電動珈琲焙煎機の自作

珈琲の自家焙煎を6年ぐらいやってきたけど、さすがに手網では週に1度が限度だった。それ以上は疲れる。。手網はMAX240gだから1日2杯で一週間分。最近、「もっと飲みたいなぁ」と思っていたら、後輩が自動の焙煎機を買ったと聞いた。一瞬迷ったが、ガスと電気を両方使うような大きなサイズの焙煎機は台所には置きたくない。もちろん手回しもメンドイ。なので必要最低限の仕組みで自作することにした。


●必要な材料●

■焙煎機

.好ムミルク缶

直径6mmのネジ棒(ナガネジ M6)(長さは28cmぐらい) :78円 (材質で値段は300円ぐらいも)

E度なネジやワッシャー :220円

ぬ收修粒検 130円

L字の補強財

ε度な台座となる木材


ちなみに買ったのは◆銑ぁ,浪箸謀召っていたアミノコラーゲンの缶(直径10cm、高さ13cm)。イ鉢Δ浪箸砲△泙辰討い燭發(こちらの写真の左側)。もともとついてる缶の蓋は熱に弱い。たまたま近くのホームセンターに直径10cmの木材の円盤があったから、ちょうど良かった。(上の写真は 銑い泙任任后


先週、手動で動作を確認しました。6年間鍛えた手網よりも炒りムラが少なくなったのに大満足。

そして今週末に電動化にチャレンジしました。


■電動部分

タミヤの4速ウォームギヤボックスHE :1155円

単3乾電池ボックス(2本用)


Г魯ヤ比を555.4:1で作成(回転数は18rpmで回転トルクは2306 gf・cm)。┐呂發箸發隼っていたので値段は忘れた。。トルクが心配だったが見事250gの豆を入れても動いてくれました♪♪(動画はこちら)。音はうるさいが理想どおりの自動化で大満足。


自動化工作で難しいのはナガネジ6mmと電動部分3mmを連結する箇所。このために電動部分にはキットについてる十字の付属をつけて、こちらの右のように先をセロハンテープで包んだ釘を二本。焙煎側も余ってた円形の木材に2つ穴を開けて連結して、収納時は取り外し可能に。最初は鉄の硬い棒を探していたけど、単に釘の先端を痛くしないようにすればいい事に気づいた(笑 手動でも回転できるように円形の木材には円周側に5mmの穴もあけてます。手動のときはその穴に菜箸を突っ込んで回します。 蓋の木材には取っ手のために四角い木をつけてます(ちょっと取っ手がデカイ・・)。ちなみに缶の後ろはこんな感じでワッシャーを何枚か重ねてます。思った以上にギヤセットで加重を支えれるので、電動の時はL字の台座は反対側だけにしてます。


今後の改良点は密閉部分の可変かな。1ハゼ前に豆の水分が水蒸気として出てくるけど、密閉されているので中にこもってしまう。だから今は焙煎途中で止めて、蓋を上にずらして水蒸気を外に出してる。理想的には蓋に透明部分を作って開けなくても焙煎度合いを確認するようにしたいけど、音で分かるしガラスの加工は大変だから迷ってる。


ちなみに、あくまでも焙煎の下処理として2ハゼ前までをこの機械でやってます。最後の微調整は手網を使ってます。チャフも手網に移して落としてます。だから本当に最低限の機能しかありません。値段と収納スペースと能力でオススメと思っているけど(笑 


以上、詳しい質問があればコメントください。

 




焙煎時に香りたつ珈琲豆

自家焙煎を長くやっているけど、昔は単純に「珈琲大全」を参照しながら、その国のベストポイントに合わせるように焙煎してた。けど、珈琲大全には全ての国が載っているワケでもないし、国単位の区別は荒い。お茶やワインの世界を見れば一目瞭然。フランスワインとイタリアワインとスペインワインの3区分って、それはちょっと大雑把過ぎる。なんでもワインの世界には公式があって、その場所の緯度と高度が基本データで、その年の日照時間と雨の量で、その年の産地の大体の味のレベルが分かるとか。もちろんもっと基本的なデータとして土壌の質もある。これは他の作物でも当てはまると思う。地球が自転している以上、経度はあまり関係ない。日照時間に関係するのは緯度の方。その土地の高度は基本的な平均気温を決める。当然、高い場所の方が寒い。だからこそ、珈琲の産地でも高度情報が書いてある生豆販売サイトは良心的。

だからこそ、珈琲大全のデータは参考程度に扱いにして、全ての珈琲豆の焙煎度を変化させてベストポイントを割り出すようにした。そしてエクセルで、豆毎の産地、値段、ダメ豆率から香り、ベストポイントの場所、旨さまで数値化して管理するようにしたのが2012年5月。そもそものきっかけは以前に書いたマラウイ。たまたま友達が遊びに来て、彼が浅煎りが好きだったからマラウイを浅く焙煎して飲んだらびっくりした。マラウイは珈琲大全には載って無いし、バッハ自体は2ハゼちょい後ぐらいの焙煎してた。けど、もっと浅い場所にもベストポイントがあった。もちろん同じマラウイ産の珈琲豆でも産地が違うかもしれないから、「やっぱり国情報では荒すぎる」と痛感したので。

この1年で色々とデータが溜まったので、それを書いていこうと思います。ちなみにここでご紹介するのはワイルド珈琲で全部買ってます。07年に自家焙煎を始めた時に一番丁寧な商売をしていた。他のネット販売も試したけど、特に違いを感じなかったので、一番情報が多いワイルド珈琲を使ってます。ちなみに、豆へのリンクは貼りません。あくまでもその年の豆の情報なので、これを見てる皆さんが購入する時には参考程度にしかならないと思うので。

■焙煎時に香りたつ珈琲
自家焙煎をする理由として「焙煎時に部屋にいい香りが漂う」があれば、この情報は必須でしょう。 飲む時の珈琲の旨さでもなく、飲む時の香りでもなく、あくまで焙煎時。だからこそレア情報になるはず(笑

エチオピア:シダモG-2(2012/04購入)
現状の我が家のランキングで最高度の9の香り。なぜだが不思議だがG-1は平均値の5。G-2の方が香りが良い。ただし、飲んだ時の旨さはG-2は平均+1の6、 G-1だと旨さは7or8です。G-2の値段は730円なのでワイルド珈琲の500gの値段としては安値圏だね。(750円以下をそう分類してます)

ザンビア :AAプラス・ビクトリア・フォールズ: カサマ地区    カテシ農園 ウイリアムさん(2012/04購入)
こちらも香りは最高度の9、旨さは7。値段は810円です。

■ダメ豆が少ない珈琲
ハンドピッキングがメンドクサイ人は、なるべく良豆率が低い物を買う必要があります。ウチはダメ豆と2軍に分けてます。ダメ豆は捨てて、二軍はそれだけを集めて、半年に一回焙煎して飲んでます。もちろん腐ってたり虫食いがダメ豆で、形が悪かったり欠けてるのが2軍。これらの豆は全て個数を数えてエクセル管理。良い豆の個数を管理する事は出来ないので、そちらはあくまでグラムを計測。最終的な計算式は、9g=35豆で計算、2軍は0.5倍してます。たとえば200gの良豆、ダメ豆20個、2軍が30個の場合、良豆=200÷9×35、ダメ豆=20+30×0.5です。この計算式において、良豆率99%以上をGoodとしてます。

エルサルバドル :ナチュラル・サンタリタ   ソンソナテ県サンタリタ(2013/01購入)
99.1%の良豆率。値段は880円だから高い部類(850円以上は高価分類)。ちなみに香りは5、旨さは7

コスタリカ    コスタリカ    SHBボルカニック(2013/01購入)
こちらも99.1%の良豆率。値段は770円だから普通かな。ちなみに香りは5、旨さは6です。

■旨い珈琲
純粋に旨いと思う珈琲です。これはかなり好みの差もあると思いますが、ウチの基準ではこんな感じ・

マラウイ:AAゲイシャ・チャニア,北部州ミスク地区チャニア村,ムススコーヒー生産者協同組合(2012/08購入)
875円、良豆率98.6%, 香り5、旨さ9

エクアドル:無農薬マナビ,マナビ県カスコル(2013/01購入)
820円、良豆率98.4%, 香り5、 旨さ9

あまり書くと大変なので、旨さ8の珈琲は書きませんが、ワイルド珈琲で800円以上の豆はどれも旨さ7以上ですね。そういう意味では、唯一700円代で旨さ8の珈琲があったけど、良豆率が低かった。個人で飲むのであれば、原材料費における500gの豆の値段の50円の差は誤差に等しいので、まずは800円台以上を買うのが安全パイかな。最近はそんな結論。

また情報が溜まったら、UPしますね♪
 



珈琲自作 第2弾

最近、珈琲自家焙煎用の手網が売ってないことに気づいた。昔はワイルド珈琲で2500円程度で買えたのになぁ。どれだけ焙煎機を作っても、最後の微妙な火加減は手網にする必要がある。汎用的な豆の手網はあるけど、サイズがイマイチな物が多い。もちろんフライパンとか普通の鍋とかでも可能だけど、火の通りが良いものがいい。


最近は会社でも勧めているので手網も自作しました。といっても単に100円ショップで直径15cmの網を二つ買って針金で縛るだけなのだが(笑 それがこの右の写真です。意外と普通に使えます。150g〜200gの焙煎にちょうどいい。特に球の形になるので中の豆がいい感じでかき混ぜられて焼きムラが減る。写真は2回ほど使った後ですが、問題なく数年は使えると思います。



以前に焙煎機を自作したけど、ドリルで穴をあけたり、直径10cmの円状の木を手に入れたりと、参考にするのは大変だったと思う。もっと簡単に作るために色々と試行錯誤して2号機を完成させました。


2000円程度したアミノ酸のステンレス缶は簡略化して100円ショップで売ってる貯金箱に。金色/銀色があるが、個人的には銀をチョイス。10cmの円状の木材の代わりにこれまた100円ショップで直径10cmのしゃくし? この手持ちの針金を外して、真ん中をカッターで切ればそれで完成。

三回ぐらい使った後の写真が右です。見事に黒くなって100万円の文字は見えなくなっているけど、十分に使えます。さすがに粉ミルク缶に比べるとちょと弱いが、300gの焙煎を十分にこなしてくれます。それぞれのアップはこちらと、こちらで。適度にワッシャーを挟んで耐久性を上げてます。


ということで、

スキムミルク缶  ⇒100円ショップで売ってる貯金箱(直径10cmの円柱型)

直径6mmのネジ棒(ナガネジ M6)(長さは28cmぐらい) :78円 (材質で値段は300円ぐらいも)

E度なネジやワッシャー :220円

木製の蓋 :130円 ⇒100円ショップで売ってる網

L字の補強財

ε度な台座となる木材


となりました。他の部分は以前の投稿を参考にしてください。

----

最近は会社で月に1回、非公式に定時後に珈琲焙煎してます。退勤処理をしたあと、タバコ部屋に集まって(それなりに煙がでるから)。部長が影響を受けて珈琲焙煎を始めたから、こうやって趣味が広がるのは面白いね。個人的な趣味丸出しだけどES(従業員満足度)にちょっとは貢献してるかもしれん(笑


 




ストーブで2時間かけて焙煎

以前にストーブ生活を紹介したとき、ストーブの上で珈琲焙煎をしてみたいと書いたけど、普通にナベ一つでできました。クルクル回す部分なんて必要ない。5分に1回ぐらいナベを振るぐらいで、それを1回忘れたぐらいでも大した変化無い。

 

もちろんストーブの温度から完全な焙煎は出来ない。最後はコンロと手網で仕上げる必要あるけど、途中までの処理としてはかなりいい。やっぱり弱火でじっくり焙煎した方が美味くなるね。どれぐらい味に作用しするかって?最初の30秒蒸すよりも効果あると思う。びっくりなのは、途中、凄く臭い匂いになる豆があること。普通にコンロで焙煎していると気づかないのに2時間かけてストーブ焙煎すると分かる。

 

もともとエチオピア産の豆は失敗するとウンコの匂いになったけど、エチオピアじゃないんだよなぁ。まだここら辺は色んな国で試してないので、正確なデータが溜まったら公開します。

 

均一性だけど、こんな感じ。わるくはない。厳密性を求めるので無い限り、どんな山小屋だってストーブはあるのだから、そこに「珈琲豆焙煎してます。5分に1度、ナベをふってください」って張り紙しておくだけでいいんじゃない?と思うほど。

 

ずっと回す仕組みをどう実現するか、色々と考えていたけど、ごれだけ弱火ならたまに手で振るぐらいでOKな事が分かった。。こういう情報は、どこにもないから、自分で試さないとダメだね。




コーヒーロースター:電動焙煎機

まさか電動焙煎機が1万円をきる時代がやってくるとは。

以前に自作した立場としてはびっくりです。

 

これまで電動焙煎機は8万円が標準価格。最近は新潟のストーブメーカーが作った製品が売れ筋。けど、どれも装置にガス・電気の加熱部分を持つ。パナソニックは「焙煎プロファイル(秒単位の加熱温度変化)」をスマフォから設定できる20万円の製品を発売したけど、あれはセレブか情弱向けでしょう。

 

珈琲の焙煎は「ステーキ肉を焼く」のか、「米を炊く」のかどちらに近いか?

正しい問いだけが、正しい解答に辿りつく。そして珈琲焙煎はこれが正しい問い。

もしステーキに近いなら焙煎プロファイルの価値はある。けど、ごめん。米に近い。10年以上焙煎やってきてるから体感で分かる。もっと簡単な証明がある。サイズ。どうみても珈琲豆はステーキ肉よりも米に近い。それだけの厚みしかないんだから焙煎プロファイルなんて意味ない。もちろん無意味じゃない。けど、まずは鮮度(焙煎したらすぐ飲む)やダメ豆を弾く方が大切。

 

殆どの日本人の家庭には炊飯器がある。それと同じなんだって。

----------------------------------------------

生の珈琲豆 = 玄米    ⇒数年持つ

      = 精米    ⇒1ヵ月

珈琲焙煎  = ご飯をたく ⇒3日

ミルで粉  = ○○丼   ⇒当日

----------------------------------------------

こうやって対比させると一目瞭然。普通の家庭は白米を買う。けど、ちゃんと拘るなら玄米を買って家で精米する。良く美味しいご飯を食べるために5万円ぐらいの炊飯器を買う人がいるけど、その前に1万円の精米機を買うべき。これこそがボトルネック解消思考です(笑。以前は有機栽培しかなくて玄米の方が高かった。最近はふるさと納税で玄米も安く買えるようになって嬉しい限り。

 

珈琲に凝りだすと、まずはオシャレなケトルを買う。

これが間違いのもと。毎年、珈琲が好きな新人を集めて定時後に自家焙煎講座をやってるけど、結構な確率でケトルを買ってる。そこで珈琲の真実を伝えると皆落ち込む。それだけ形から入るというか宣伝の効果なのかもね。あのオシャレなケトルの効果は「「の」の字でお湯を入れること」だけど、これ自体がほとんど意味ない。それよりも83度の方が大事。お湯をそそぐ間ずっと83度をKeepするには、いちど水筒に入れた方がいいです。昔はちゃんと温度計で測っていたけど、熱湯は100℃以上にならない。だからあらかじめ分量をはかった水を水筒に入れておけば必ず83度になる。もちろん水筒だからやかんよりも流量は細いし「のの字」だったかける。こういうのが真のノウハウです。

 

細かく粉砕すると苦味が出る。

これも間違い。単にダメ豆を弾いてないだけ。弾けば、とことん細かくした方がコストパフォーマンスが高い。けど、やりすぎるとミルで詰まる。だから私は粉がつまらないようにミルの中身まで改造してます。このため、どの市販製品よりも細かい粉にできる。

 

ここら辺のノウハウを書き出すとキリないので。焙煎の話題に戻ります。これまで加熱部分が無い製品は手回ししかなかった。だからこそ1万円を切る値段は理想形。私の自作焙煎機は材料費3000円未満だけど、製作時間を考えたらこの製品は十分に考慮に値する。実際に買って使ってみました。想像以上の完成度。レビューでは色々と書いている人もいるけど原理的な部分に文句つけるなら8万円の品を買え、といいたい。「品質のばらつき」については運としかいいようないけど、私の家に届いた製品は問題なかったですよ。

 

問題点は、、.船礇佞飛びまくること。

焙煎の奥義は密閉度合いのコントロール。私は商売してない中ではかなりのマニアですが、以前にもっとプロなサイトがあった。そのサイトは大学を卒業してプロバイダーが変わったタイミング(たぶん)でなくなってしまった。もったいない。彼の考察は本当に参考になった。その彼の影響でゴールド製フィルターを使うようになったから。紙フィルターだと油分を吸収する。だからコーヒープレスを使う人も多い。けど、極限まで細かくするとプレスじゃダメなんだよね。。なのでこの金属製フィルター。

 

おっと、断線してしまった。珈琲の手焙煎なら、専用網でもフライパンでもナベでも何でも良い。けど、彼は色々と試して、最終的に「やかん」で手動焙煎を進めていた。この正しさ。密閉すぎてもスカスカでもダメなんだよ。この機械はスカスカ。だからチャフが飛ぶ。私の自作機械は2号機から一部だけ網にしたから。

 

問題点◆.汽ぅ困でかい

コンロの上で電動で回す機械の経験上、豆が多すぎても少なく過ぎても焙煎度合いが均一化しない。私の機械は300g。ここからプラマイ50g以上変化するとダメ。そしたらこの機械は、、、多分500gじゃないか。一度しか使ってないけど、このサイズで200gとか在りえないぞ。もちろんもっと弱火でもっと長い時間をかければいいかもしれないけどねーー。

 

-----

結局、炊飯器が1万円〜5万円になっているように、焙煎機も日本の全世帯が買えばこれぐらいの値段になるのだろう。今は過度期かな。そうであっても手網で焙煎は週に200gが限度です。4年間ぐらいずっと手網のみだったから実感値として分かる。いまは1ハゼで止めて、週の真ん中に手網で最後の調整をしてます。焙煎したら数日(1日間〜一週間)というけど、やっぱり3日を過ぎると味は変わるから。この機械が流行って日本で自家焙煎する人が増えたら、このノウハウも広まるだろう。それぐらいの差あるよ。「のの字」のノウハウは一番影響度低い。まだ紙フィルターを折る方が効果あるから。

 




会社で使う自作コーヒードリッパー


会社でドリップするときに目立たないで美味しい珈琲を飲むため自作しました。単にダイソー等で売ってるお茶パックを竹ひごで刺しただけだから自作というのも恥ずかしい限りだが。使い捨てじゃないコーヒードリッパーは会社で目立ちすぎる。。そんな人にはピッタリです。

 

会社では個別包装の使い捨てドリッパー付コーヒーを飲んでいる人も多い。インスタント珈琲がメインの時代から大きく変わったね。個別包装でちゃんと空気を抜いていればコンビニ珈琲のレベルに近くなる。けど、自家焙煎をする人にとってはイマイチ。試しに買って断念。

 

今までは家でしか飲んでなかった。けど、仕事にストレスが増えて会社でも飲むようになった。最初はコンビニコーヒー。良く聞かれるけど、やっぱりセブンが一番旨いと思う。けど大事なのは鮮度。客が多いコンビニは豆の回転率が良いけど、田舎に行くとどのコンビにもイマイチ。

 

もちろん使い捨てドリッパーだけの専用商品もあるけど、東急ハンズ等は高すぎる。最近はダイソーにもあるんだね。そこまで広まっているのか。けど100円で12枚。こちらは100円で60枚。竹ひごは目立つと思う方は茶色の針金とかで頑張ってください(笑


 

自家焙煎をやっているとスタバに代表される珈琲店には殆どいかない。外出中はコスパからコンビニ珈琲だから。唯一行くのは高速のサービスエリアかな。けどこのマグカップはスタバです。色が気に入ってる。奥にあるのが水筒と電動ミルのケース。今回は写真のために家で作ったので(笑 このミルの改造はそのうち機会があったら紹介しますね。

 

---

ちなみにミルはカッタータイプは均一のサイズにならないので臼タイプ。

理想的には落下軸がそろっているこういうタイプの製品だが、2万円以上しかない。私はこれをずっと使っています。見てのとおり豆とミルの歯と粉の受け皿が一直線じゃないので、細かい粉は詰まる。昔は年に一度は詰まった粉を取り除いてたけど、数年まえに改造したので、かなり満足度が高い製品になってます。




| 1/1PAGES |

categories

links

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM