我を如実如見するということは想定しにくい(P138)


こういう態度が新世代なのだと思う。結局、誰もが述べているように、
基本的には「主観」の枠内で起こる出来事である「悟り」の経験を、他者に明晰判明な形で公開する手段はいまのところないし、それがゴータマ・ブッタの経験と「同じ」であったという「客観的な証明」はなお不可能である(P156)

個人的にはウ・ジョーティカを引用している輪廻の部分が一番勉強になった。
涅槃を理解するためには、あなたは輪廻を理解しなければなりません。輪廻とは、精神的と物質的のプロセスのことです。それが輪廻と呼ばれるのです。ある人が一つの生から別の生へと移るという、物語のことではありません。本当の輪廻とは、本当の廻り続けることというのは、この精神的と物質的のプロセスが、ずっと続いていくことを言うのです。それが輪廻と呼ばれるのです。その終わりが涅槃。

今までも「涅槃とは一つの経験です。その瞬間には、対象と観察が停止する」といった言説は沢山見てきたけど、輪廻をこのように捉える視点は初めて知りました。

魚川氏の大乗仏教への距離感は非常に興味深いのだが、
あるいは龍樹がそうしたように、「涅槃」と「世間」の区別を無効化してしまうことで、後者から前者への移行というゴータマ・ブッダの仏教の基本線自体を、いわば「宙吊り」にしてしまうことである(P192)
という説明は何度か読み返すと、その味わいが良く分かる。

「悟り」の客観的な証明が出来ないという事については、悟り自体が魚川氏が言うように「煩悩の流れが塞がれる」のであれば、その結果として第六感というか、ある種の超能力的な部分は出てくると思っているけど、これこそがこの本でいう「物語の世界」なのかもね。。一番俗な話で言えば、大前提として生殖と労働を放棄し、悟った後の魚川氏はどうするの?と聞きたい部分もある。やっぱり戒律は守るのか、そもそも一般的な教団に属しているワケでもないのだろうから、そこも今は自由なのか。悟った人だけは自由とかのルールを作るとオーム真理教と変わらない気もしていて。


世の中には、色々な知的興奮がある。アイドル同士の結婚や離婚の理由をワイドショーで知るのも一つの知的興奮。
そして、この本は久々というよりも、初めてのレベルだと感じた。ワイドショーと比べて上とか下とかそういう比較でなく、別種の、そして爽やかな知的興奮。

 



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM