LANDSIK HDL-S 改造

 LANDISK HDL-Sを2日前に買って、やっとtelnetログインができました。ネットに沢山情報があったのに、まさかここまで中身が変わっているとはね。。沢山の情報にお世話になったので、私も作成した内容をここにメモっておきますが、あくまでも自己責任でお使いくださいくれぐれもI-O DATAに問い合わせないでください。今回、これだけ改造が困難になったのはそのせいかと思う面もあるので。

■HDL-S変更点ポイント
HDの先頭部分のLinuxがパーティションが無い状態になっていて全く見えない。
busyboxからtelnetdにシンボリックリンクが張られていない
pamが入ったことで、/etc/securetty以外にも設定が必要

,呂なりびっくりです。このため、改造前に効果的なバックアップが出来ません。私はknoppixで母艦を起動後、ddでとりあえずif=/dev/sdaを指定し(ここら辺は環境で変えてね)200Mをバックアップしました。またWindowsからみれる共有フォルダは他の適当なHDにコピー
これで一応、壊れても完全に戻ると想定(間違っていたらごめんなさい→カーネル入れ替えに失敗して、このバックアップから戻してみたが、ダメでした。正しいバックアップ方法は現在不明

△皀轡腑奪大。特にファームのアップデートファイルを展開してinitrdの中身をloopでマウントして見てみると/usr/sbin/telnetdがちゃんとある。それなのに起動時になくなっているとはなぁ・・・

最後のオマケですね。


■改造方法
「phpからのコマンド入力でやる」
具体的には以下の二つのサイトを参考に
http://www.nurs.or.jp/~sho/scripts/php/telnet/
http://www.saigyo.org/hiki/?HDL-GS%20%A5%D7%A5%C1%A1%A6%A5%CF%A5%C3%A5%AF

,telnet.phpを/usr/local/public/system配下にuploadするダミーのファームデータを作成。
たとえばこんな感じ
---------
#!/bin/bash
#
# landisk-update.sh
#
# $Id$
#

PATH=/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin
ROOTPATH='/mnt/hda5/.update'

mv ${ROOTPATH}/*.php /usr/local/public/system/
-----------
update.tgzの中身はfor_HDLP-G_series,landisk-update.sh,telnet.phpの三つでOK


これでphpからコマンド入力可能になる。
ただしコマンドのエラーを拾うにはコマンド入力後に標準エラーも拾うように2>&1が必要
またroot権限の場合sudoをつける。

この上で以下のコマンドをtelnet.phpから入力
----------------------------------------
mount -o remount,rw /
sudo chmod a+w /etc/securetty
echo "pts/0" >> /etc/securetty

sudo chmod a+w /etc/pam.d/login
sudo cp /etc/pam.d/login /etc/pam.d/login.bak
echo "#" > /etc/pam.d/login

sudo /bin/busybox telnetd
----------------------------------------
実施している内容は他のサイトを調べれば出てくると思います。

telnetでログイン後は/etc/inittabにrespawnでtelnet起動を書く。
以上です。

簡単ですが、改造できるレベルの人(このメモを読んで分かる人)には伝わるように書いたつもりです。今後の改造が進めば追加します。




LANDSIK HDL-S 改造2

 改造1の状態から、apt-getでFTPサーバとか色々と入れて順調だったのですが、根本的な目標=「ミュージックサーバ作成」のため自作のUSB-DACを繋げてみると動かない。Knoppixで起動した母艦はOKだから、結局カーネルにUSB音楽モジュールが組み込めない事が判明。LANDISKでカーネルコンパイルを可能な状態にして、同じカーネルバージョンでモジュールを作ったけどもやはり現状のカーネルにはinsmodできない。

そもそもカーネルコンパイル時にモジュール自体も組み込めないようになっている可能性もあるので、しょうがなくカーネルを入れ替えることを決定。コンパイルしたカーネルをinstallした後、bootフォルダのinitrdイメージの中のカーネルも書き換えました。これで再起動→失敗・・・・

しょうがなくシリアルコンソールをつけてみても、信号がとれない・・・
3V程度の電圧はテスターに出てくるので、ノートPCのusb-シリアル変換で失敗しているのか、そこが不明。シリアル信号も見れないと、やっぱりキツイわ。

結局、現在、手も足も出ない状態です。

その後色々と調べてみるとLANDISKよりも、バッファローの製品の方が改造が簡単なことが判明。パーティションの番号を変えているだけで、LANDISKのようにmbrのパーティションテーブル自体をいじってないみたい。。最初のUSB接続時に商品からHDを取り出す手間はあるけれど、その後の改造はバッファローのLinkStationの方が楽なのか。

ということで、このLandiskは通常のUSB接続のHDとして使う事にして、バッファローの製品を買うか?それともredbootについて調べて、ブートローダから書き換えるか、現在思案中。仕事に余裕が出来たらゆっくり考えます。




ラズパイNASでレグザと繋げる

2011年にLANDISKのハッキングに失敗して7年間。家のレグザもHDDが一度死んで復旧できず、撮り貯めておいた山岳TVやファーストガンダムを全部無くした。ガンダムはDVDレンタルでもいいけど、山岳TV番組は数年後に再放送とか無いからさ。。それ以来、かなり丁寧に運用していて、先日HDDが満杯になったのでラズパイを買ってNASにしてデータを移動させた。思った以上に時間掛かった。結構大変。。色んな方のサイトを参考にしたので、御礼の意味を込めてメモしておきます。

 

 

■Sambaとレグザの連結

今のラズパイはSamba4が入ってる。けど、これとレグザ(37Z7000)の相性が悪すぎる。ネットには色々と設定方法が書いてあるけど、全てが上手く行っても転送途中にいきなりコネクションが切れる。エラーも出ない。意味不明。やっとわかったのは、当時のレグザはSMB1での接続。なので下位互換が不十分という結論。最終的には以下の設定になりました。

---------------------------------------------------- 

[global]
dos charset = CP932
unix charset = UTF-8
workgroup = WORKGROUP
wins support = no
dns proxy = no
server role = standalone server
map to guest =  Bad User
unix extensions = no
#nullpasswords = yes
wide links = yes
guest account = nobody
ntlm auth = yes
#interface 192.168.10.0/24 eth0

max protocol = NT1
ntlm auth = yes

#log level = 2
debug timestamp  = yes

 

[smb]
        path = /media/samba
        browseable = yes
        read only = no
        guest ok = no
        writable = yes
        public = yes

---------------------------------------------------- 

太字は探せば出てくる大事な情報。けど、最終的には赤の行が無いと1時間番組を移動中にコネクションが切れる。。普通のLinux上でSamba動かせばいいのかもしれないけど、ラズパイは100MのLANだから。ネットではわざと以前のVersionのSambaをインストールしている人もいるみたいだけど、この設定をすればSmaba4でも普通に動く。

 

 

■レグザで必須のファイル

ある程度、保存したい番組(グレートトラバースとか)を移動させたあとにハマった。誰だよ、3つのファイル(dtv,meta,rat)があればOKって言ってる奴は。。ちゃんと探すと「.toshiba〜〜〜」が必須な事が分かる。結局、この人が一番正しい。このファイル、ログしかないと思って消したのが命取り。。この中の did.binとalkf配下のalc0000000.bin が必須。ここに復号?のキーが格納されているっぽい。フォルダつくってファイルを整理できるけど、ルート直下の.toshiba(ドット東芝)フォルダが必要だから。

 

気づいた時には一度消して、新しい.toshibaが出来ていた。単に消したファイルならリカバリソフトで復元できるけど、上書きファイルというか、一度消した上で新しい同名ファイルができているど、全然復元できない。昨日の夜からずっとこの対策中。。せっかくJoJoの第4部を撮り貯めていたのに。。グレートトラバースも。。かなりショック。

 

 

 

 

 

 

 




| 1/1PAGES |

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM