女性にオススメのウイスキー 宮城峡


ニッカウヰスキーの仙台工場に見学に行ってきたのですが、荷物が重くてその場で買ったのはお土産のウイスキーボンボンのみ(あげた人は絶賛してました)。 近くの洋酒店に行ったら宮城峡12年しかなったので、10年を取り寄せて今日、白州と飲み比べてます。

宮城峡は甘いねぇ。びっくり。女性にはかなりオススメだと思う。ハイボールならともかく、シングルモルトを好む女性もあまり多くないと思うけど、この甘さは女性ウケもいいと思う。

10年ほど前に友達と清里周辺に観光に行って、ちょっとした興味で白州蒸留所に寄った。そこでウイスキーの旨さに目覚めた。昨年は山崎に行ったので、宮城蒸留所も行けば余市を残すのみ。それにしても宮城蒸留所があんなに国道48号線からすぐとはね。あの道路なら大学時代に数え切れないぐらい通ってたのに、全く知らなかった。。道路横の看板も目にしたハズだけど、興味が無いとホント素通り。


酒といえば飲み放題オプションしか知らなかった若い頃。もともと紅茶に凝っていたので、同じ飲料として飲み放題の酒はどれも旨いと思えなかった。二日酔いだけはガンガンくるし、酔っ払ってもネガティブに傾く事もあって、酒全体が嫌いなりかけてた。

その時、サークルの先輩が芋煮会で日高見を持ってきてくれたんだよね。バーでバイトしてたから、いつも旨い酒を持ってきてくれた。いまでこそ日高見は仙台駅の構内でも手に入るけど、あの頃はまったく知らなくて、けど、その美味しさに感動した。

別の先輩は卒業旅行でイタリアに行って、現地の旨いワインを買ってきてくれた。「イタリアは、本当に旨いワインは自分達で飲んじゃうから現地で買った方がいいんだ」って。今みたいにそこそこ旨いワインが手軽に買える時代じゃなかったから、そんな先輩の心遣いが凄くうれしかった。


個人的には「旨い酒を教えてくれる」というのは、先輩の理想像の一つだと思ってる。こういうありがたみを受け継いでいくのが大事だと思ってるし、誰かに薦められなければ飲み放題の酒以上には行かないと痛感してるから、後輩と飲む時は田酒にせよ飛露喜にせよ、旨い酒がある店に行くようにしてる。けど、ウイスキーに関しては自分が蒸留所で飲んでハマったから、今でもそれを薦めてしまうのだけど。

最初に白州蒸留所で目覚め、北岳に2回登った身として白州を飲んでいたけど、仙台6年間があるならば、今後は宮城峡も常時飲もうかなぁと思ってます。仙台時代に甘い思い出はあまり無いのだけど、この宮城峡を飲みながら歳を重ねていくうちに甘くなるのかもしれないと、ふっと思った。

とりあえず、今年は会社の後輩と北岳に行く予定なので、白州をその場であげる予定ですが、こっそり宮城峡も持っていこうかな。本当ならば蒸留所の奥の山は船形連峰になるのだろうけど、当面あちらに登山に行く予定は無いなぁ。ウイスキーはその蒸留所の水と割るのがベストだが、その蒸留所の奥にある山に登りに行って、そこの湧き水と割った時の旨さは言葉では言えないレベルなので。友達は山でビールを飲むのが好きだけど、個人的にはアルコール度数と重量の関係からもウイスキーの方が好き。

 



白州蒸留所2013

初日の北岳登山はこちら

次の日は白州蒸留所と昇仙峡の観光コース。
2003 年に白州蒸留所に行ったから2回目。今回は試飲がハイボールだった。「サントリーはベストな組み合わせを発見しました。ハイボールは1対3で作ると美味し いです」と言ってた。けど、角瓶ならともかく、白州でハイボールなんてもったいない。2003年は試飲もトワイスアップで「ウイスキーの香りを一番楽しめ るのはトワイス・アップ(氷を入れないで1対1)」と言ってたのに時代は変わったね(笑 

普通は無料のハイボールとつまみで帰っていくの だけど、それではもったいない。有料だけどシングルカスクが注文できるから。ホワイトウォークやシェリー樽とか。この味の違いを知っておくのはウイスキー の通を目指す限り必須です(笑 樽詰め前のニューポットも飲める。これは不味いけど、後学のため飲んでおくと楽しいよ。 右の写真はこれらのグラスの写真 です。この量で大体200円〜500円。白州25年だけはこの量で2000円以上するが(笑

私は昔来た時に飲んでいるので、後輩にガンガンに飲ませて、以降、運転を交代してました。  右の写真が現地で買ったもの。左手前から、登山で使う携帯用のステンレス製ウイスキーボトル。4500円もしたのだが、ネットで調べるとノーブランドなら2000円台。倍違うんですけど・・・ 迷ってたら後輩にけしかけられたので買っちまった(笑 そして白州のウイスキーグラス。右の黄色の丸みがかったビンは、蒸留所でしか買えない白州。奥の緑二本は白州ノーマルと12年です。なんでも今後、白州10年は無くなるとのこと。これまで値段の味のバランスで10年を買ってたのになぁ。だから、これらを飲み比べてみようと思って(笑

たまたま蒸留所のビデオコーナーで古いLD(レーザーディスク)を見てた。けっこう面白かった。あれを真面目に見てたら蒸留所で半日は過ごせるね。その中で琵琶湖と八ヶ岳にエージングセラーがある事が紹介されてた。 マジ?これ。初めて聞いた。改めて調べると、現状は琵琶湖にしかないのかな。八ヶ岳のエージングセラーは廃止? どうやら、このエージングセラーまで知っていると、かなりマニアになれるみたい。やっぱり見学コーナーも丹念に見なくちゃいけないと痛感しました

 



至福の紅茶: ディルマ・ランワッテ&ホワイト・ジャワティーストレート


二十歳前後の頃、1日3Lのペースで紅茶を飲んで1ヵ月で125g缶を消費していた。大学・院の6年間で貯めた紅茶の缶はこれだけになった。当然、フォーションもウェッジウッドもハロッズも殆どの紅茶を飲んだ上でF&Mを選んだ。けど、F&Mが成城石井で買えなくなって並行輸入がなくなって値上がりして、缶のデザインも緑→銀に変わった時点で愛着がなくなった。中華街で美味しいウーロン茶を見つけたのも大きいね。だからこの10年ほど、美味しい紅茶を探しあぐねていた。セントジェームスは美味しかったけど、すぐに取り扱いがなくなるし・・・。そもそも桃の香りの紅茶とか作ってるルピシアは個人的には問題外。アールグレイは伝統があるからOKだけど、それ以上にバリエーション出す前に紅茶本体の味と香りで勝負しろと思うから。ここら辺は白米にふりかけが有りかどうかに近いかもね。色んな考え方があっていいのは当然だけど、本当に美味しい白米はふりかけはいらない。紅茶も同じ。

やっと見つけたよ。この美味しさは至福レベルまで到達している。

世界90ケ国以上で愛される、本物のセイロン紅茶「ディルマ」
ディルマ、これが紅茶なんだ


紅茶の世界において、これだけ過激な宣伝文句にこれだけ同意するのは初めてかもね。数ヶ月前に成城石井で見つけた。たまたま買ったのがDilmahの中でもRan Watteです。初めて飲んだ時に、一瞬固まってしまった。。それぐらいのレベル。やっぱり紅茶も珈琲も高度だね。高度が高いほどに旨くなる。サイトには「シャンパンの紅茶」と書いてある通り。さわやかな味と香りと色。なのに奥に深みがある。

その後比較するためにUDA Watteも買った。けど、Ran Watteの方が上です。先日、同じ店に行ったらなくなっていたので、この投稿を書いてます。これが一番旨いと分からんバイヤーなんて失格。アー○ッドとかリプ○ンとか、そんな紅茶はいらない。このディルマだけあればいい。それだけのレベル。




そしてペットボトルで有りえない美味さなのが、ジャワティーストレートのホワイト。滅多に見かけないのだが、たまたま東京駅の東北新幹線乗り場で見つけた。90年代は「本当の紅茶好きはペットボトルはジャワティーしか買わない」とよく言われてた。今では伊藤園のジャスミンティーとかそれなりのレベルになっている。けど、あれらの紅茶はビタミンC臭いんだよね。その点でこのホワイトジャワティーは奇跡レベル。ついついラベルを確認してしまった。一応、ビタミンCと書いてある。ほんとに入ってる?とこちらが心配するレベル。サイトを見ると大塚製薬は赤と白のジャワティーストレートを、赤ワインと白ワインのような関係としてアピールしていくみたいだけど、こちらが感謝するレベルで成功している。まさかペットボトルでこのレベルの味が出せるとは。純粋に賞賛できる。


ジャワティーストレートも美味しいけど低地紅茶の味だから。このホワイトジャワティーは本当に爽やかで。紅茶に慣れてない人はジャスミンの香りがしない時点で、伊藤園を選ぶかもね。けど、全く旨さが違います。天と地ほど違う。コンビニとかには今の所まったく置いてない。事務所の隣のビルの会社の社内売店に置いてあるから困ってないのだけど。一度、商品が切れたときに「ぜひ置いてください」ってお願いしたら「他の方でも、この紅茶が美味しいっていう人がいるんですよ。どこが違うんですか?」と定員さんに聞かれたので力説しておいた。さすが○○の社内売店(会社名を書くと自動的にうちの会社も分かってしまいそうなので伏字で)。日本でも有数の海外拠点を持っているだけのことはある。紅茶の味を分かっている社員が多いんだね。いつか食堂で友達になって、お土産でレアな紅茶を買ってきてもらいたいと思ってます(笑

この二つの紅茶が何処にでも売っているような状況になって欲しくて、この文章を書きました。
今、僕はどのコンビニが一番最初にホワイトジャワティーを置くか、興味半分で眺めてる。そのコンビニこそが本当の美味さが分かっているということ。
 



| 1/1PAGES |

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM