LANDSIK HDL-S 改造

 LANDISK HDL-Sを2日前に買って、やっとtelnetログインができました。ネットに沢山情報があったのに、まさかここまで中身が変わっているとはね。。沢山の情報にお世話になったので、私も作成した内容をここにメモっておきますが、あくまでも自己責任でお使いくださいくれぐれもI-O DATAに問い合わせないでください。今回、これだけ改造が困難になったのはそのせいかと思う面もあるので。

■HDL-S変更点ポイント
HDの先頭部分のLinuxがパーティションが無い状態になっていて全く見えない。
busyboxからtelnetdにシンボリックリンクが張られていない
pamが入ったことで、/etc/securetty以外にも設定が必要

,呂なりびっくりです。このため、改造前に効果的なバックアップが出来ません。私はknoppixで母艦を起動後、ddでとりあえずif=/dev/sdaを指定し(ここら辺は環境で変えてね)200Mをバックアップしました。またWindowsからみれる共有フォルダは他の適当なHDにコピー
これで一応、壊れても完全に戻ると想定(間違っていたらごめんなさい→カーネル入れ替えに失敗して、このバックアップから戻してみたが、ダメでした。正しいバックアップ方法は現在不明

△皀轡腑奪大。特にファームのアップデートファイルを展開してinitrdの中身をloopでマウントして見てみると/usr/sbin/telnetdがちゃんとある。それなのに起動時になくなっているとはなぁ・・・

最後のオマケですね。


■改造方法
「phpからのコマンド入力でやる」
具体的には以下の二つのサイトを参考に
http://www.nurs.or.jp/~sho/scripts/php/telnet/
http://www.saigyo.org/hiki/?HDL-GS%20%A5%D7%A5%C1%A1%A6%A5%CF%A5%C3%A5%AF

,telnet.phpを/usr/local/public/system配下にuploadするダミーのファームデータを作成。
たとえばこんな感じ
---------
#!/bin/bash
#
# landisk-update.sh
#
# $Id$
#

PATH=/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin
ROOTPATH='/mnt/hda5/.update'

mv ${ROOTPATH}/*.php /usr/local/public/system/
-----------
update.tgzの中身はfor_HDLP-G_series,landisk-update.sh,telnet.phpの三つでOK


これでphpからコマンド入力可能になる。
ただしコマンドのエラーを拾うにはコマンド入力後に標準エラーも拾うように2>&1が必要
またroot権限の場合sudoをつける。

この上で以下のコマンドをtelnet.phpから入力
----------------------------------------
mount -o remount,rw /
sudo chmod a+w /etc/securetty
echo "pts/0" >> /etc/securetty

sudo chmod a+w /etc/pam.d/login
sudo cp /etc/pam.d/login /etc/pam.d/login.bak
echo "#" > /etc/pam.d/login

sudo /bin/busybox telnetd
----------------------------------------
実施している内容は他のサイトを調べれば出てくると思います。

telnetでログイン後は/etc/inittabにrespawnでtelnet起動を書く。
以上です。

簡単ですが、改造できるレベルの人(このメモを読んで分かる人)には伝わるように書いたつもりです。今後の改造が進めば追加します。




LANDSIK HDL-S 改造2

 改造1の状態から、apt-getでFTPサーバとか色々と入れて順調だったのですが、根本的な目標=「ミュージックサーバ作成」のため自作のUSB-DACを繋げてみると動かない。Knoppixで起動した母艦はOKだから、結局カーネルにUSB音楽モジュールが組み込めない事が判明。LANDISKでカーネルコンパイルを可能な状態にして、同じカーネルバージョンでモジュールを作ったけどもやはり現状のカーネルにはinsmodできない。

そもそもカーネルコンパイル時にモジュール自体も組み込めないようになっている可能性もあるので、しょうがなくカーネルを入れ替えることを決定。コンパイルしたカーネルをinstallした後、bootフォルダのinitrdイメージの中のカーネルも書き換えました。これで再起動→失敗・・・・

しょうがなくシリアルコンソールをつけてみても、信号がとれない・・・
3V程度の電圧はテスターに出てくるので、ノートPCのusb-シリアル変換で失敗しているのか、そこが不明。シリアル信号も見れないと、やっぱりキツイわ。

結局、現在、手も足も出ない状態です。

その後色々と調べてみるとLANDISKよりも、バッファローの製品の方が改造が簡単なことが判明。パーティションの番号を変えているだけで、LANDISKのようにmbrのパーティションテーブル自体をいじってないみたい。。最初のUSB接続時に商品からHDを取り出す手間はあるけれど、その後の改造はバッファローのLinkStationの方が楽なのか。

ということで、このLandiskは通常のUSB接続のHDとして使う事にして、バッファローの製品を買うか?それともredbootについて調べて、ブートローダから書き換えるか、現在思案中。仕事に余裕が出来たらゆっくり考えます。




| 1/1PAGES |

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM