自作キーボード 分離型

 

プロは道具に拘る

プロはどんな道具でも結果を出す

 

タイプがわかれる。イチローはバットにかなり拘ってた。単に特注品だけでなく手入れにも。大リーグの同僚がその手入れに感銘をうけたと。だから道具に拘る方が日本人らしさ?

 

うちの業界は当然ながらハッピーハックキーボード:HHKB。事務所でも先輩とか使ってる。僕はずっと一万円以上出す気はなかったから憧れで終わってた。けど、仮想デスクトップ環境になって権限がなくなりCtrlとCapsの入れ替えができなくなった。個人的にはありえない。コピペだけでなく、Ctrl+Aで行頭やCtrl+Eで行末、Ctrl+DでDEL、Ctrl+HでBS(BackSpace)などは必須だから。

 

しょうがなく物理的にAキーのよこにCtrlがある日本語キーボードで一番安価なのを探したらLite2。1月から使用して、Fnキーの場所が気に食わない。そもそも根本的に

 

『スペースキーは長すぎるんじゃ、ボケェ』

は日本人の99%が不満に思ってる。HHKBでもそこは変わらない。いままでより小ぶりでキーが硬めになって肩が凝りだしてついに決断。

 

紹介記事shop、自作サイトをみながらいろいろと考えてた。
・矢印は必須かつ横一列並びは嫌。三角配置

・Enterはバチンと叩きたいときがあるから大きいサイズ

・当然分離型

・親指にはキーいっぱい

・キーの並びはrow-staggeredか格子型か迷ったけど、分離型ならば格子型という意見に納得

・数字列は欲しい

矢印キーに触るのは馬鹿という意見も納得するけど、あれは一部の分野では? 理由は後述)

 

以上をすべて満たして在庫あるのはくまお工房だけだった。そして買いました。作りました。ダイオードは多いだけたが、hotswapソケットが外れやすいので要注意。上記写真のリード線は剥がれた補修です。はんだごて台なんてない。ずっと上記の環境で電子工作してる(笑)。

 

キーキャップを買ったらファーストガンダムっぽかったので、ひとつ黄色にぬってみた。三角に配置した赤の矢印と2uの長さのEnterがミソ。

 

特に小指にEnterがあること。分離型の場合は親指にEnterを配置する人も多いけど、Rubyのまつもと氏の記事を読んでから、セミコロンをEnterにしてきたので。

 

レイヤーには特にこだわってないです。2層。音楽再生ボタンなどもちゃんと設定した。作る前はネットを探してもわからなかったけど、実際につくって分かったのは

 

・Shiftの組み合わせは変更できない。@と?をShiftで切り替えるなんて原理的に無理

   →OSには?のキーコードでなくShiftとバックスラッシュで渡しているから。

・Ctrlと英字キーの組み合わせをカスタマイズはできない。キーボードでCtrl+DをDELに変換することはできない

  ※マニアックな設定ならできそうだけど、事例はネットにない。判明したら追記します。

 

 

全部で2万円弱。分離型だけなら製品版も一応あるけど、この値段なら自作を選ぶ。カスタマイズできるし、なによりも壊れたときに修理して長く使えるから。今日知ったけど、USBにソケットをつけてキーを変換するアダプターがあるんだね。これと人間工学キーボードを組み合わせるのもひとつのソリューション。結局どれもこれも2万円ぐらいする。あとは必要性と好みの問題。カラム配置にしたのでまだ打ち間違いが発生するけど、分離型で肩が開くのはやっぱりいいね!

 

----

■矢印とEnterの大切さ。

プログラミング/コーディングしている人はコンパイルや実行時にエラーが出るから修正しやすい。けど自然言語の文章は違う。文章書き終わってコンパイル(⇒誤字脱字checkや読みやすさのチェックとか)できるAIはまだ完成してない。だからいったん時間を置いて冷静になって文章を読み返す必要がある。こういう場合は片肘つきながら矢印キーをちまちま動かすことがおおい。そのときはレイヤーキーとの同時押しとか嫌。物理キーとして欲しいし、かつ一列も嫌。

 

矢印キーは伝統的にhjkl:←↓↑→にだけど、これは身体感覚と違う。日本人とアメリカ人の違いなのかな?縦書き文化と横書き文化に関係ありそうな。個人的には←↑↓→なんだけどなぁ。。けっきょく、この配置だけには慣れなかった。かつCtrl+HはBackSpaceだから。それもあってJKILにそれぞれ矢印を割り当ててます。これはレイヤーでなくCtrlとの組み合わせ。またセミコロンのEnterは文字変換の確定のためなので、長い文章を書き終わったときのEnterは、でっかいEnterキーをばちんとたたく。

二回以上。そして改行増えすぎたBSで消す。え、これって普通じゃないの?(笑

いまはプログラマー界隈ではやっている分離型だけど、一日の大半をキーボードで過ごす人には必要だし、企画寄りの作業している人は上記の要求案だと思う。

 

そうそう分離型キーボードでなくノートPC本体のキーボードとか使っているときは、セミコロン単体だとEnterになり、Ctrl+セミコロンでセミコロンになるようにAutoHotKeyで設定してます。

 

 

 




富士山キートップ/キーキャップ


自作キーボードの人は自作キートップまで行き着く人がいる。逆にキーボードは通常だけど、キートップだけかわいくしてる女性もいる。スマフォのケースに凝るようなものかもね。私も参戦。いろいろ見ててもみつからなかった富士山。残雪期含めて10回以上登ってるし、作るのが非常に簡単なのもお勧めな点。とりえず、通常と赤富士の二つを作ったので紹介。

 

けど用語がキートップとキーキャップの二種類あるのはいまいちだね。統一した方がいい。個人的にはキートップと覚えた記憶だが。。

 

 

 

’磴辰討たキートップで使わないものを選び

∪佛甘擇蚤腓泙につくり

やすりで削って

たГ鯏匹襦淵▲リル絵の具)

ゥ┘シポ樹脂でコーティング

 

以上の流れ。ステップごとに書くほどでもないぐらい。3Dプリンターとかシリコン樹脂の流しこみ使う人もいるみたいだけど、今回は一番安価な方法。そしたら軽さと硬さで石粘土しかない。全部石粘土でつくりよりも既存のキートップを使ったほうが楽。塗料も安価にダイソー等でうってるアクリル絵の具。なんといってもpointはコーディング。ふつうはニスだけど、何度も触る部分だから。いろいろ調べてエキシポ接着剤を使うことにした。もともと自作キーボードではICチップのUSBコネクター固定のために必須扱い。アセトン→除光液を使えば塗りやすくなることを知ってtry。想像以上の光度合い。今回一番skill習得したのはこのコーディング部分だね。

 

もちろん塗り方も大切だが、画像検索で富士山の写真や絵をいっぱい探せば大丈夫かと。紺とエメナルドグリーンと白を塗る普通の富士山と違い、赤富士のほうが苦労するかもね。

黒に近い緑→紫→赤→オレンジで線を入れる。雑に適当に盛りながらやったほうが山っぽくなるというお手軽さ。材料もほとんど百均。この時点で自作キートップデビューは富士山で決定でしょう!!皆さんにもおすすめ。いま画像検索するとひとつもないけど、1年後には溢れるほどになっているはず。

 

他の画像はこちら。これがメイキング

 

個人的には宝永火口を真正面から描いた林武の赤富士が一番だと思っているが、全部石粘土じゃないと無理。どうせなら、そこまでやる??

 

じつは、、赤富士は絵の具を盛りすぎ、コーディングを盛りすぎで、周囲すべてにキーがある場所だと隣のキーに干渉する。。ここまでつくったのを再度削るのは忍びないので、もういっこ赤富士は今から作る予定。。

 

 




minimum arcade-controller:ミニマム・アケコン

無印のような最小型アーケード・コントローラー


前回キーボードをとりあげたので続きで今回はアケコン。八年前に作ったので装飾のコルクがかけていますが、想定どおりの作品になったと思ってる。

 

当時、常駐先で働いていて良い職場だったが、やっぱり客先にずっといる緊張感とかはある。

「ああぁ昇竜拳だしてー」

「鳳凰脚でスカっと勝ちたい!」

と心の叫びを言語化できたけど、平日10時過ぎてからもパスだし、休日にわざわざそのために出かけるのも。。家で好きなときにやりたいけど、普通のコントローラーじゃストレス発散にならない。家庭用のちゃんとしたアケコンは2万円前後。そしてでかい。必要パーツを並べるだけなのに、あれだけでかいのも納得いかなかった。

 

自作アケコンを画像検索しても派手だし小さいのはない。しょうがなくゼロから設計。 といっても単にネットにある図面をちょっとかえるだけ。くり抜き加工は渋谷のハンズ。全部MDF版。PS2のコントローラーにつなぎました。 もちろんアケコンの部品は三和電子。

 

もちろんこのサイズなので、このままつかうと動きます。最初はあぐらの足で抑えればよいと思っていたが、地味にきつい座り方。なのでステンレスの板をつけることに。無くてもすむかと思っていたけど、さすがにそれはなかった。一本100円のダイソーなのでそんなに追加投資でもない。

 

使うときはこんな感じで伸ばすとお尻の下までくるので、体重で動かないようになる。想定通りの固定度。

お勧めです。

 

ーーー

餓狼のコレクションを2つと、ストリートファイターズと鉄拳をそれぞれ買って散々遊んでた。最近はホコリかぶってることも多いけど、収納が楽ってのは凄い利点です。

 

 

 

 

 




食卓に網棚を後付け

食卓をもっと活用するために

DIYコーナーを作っても電子工作ばっかりじゃね。やっぱり王道は木材ですよ!! 最近はDIYにこだわる芸能人も増えているけど、他とかぶってるネタを紹介するつもりはない。新型コロナで在宅勤務が増えるので、これまでいろいろと作ってきたものを一気に投稿してきます!

 

ご飯を食べてないときの食卓は机として普通に使う。書斎なんてない。複数の資料を広げたりノートPCを出したり。そんなときに「ご飯の用意できたから片付けて」といわれても困る。食べたらまた再開するんだから。だから食卓にも引き出しが必要。別に食器を入れるわけじゃないから棚でもいい。実際に最初からラックがついてるこんな食卓もあるが、コスパ最強のニトリの食卓を使っているので。。今調べたらこんな風にたてにしまう後付けもあるんだね。5年ぐらい前の当時はそんなの無かったけど。。

 

かっこよさを考えるなら、大きなガラス板を使って、今の食卓の上にもうひとつ天板を置く。けど、そんなガラス板も高いしねぇ。いろいろと考えて一番simpleに攻めることにした。強度UPとそり防止のために二箇所ついてる補助板を活用。ダイソーで買ったL字の留め金(最近売ってないみたいだが)に、ワイヤーネットを結束バンドでとめる。L字金具は二穴をねじでとめれないので、急遽、外側で固定。重量的には穴ひとつ分ですが、ワイヤーネットじゃそもそも重いものは耐えれないし、ノートPC2Kgに書類・本1Kgなら十分これで可能。こういうとっさの機転がDIYの面白いところ〜〜 全部で500円未満。やっぱりDIYはこうじゃなくちゃね。森泉がマキタの工具を使っているのもみると「やっぱセレブは違うなぁ」と思う。うちなんてほとんどblack&deckerなのに。

 

 




メタルラックに自作の追加棚

追加棚を制するものはメタルラックを制し、
メタルラックを制するものは収納を制し、
収納を制するものは部屋を制す。



「東欧を制するものはハートランドを制し、ハートランドを制するものは世界島を制し、世界島を制するものは世界を制す。」

格好つけて地政学の言葉を真似てみましたがホントこの通り。「新型コロナの関係で在宅勤務が広がる状況なので急遽ノウハウ共有」ってほどでもないですが、テレビ会議のときに家の中のどこに行くか結構悩む。すっきり整頓されて収納されている部屋だと出来るオーラ漂うからなぁ。これまでスーツや腕時計に向いてた意識も変わるかもね。

 

メタルラック/スチールラックと呼び名は複数あるけど、記憶では2000年以降に広まった。それまでの棚はネジを使っていたのに、メタルラックはミゾとプラスチックだからほんとイノベーション。1枚の棚板の対過重が50kgぐらいあって、シルバーの輝きも映える。値段も高くない。追加の延長ポールやつっぱりポールを買えば天井まで棚にすることもできる。

 

最近は2x4を使った棚(ディアウォール)やボルトラックもあるが、ディアウォールは重さの制限もきついし、4本にしないと倒れてくる可能性がある。天井までの長さの木は分割できないので、使わなくなったときに保管するのも大変。ボルトラックで身長を越す高さは無理だから。


 

けど、メタルラックにも大きな欠点がある。それが追加棚のコストの高さ。専用品しか取り付けれない。なので私は1mのナガネジを使ってます。基本、横幅90cmのメタルラックを買うので、1mのナガネジがちょうど良い。コーナンだろうとカインズだろうと大きいホームセンターなら売ってます。1本200円もしないぐらい。それを2本つかって棚にする。メタルラックを二つ買って、延長ポールを買って、ナガネジを6本ぐらい買って、全部で3列の棚を作る。2つのメタルラック+2000円未満の予算で3つ作れるお得さ。すると壁一面がメタルラックになって収納には困らない。

 

「そんなに棚いらない」かもしれないが、メタルラックの奥行き46cmはワードローブになるし、TVを置くのも楽。安定感を出すにはさすがに真ん中の列にも通常の棚を入れるのでサイドバーも欲しいが。

 

 

これに気づくのに10年ぐらいかかった。。いままでちまちま追加の棚を買っていたので、今は上から1枚目の写真のような両側がサイドバーか、2枚目の写真のような応用例だけですが、次引っ越しするときは一気にやりたいと思ってます。

 

絵で書くとこんな感じかな。

 

----

そうそう大事なことを忘れてた。当然ながら長ネジでつくった棚は重いものはおけない。それだけでなく、こうやって活用すればするほど床にかかる荷重はあがるのでメタルラックの足には板をおいて分散させてます。じゃないと床が凹むからね。こんな感じ。もちろんこんなに大きくなくていいけど、余った板をそのまま使ってるだけです。ポールの断面積の4倍ぐらいになればいいと思ってます。


 




メタルラックに収納かごを吊るす


前回のようにメタルラックを使うと段毎の高さは大きくなる。なので密度を高めた収納には工夫が必要。下から積み上げていくと取り出しにくくなるし、引き出しタイプはそれなりのコスト。上から吊るすことも検討したほうがいい。けど、吊るすタイプの収納かごは奥行きがないものが多い。だからこそこのステンレス棒で両側から挟みこむ手法の出番。

 

写真じゃわかりにくいので、はがす前の緑の棒の写真がこちら。使わなくなった園芸用品を金属のこぎりで切る。DIYにのこぎりは必須だけど、金属用も持っていればそこそこマニア。大体はステンレス棒をホームセンターで買うが、園芸用品の方がコスパは良い。緑はプラスチック膜なのではがせばステンレス棒がでてきます。こんな感じ

 

みてのとおり、スキャナー一体型のプリンター。スキャナーとしても使うために上の空間は空けておく必要がある。けど、めったに無い。なので替えインクなどを百均のかごにいれて吊るしてあります。ワイヤーで吊るすとゆれるが、これはがっちり棒で挟んでいるので。




カラーボックスを食器棚に

DIYはカラボに始まりカラボに終わる


先日メタルラックの大切さを伝えたが、DIYの基本はcolor box:カラーボックス。略してカラボ。昭和の時代から存在したマストアイテム。最近はサイズも段数もバリエーションが増えたが基本は3段。組立の簡易さと圧倒的な安さが特徴。木のくずを固めながらもMDFより密度が低いから。縦置きで20kg、横置きならベンチになるぐらいの強度はでる。カラボ二つに天板おいて机にする技は平成に入ってから知った。子供机はカラボで一緒に作ってDIY精神を伝える方がいいのでは?

 

今回はカラボで食器棚を作った例です。ダイニングの配置的にニトリの食器棚が置けなかった。なのでメタルラックにカラボを置いて食器棚にすることにした。ポイントはこの丸くくり貫いたドア。当時(2007)はダイソーにホールソードリルが売っていた。いまはぜんぜん見かけない・・・きっと厚すぎる木をくり貫こうこうとして、壊して、商品不良のせいにした輩が多かったのでは?厚み1cmの板なら普通に使えるのに。ニスも塗って裏からプラ板張ったら、かなり斬新なデザインの既製品に見えるハズ。家にきた人は自作と聞くと皆びっくりしてました。

 

しかし、ダイソーの木の板はすこしサイズがたらず、1cm四方の棒2本くっつけたり、くり貫いたあとのやすりもしてないので、近づいてみれば手作り感満載。円も小さいので、中の食器がちゃんと見えるわけでもない。。せっかく中には結婚祝いにもらった中華製の正式な茶器とか入っているのに、、、ダボもダイソーの木材のダボなのでいまいち。いまならちゃんとこういうものを買うが、、ダボの穴はカラボを組みたてる前に空けなくちゃいけないので、もう無理なのですが。

 

まあなんにせよ、うちに自家焙煎コーヒーを飲みにきたら、家具からスピーカーまでDIYも学べる状況。やっぱり会社の人材開発部門にいるかぎり、勉強以外でも伝えるべきものは伝えていかないと。けど、こっちに引っ越したあとは忙しくて滅多にしてないなぁ。。最近働き方改革だけど、沼津に住んでたころは車通勤だったし、やっぱりいろいろと環境は変わる。けど、一度作った家具は使い続けるもんですね。

 




「すのこ」で傘立

平成のマストアイテム:すのこ



昭和から続くマストアイテムはカラボだが、平成からすのこを使った作例が増えてきた。100円shopでも売っているし、軽いし、強度はないけど、板代わりとして気楽につくれる。その中でも活用例として一番お勧めなのが傘立て。すのこを二つ木工ボンドで張り合わせるだけ。何かのDIY記事に載ってました。だけど、検索したら出てこない。なのでうちでもUPしておくことにした。

 

ポイントは

,垢里慨兇鬚覆すために両端の部分とる

▲好謄ぅ鵑任覆100円塗料で木材着色

L字金具で転倒防止

 

,蝋イ澆量簑蠅世韻鼻一般的なDIY記事で不満大なのはステインによる木材の着色。すのこは色が薄すぎる木調なので、塗った方が高級感も耐久性もでる。けど、すのこでつくる作品にステインまでは必要ないでしょう。茶色のアクリル塗料をかなり薄めて塗ればOK。普通に塗ると木目がなくなるので、あくまでも木目感は残したい。

 

あと個人的には必須だとおもうのが これがないと倒れるんですけど、、、参考にしたDIYの記事にはのってなかったけど。あくまでもすのこ2枚を張り合わせることで、ちょうど傘の太さにマッチする薄型傘立てになるのがポイントなので、は必須だと思ってます。

 

 




登山靴を玄関に飾る


こちらも以前にDIY作例記事で見た内容。ところがぐぐっても出てこない。なのでうちでも投稿しておきます。

ゞ力マグネット

▲錺ぅ筺璽優奪

L字フックの一番長いやつ

これらを組み合わせて玄関扉につけるだけ。がなかなか売ってない。一応私のくつは1つにつき3本のをつかってますが、深い意味はないです。

 

テントはもちろん冬山用の道具までそろえると結構収納スペースが必要。登山靴が普通の靴箱に入るわけもないしね。だから発想を転換して見せる収納。その基本がこの玄関を利用した登山靴のディスプレイ。本当ならばピッケルとかも飾りたいのだが、そこはまだまだ。。まずはごつい奴からで。

 

 

 




乾電池6個をACアダプター化

乾電池の長さの「棒」がポイント


家で使っているテプラが動かなくなった。くまのプーさんモデルらしいが、乾電池6個必須というふざけた仕様。電気使用量から充電式にしていたが、テプラの使用頻度は波がある。結果的にたまに電池を6個入れて、使い終わったら外すという運用。これはメンドイ。今回はエネループ以外の安価な充電式を買ったら液漏れが原因と判明。

 

キレてACアダプター化することにした。こういうときのために家電が壊れてもACアダプターだけは捨てない。お風呂用のCDラジカセのACアダプターがちょうど9V。テスターで測ると10Vあったがまあこんなものでしょう。

 

ケーブルを途中で切って乾電池をセットする場所に半田付け。ところがなかなか半田が乗らない。10分ぐらいあれこれしているうちに棒を思いついた。接点を増やすために片方はアルミ。これを乾電池の代わりにセットするだけ。写真はマイナス側をはめて、プラス側の棒をテプラのカートリッジの上においてる状態の写真です。

 

これなら後からでも乾電池使用に戻せる!

なので、同じ悩みの方のために紹介しておきますー




| 1/2PAGES | >>

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM